« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

武蔵野S スワンS 天皇賞・秋

東京中日S杯武蔵野ステークス。レース名が長くなったが本命はイブロン、重賞ではピンとこなかったがここは変わり目。馬体重を500㎏以下に絞ってくればまず間違いない。いよいよ本格化か。以下、買い目の3頭。フィールドルージュは後方からしっかりとレース運びが出来るかどうかがカギになる。横山典がキッチリ仕事するだろう。ロングプライドは手綱が河北に戻るが、これが実に相性が良い。お手馬が戻った鞍上は気持ちよく乗れるはず。ワイルドワンダーは実績的に申し分ないが、蛯名がどこまでヘグらずコントロールできるかどうか。以上の4頭BOX買いだが、それぞれ人気になりそうで面白くない。

毎日放送賞スワンステークス。やっぱりレース名が長いと思うのはオレだけか。本命はペールギュント、前走はギリギリまで絞りすぎが敗因か。かつてはマイルのGⅠで1番人気になるほどの馬であり、その時の鞍上であった武が久しぶりに手綱を取る。これは勝負できる馬だろう。馬体さえ戻せれば問題ない。以下は気になる3頭。まずはキングストレイルで本来なら本命視だが、いかんせん関西・京都は初のお目見え。これがどう転ぶか不確定要素として残ったが、問題はそれだけ。次にナカヤマパラダイス、なぜか前走ダートを使ったわけだがそれが余計だったかも。本来なら良い流れのままここに出れたはずなので、これはある意味で鞍上が岩田に乗り替わってきたことがプラスに働く。最後にオメガエクスプレス、経験は浅いが前走京都での好走が光る。コース適性アリとでも言っておこう。以上4頭のBOX買い。切った馬はアストンマーチャン、1400mだと捕まるだろう。ジョリーダンススイープトウショウはレース間が良くない。

天皇賞・秋は大荒れの一発を期待したい。本命はマツリダゴッホで、なんといっても前走の勝ち方がすばらしく鞍上の蛯名も本当にこの馬の力をよく知っている。この距離ならこの馬。あとは次の3頭。まずはポップロック、実力も当然だがローテーションが合っている気がする。ペリエは以外に怖いぞ。次にブライトトゥモロー、前走は流れも速かったが、やはりこの馬は乗り替わりが多すぎる。今回連続で後藤が乗れる分、なにか掴んでいるだろうが、やはり展開次第かも。最後にシルクネクサス、完全に穴狙いなのだがジョッキーが四位ならば、と思わせる馬である。今年の四位はGⅠをもう一つ二つ勝つよ。以上の4頭BOXで。人気馬は切ってしまったが、メイショウサムソンはレース間が空きすぎたのと乗り替わりで。ダイワメジャーは前走勝ちきれなかったことと、過去に負かされた馬が一緒に走ることでリズムを見失う可能性があるということ、アドマイヤムーンはレース間もそうだが、勝負服が変わってしまったことは広い意味でマイナスだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士ステークス  菊花賞

ツブ揃いの18頭で面白い。本命はシンボリグラン、お手馬なら心配ない柴山だ。この馬は人気薄でも絡んでくるし、なにせGⅠを何度も走っている実績もある。マイルなら能力を最大限に引き出せるだろう。あとは以下の3頭を含めてBOX買い。まずはローレルゲレイロ、前走をひと叩きしての休み明け2走目。藤田もこの馬なら期待できるが、まだ勝利に導いたことがないのが唯一のネック。次にグラスボンバー、重賞好走のイメージもあるが実は有馬記念なんか走っちゃってる馬である。このレベルなら食い込めるだろう。後はカタマチボタン、本来なら藤田が乗れば本命視できるところだが、レース間も空いたことでやや控え目に評価。ただしマイルでの成績はバツグン。

春からクラシック路線を歩んできてここまで残った馬が少ないという印象。そんな菊花賞の本命はドリームジャーニー、前走の勝ち方ももちろんだが、菊花賞の外枠で武とくればそれだけで十分プラスな材料である。同厩舎馬がうまくペースを速めるサポート付きでここは強烈末脚炸裂だろう。最後にインを付いてくれば間違いない。あとは以下の3頭を含めてBOXで。まずはアサクサキングス、戦績がそもそも典型的な菊花賞2着にきそうな戦績であり、ここにきて鞍上の四位も手応えを感じているはずである。スタート後、番手から中段あたりでレースできれば絡んでくるだろう。次にサンツェッペリン、前走は明確な休養明け凡走。人気落としてオイシイ馬券を期待する。この馬は先行争いに強いはず。最後にアルナスライン、上がり馬では非常に面白い存在。前走は期待以上に末脚も見せてくれた。斤量さえ我慢すれば化けると思う。切った馬についてはまずロックドゥカンブ、実績は積んだがまだ未熟感があるし、斤量57はキツかろう。ヴィクトリー、はっきりいって先行争いで競り負ける気がするわけで距離的には中距離がベストだろう。フサイチホウオーについては、前回同様の評価でもう終わった馬。まったく信用できん。

(10月19日追伸:ロックトゥカンブは南半球産負担重量減量の恩恵があり、斤量55でした。確認不足で申し訳ない。買い目は変更せず、ロックドゥカンブは切ります。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

東京AJ  デイリー杯2歳S   府中牝馬S  秋華賞

この秋の重賞は荒れると予測している週末4重賞。まずは東京オータムジャンプ、挙げるのは4頭。過去2戦に安定感のあるベストグランチャ。穴ならこいつだマイネルヴェステン。シブい血統のクルワザード。若き芦毛の実力馬ノボライトニング

デイリー杯2歳ステークスだが、やっぱり2歳戦となると自分の確立した予想法だと情報不足でどうも苦手だ。とりあえず本命はオースミマーシャル、距離は長いほうが良いのだろうが前走の勝ち方を評価。不足部分は鞍上強化でカバーか。対抗はキャプテントゥーレ、本命馬との実力差は無いと思うが、あえて鞍上の差で2番手。穴馬としてタケミカヅチ、前走重賞は人気を裏切ってしまったが、木幡に乗り替わっての一発があるかも。以上3頭のBOXで勝負。

府中牝馬ステークスは大荒れ気配がプンプンする。ここでの本命はデアリングハート、あえて人気を落としたところを持ってくる藤田に期待。あとは以下の3頭を含むBOXで。ヤマニンメルベイユだが牝馬でのレースなら少しは見どころがあるだろう。ピースオブラブも条件戦からの勝ち上がり組だが、地味さでは他馬とひと味違う感じが見れる。あとはタイキマドレーヌ、安定したレースを続けており、ここで小牧の手綱で一気に爆発をするかも。切ったアサヒライジングは外枠なのと鞍上が柴田以外なのでマイナス評価。

秋華賞は4頭のGⅠ馬と豪華なメンバー、その内の2頭が特に強烈な強さである。だがしかし、あえてここではその2強を切る。それは馬券的魅力に著しく欠けるから。何があるかわからない、それがレース。大波乱を期待しての予想。買い目は以下の4頭。まずピンクカメオ、GⅠ馬でありながら鞍上が固定できていない馬だが新馬戦以来の鞍上後藤。ここは燃えて当然。ベッラレイアは当然人気となるだろうが、やはり武の存在は無視できない。ただし4番人気以下なら切るかもしれん、それはGⅠでの武は人気馬でなければ絡まないと考えているから。ローブデコルテは逆に人気薄になってくれれば嬉しいところ、オークス馬なので実力十分だが2強との比較でオッズがどうなるかがカギ。あとはラブカーナ、展開次第だが後ろからなら魅力が出てくる。そう、結局のところ展開予想は2強の先行争い及び牽制。速いペースから直線で後ろからの馬が一気に飲み込むという感じなので、4頭とも差し・追込的な馬を選んでいる。とにかく荒れてほしい。ベッラレイアを切った場合はミンティエアーが買い目に昇格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大賞典  毎日王冠

先週は不完全燃焼的な予想だった為、そろそろ盛り返したいところ。周囲から「ワイドで買ったほうがいいんじゃないか?」みたいな声が多く、少々弱気になってきた。一応、本予想は毎回馬連で購入している目である。さて京都大賞典だが10頭立てと以外に馬が集まらなかった。少頭数なので3点程でよかろう。本命はトウショウナイト、GⅡまでなら堅実と言える馬でこの出走数なら内枠からでも問題なかろう。対抗馬として2頭、まずはポップロック、角居厩舎の2頭ならこちらだろう。四位も「きさらぎ賞」で乗り替わりに取られた重賞をここで同様に取り返す意気込みがほしいところ。あとはハイアーゲーム、レース間隔は他の馬も同じ条件でありこの距離なら乗り方次第で王者になれるかもしれん。以上の3頭のBOX買いだが、面白いのはアルナスラインで取捨は当日の返し馬で決めるか。切った馬としてインティライミ、前走は申し分ない上がりの速さで勝ったが、この馬と鞍上は以外にポカが多い。斤量+1もマイナス要因と見た。あとデルタブルースは終わってる馬にしか見えん。

毎日王冠の本命はコンゴウリキシオー、これはもうスタートが勝負となるが逃げ残り濃厚と見た。藤田の強気な逃げが魅力だし、この距離なら適性アリだろう。以下気になる馬を3頭。まずはブライトトゥモロー、騎手がコロコロ替わるのが難点だが底力はある。次にエリモハリアー、ロートル馬だとばかり思っていたが意外によく走っている。展開がハマれば絡む可能性もある。あとはエイシンデピュティ、これはもうここで勝つためにいるような馬。一発あるだろう。以上4頭BOX買い。切った馬としてダイワメジャーはやはりマイラー要素が強い。1800mも範囲内だが斤量59kgは苦しい。先行争いも厳しい。トウショウヴォイスは前走展開と斤量に恵まれすぎていただけだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »