« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

中山大障害 ラジオNIKKEI杯 有馬記念

安田記念以来ちんたらと独り言のように予想を晒しつつ、ついに有馬記念となった。くだらない予想をしてしまい閲覧者の皆様には非常に申し訳ない想いで一杯だが、来年も続くのでひとつよろしく。さて中山大障害の本命はテイエムドラゴンで仕方ないだろう。現時点でこれ以外の馬を挙げろというほうが無茶な話。一応、買い目の相手としてキングジョイ、ブラックコンドル、テイエムトッパズレの3頭を推しておこう。余裕があるならBOX買いで。

ラジオNIKKEI杯は13頭立てと少頭数。一応、本命はダノンイサオとしたが、フローテーション、オリエンタルロックを含めた3頭に絞れば十分だろう。

有馬記念だが、実力的には結構ハッキリしているんじゃないだろうか。今年は3歳牝馬が注目されているが古馬相手に勝ちまであるかどうかは疑問。実力・能力的にはメイショウサムソンポップロックの2頭で鉄板に近いだろう。だがこれだけでは面白くない。3連複・単にして3頭目を総流しにしてもいいくらいだが、あえて3番手とするならロックドゥカンブだろう。3歳牡馬ながら53kgで乗れることが大きいし、なんといっても鞍上はキネーンである。これ以上の乗り替わりなないくらいの鞍上強化。よってこの3頭で買い占めたい。余裕があるなら1-2着をこの3頭で固めて3着を牝馬相手に流してもいい。まぁ通用するのはフサイチパンドラくらいだろうが。切った馬としてドリームパスポートは鞍上高田がマイナス評価。今年0勝ですよ。ダイワメジャーは距離的要素で。ハイアーゲームは前走の末脚が不気味だったがここでは評価外。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

愛知杯 フェアリーステークス 阪神カップ

愛知杯の本命はニシノマナムスメ、武を鞍上に条件戦を3連勝はもう本物。今度こそ河内厩舎に重賞初勝利を献上か。あとの買い目の馬は以下の3頭。まずはピースオブラヴ、能力的には疑問が残るが注目したいのは前走準OPを快勝しつつも、ここで斤量52という軽ハンデだということ。あとは2000mの距離を克服すれば連に絡むこと必至。次にトップセラー、本命馬もそうだが前走ユートピアS組は優秀で、やはりハンデに恵まれた分ここでも買い。あとはスズカローラン、同じくユートピアS組だがなんと斤量50という恩恵付き。逆転もあるかも。以上の4頭BOXで。

フェアリーステークスの本命はメイビリーヴ、柴田善との相性も良いが1600mを経験してきたことをプラスに評価。あとは以下の3頭。まずはビーチアイドル、なんといってもデムーロが乗るというだけで十分買いな馬。もし先頭でゴールするものならデムーロの両手広げた翼状態を先週に続き再度見たいものだ。次にスワンキーポーチ、新馬戦しか経験がないものの勝ち方が良かった。横山典ならなんとかなるだろう。最後にサマーエタニティ、これといって注目点はないのだが、ちょっと買ってみたいだけ。以上4頭のBOX。

阪神カップの本命はブルーメンブラッド、混戦模様だが鞍上ルメールを評価したい。こういう時にこそ頼りになる。あとは似たり寄ったりの3頭。まずドラゴンウェルズ、一発がありそうな馬にホントに一発がありそうな幸四郎が乗ってきた。これはもう買うしかないだろう。次にスズカフェニックス、実績評価と鞍上期待で買い目に。なんといってもGⅠ4連戦してきた馬がここで連を外すわけにいかないだろう。あとはペールギュント、余った馬がうまいこと岩田に回ってきちゃったわけで、前で競馬をしてしまえば残る可能性がある。以上4頭のBOXで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴尾記念  朝日フューチュリティ

ここんとこ、なんとも情けない結果でモチベーションも低い。なんとか巻き返していきたいところだが、あえて言い訳するならいつも書いている通り2歳戦やお祭りレースにはめっぽう弱い予想法なので、ご了承願いたい。さて鳴尾記念だが本命はドリームジャーニー、本来ならこんなとこ走っている馬ではないのだが、これまで負けた時の着順が悪すぎた。ここで本賞金をしっかり加算しておきたい。あとはいつものように買い目の馬を3頭ほど。まずエイシンデピュティだが本質的にはマイラーだと思うので、この距離なら持ちこたえるだろう。岩田なら追えると見た。次にアドマイヤフジ、ナゼか福永に手綱は戻らずその分差し引いたが粘り込みは入着級。前で逃げてくれれば期待できる。あとは謎のカク地馬マルヨフェニックス、詳細不明だがこういう時は押さえておくに限る。以上4頭のBOXで。切った馬は3頭。サクラセンチュリーは距離短縮とレース間、アドマイヤオーラもレース間を理由に。レインダンスは牝馬戦以外は用無し。

朝日フューチュリティの予想だが、やっぱり2歳戦とあって苦労する。とりあえず本命としたのはウイントリガー、藤田が乗ってりゃなぁと思うがそれでも乗り替わりが四位ならツキもあるだろう。今年の四位の強運にあやかってみる。以下気になる馬だがキャプテントゥーレ、武が乗るなら本命視したが、前走を川田で好走してしまい武の元には戻らなくなったので2番手評価。それでも強いだろうね。次にエーシンフォワード、1600mの経験が無いのが難点だが唯一負け無しの馬。無敗で望むのは強みだし、何よりForestWildcat産駒ってのが気に入った。案外あなどれん。あとはヤマニンキングリー、これは逆に1800mしか経験していないわけだが、ここに3000勝ジョッキーが乗ってきた。河内に初重賞初GⅠのタイトルを獲ってくるのは武豊しかいないだろう。ドラマ性があるので買い目に入れる。以上4頭のBOXなのだが、一頭だけ追加したいのがスズジュピター。久々の冠スズの馬ということで、ちょっと贔屓馬券的な思いからなのでアテにはしていない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »