« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

新潟JS 小倉2歳S 新潟2歳S 札幌記念

なんと4つの重賞。ちょっと記憶にない週末。予想も多くなるので簡潔に書く。まずは新潟ジャンプS。本命デンコウグリーン、内を先行しそのままいける。あとは以下3頭、エイシンペキンエスケーアパッチヒカリダイキャスト。4頭BOXで。

次に小倉2歳S。全体的に重視したのは前走からのレース間隔で本命はマイネレーツェル、牝馬ながらフェニックス賞2着は評価できるしマイネルと聞くと2歳戦に強い気がする。あとは以下3頭を含めてBOX買いですな。爆進王産駒でマルブツイースター、富士奇跡産駒でミリオンウェーブ、キリシマはキリシマでもレッツゴーキリシマ。落選組はコウユーココロコロ、名前とレース間とコロナドズクエスト産駒ってのが信用できん。

そして新潟2歳S。本命はダイワマックワン、本当は牧原由貴子あたりに乗ってもらいたいところだ。あっ今は増沢か。以下3頭含めてBOX。ゴールドストレイン、特に理由無し。エフティマイア、出遅れさえなければGOOD、あとはショウナンアクロス、吉田の2週続けて重賞勝ち期待。本当は買いたかったが切った馬、それはセレスハントでやっぱりコロナドズクエスト産駒ということで。。。

最後に札幌記念。って、実は開催中止の週に予想していたので詳細は先々週の予想を参照してもらいたい。本命、フサイチパンドラ。以下3頭含めてBOX買い。サクラメガワンダーマツリダゴッホサイレントプライド。そして前回迷ったアドマイヤフジはきっぱりと切る。鞍上が上村じゃちょっと、、、、10年重賞勝ってないよ。レース間隔や枠順など色々と変更要因はあるが、みんな同じ条件ということで無視。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟記念  キーンランドカップ

どうやら競馬は開催されるらしい。それならば予想だ。まずは新潟記念。本命はトウショウヴォイス、前走を後ろからの競馬で準OPを実に良い勝ち方をしている。上がりも速いし、期待大だ。斤量52も魅力でラストタイクーン産駒らしい重賞勝ちが見えてきた。以下、買い目の3頭。スクリーンヒーローは前走を人気薄ながら2着に突っ込んできている。福島コースながら後方からの追い込みがまたすばらしい。前回は見逃したが今回は見逃さない。斤量51でさらにプラス材料が揃っていると見た。次にダイイチアトム、鞍上の松岡との相性が良く、斤量負担も少ない。重賞初挑戦だが、好走が見れるはず。人気薄なら厚目に買いだ。最後にサニーネイティヴ、これはもう「勘」に近いが一発狙いの一頭。田中の勝率・連帯率が低いところが難点か。切った馬ではアドマイヤモナーク、戦歴や鞍上は問題ないが、どうも勝ちきれていないので食指が動かないし人気にでもなればなおさら馬券としての魅力は落ちる。今回は見送り。

キーンランドカップの本命はサープラスシンガー、前走の函館SSの予想に挙げた馬がほとんど出走しており同じようなメンツで同じような予想で申し訳ないがその連中がすべて結果を出してきているので仕方がない。宗像厩舎で鞍上木幡は勝負とみてここでは巻き返しの1着がある。以下3頭を買い目とした。まずアグネスラズベリ、前走の勝ちは直線内からの抜け出しが上手くいき勝利となったが、そうそう続けて楽にはいけないだろう。よって二番手評価。ワイルドシャウトは1年ぶりの重賞を人気薄ながら4着まで持ってきていたわけで、岩田が無欲で乗れればここは連に届くしこの距離ならまず能力は上。あとはクーヴェルチュール、注目されるかどうかは不明だが人気にならないなら嬉しいところで買い目は厚く。牝馬ながら軽い斤量で好走が続いている。ブラックホーク産駒で鞍上が横山典とくればなんかイイ雰囲気ではないか、一発やってほしいと願う。切った馬は最後まで迷ったがローレルゲレイロ、能力はズバ抜けていると思う。うん、間違いない。ただ、ダービーからのレース間が開いたことと藤田がこのところメインで結果を出していないのが決定打となった。投資額節約の為、ここは見送り。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

札幌記念(中止)

ご存知の通り、馬インフルエンザによりJRA開催中止となった。これは結構深刻だ。しかしながら、出走表が確定した段階で予想していたわけで、幻となった札幌記念の見解をせっかくだから載せておこう。

本命はフサイチパンドラ(だった)。牝馬ながら底力はある馬だし鞍上の藤田がまたいい。最近はメインでの不調ぶりが目立っていたが、札幌で変わり身があるかも(しれなかった)。フサイチの勝負服も似合っているだろう。以下、3頭を買い目として注目(していた)。不要なので詳細は省くが、サクラメガワンダーマツリダゴッホサイレントプライド。微妙なのはアドマイヤフジで、取捨選択は迷うところ(だった)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州記念  クイーンS

まずは北九州記念。これといって突出した馬はいないが、あえて本命とするのはメイショウトッパー、乗り替わりが気になるところだがローテーションがいい。人気に応えて連勝しているのも勢いアリと見た。その他の買い目として3頭。カノヤザクラ、短距離戦で上村が実に上手く乗っている。芝1200mで斤量50は魅力的だ、ここは外せない。次にワイキューブ、新人荻野へ乗り替わってるところがかなりマイナス要因だがアグネスタキオン産駒としてここで一発あるかも、油断できない。あとはキョウワロアリング、鞍上の飯田はこの馬を知り尽くしているわけで、ここは軽ハンデを有効に活かしてほしいところだ。以上の4頭でBOX買い。切った馬では、アストンマーチャンは休み明けと乗り替わりを理由に。サンアディユは前走フロック勝ちと見てバッサリ。

クイーンステークスの予想。本命はイクスキューズ、藤沢・田中勝ラインで勝負気配なのか前での競馬ができれば逃げ切れるかもしれない。斤量も軽くていい感じ。あとは相手候補に3頭。コスモプラチナ、鞍上強化の安藤で勝負にきている。ただし、逃げて他の馬と競るとキツイかも。次にディアチャンス、本来なら本命視だが外枠がちょっとね。前走重賞勝ちしているので人気になるかもしれんが、やはり外せない。最後にロフティーエイム、前回の予想どおり柴山の上手さを買う。斤量も枠も何もかも度外視。以上の4頭BOX買い。で、切った馬はアドマイヤキッス、これはもう川田が合っていないことが理由。ヤマニンメルベイユも気配はいいが斤量55はキツイと見た。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

関屋記念  函館2歳S

台風の影響がないものか心配だが、とりあえず開催されるものとして予想した。まず関屋記念の本命はアポロノサトリ、これはもうジョッキーの新潟に対する気持ちの入れようが違う。気迫ある追いを見せてくれるだろう。馬の状態を度外視した本命馬。以下、買い目となる3頭。シンボリグラン、重賞において人気薄で絡んでくるイメージが強いのだが、ここは絡むと見た。鞍上の柴山との相性も良い。次にセンカク、出来不出来の波が不安定だが本質はマイラーだろう、ここは買い。石橋脩の重賞初制覇もあるかも。あとはグレイトジャーニー、休み明けだが実績はある程度評価し、大外枠も良い。しばらく勝ち星から遠ざかっているが1600mなら勝負、古豪?復活だ。切った馬だがアンブロワーズは内枠がマイナス要因なのと後方からの競馬が届かない感じがした。インセンティブガイは松岡のテン乗りをマイナスとし、勝負どころの決め手に欠けている感じ。

函館2歳ステークスはやはり難解。1、2戦しか経験のない馬なのでほとんど新馬戦予想と同じ、ここはある意味「遊び」みたいな予想なのでご了承下さい。本命はイイデケンシン、とにかくほとんどの馬が前での競馬を狙っているわけで、ここは内枠のコイツを本命視した。同じく内枠のナムラブレイブも買いだ。あとは前走いきなりオープンを勝ったカク地のハートオブクイーン、フロックでないことを証明してもらいたい。最後にお約束のエイブルベガ、まぁここは血統と鞍上で買い目にしただけなので、特にコメント無し。以上の4頭のBOXを軽めに買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »