« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

日経賞 毎日杯 マーチS 高松宮記念

先週の万馬券はかなりの手ごたえだった。さて、まずは日経賞。グランプリ馬を挙げても面白くない、そこでここでは本命にココナッツパンチを推してみる。軽ハンデだったとはいえ、3歳時の目黒記念では同じメンバーに競り勝っている。距離適性は申し分ないわけだ。カギとなるのは斤量増と長期休養明けくらいだ。では買い目となる馬は何かというと、毎度同じ冠名でつまらんがアドマイヤモナークで仕方ない。本来ならイチオシなのだが今回は鞍上が村田ということで、ちょっと差し引いてみた。そしてもう一頭、やはりマツリダゴッホで仕方ない。有馬を勝ったのはフロックっぽいが、負かした相手がスゴかった。やはり買い目としては外せないのかも。以上、3頭のBOXで十分だろう。

毎日杯の本命はロスペトリュス、なぜか角田に乗り替わってきたがトライアルを勝ち抜ける力は十分にある。すんなり先行すればそのままゴールだ。あとは以下の3頭を含むBOXで。まずはヤマニンキングリー、内枠が気に入らないが案外粘りこむ可能性は十分ある。ナベちゃんの手綱捌きに注目か。次にマイネルスターリー、これはもう内田に賭けるしかないだろう。大外発走なら後方への位置取りもさほど苦労しないとみた。あとはオマケみたいな感じでオリエンタルロック。押さえ程度の期待値。

マーチステークスでの本命はイブロン、ここのところ勝ちきれていないが本領発揮すれば他馬をねじ伏せられるかも。思い切って逃げてみると面白いが。あとは以下の3頭を推す。まずはレオエンペラー、典型的な穴馬っぽいが単騎逃げのような展開なら一発があるかも。ジョッキーが江田というのも期待できる。次にマコトスバルピエロ、実力はダテじゃないが乗り替わった北村次第だろう。あとはフィフティーワナー、テン乗りだが横山典というのが鞍上強化と見た。以上、4頭のBOX買いで。

高松宮記念の本命はエムオーウイナー、”何を考えてんだ”とお思いだろうが、前走人気薄で激走を見せてくれた。今回も同じコンビで熊沢というのがハマリそうな予感。ここでも万馬券演出の立役者になるだろう。あとは以下の3頭を絡める。まずはプレミアムボックス、吉田隼人の若さが出なければいいが、実力はGⅠ連帯級。次にナカヤマパラダイス、ちょくちょく買い目に推している馬だが、なんといっても木幡に活躍してほしいという願いから今回も買い。馬の調子は疑問。最後にマイネルシーガル、柴山に乗り替わってしまったが意外性は一級品。トップジョッキー不在の中、大荒れレースを期待している。以上、4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーカップ  スプリングステークス  阪神大賞典

フラワーカップの本命はスペルバインド、前走チューリップ賞は非常に評価できる。上位馬は同世代トップレベルであり、そこへ迫った末脚は印象強かった。ここでは十分通用するだろう。あえて言うならあまり後ろすぎない位置取りで溜めてもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはシングライクバード、関東初お目見えだがこの馬の追い込みはある程度信頼できるだろう。中距離がベストか。次にブラックエンブレム、関東馬では一番よく見える馬。最内枠が気になるところだが、前走も1枠1番で快勝しているので問題なかろう。最後に穴馬としてプティマカロン、1800mの走りがとても合っている感じがする。横山典への乗り替わりに期待。以上、4頭のBOX。

フジTVスプリングステークスでの本命馬はレッツゴーキリシマ、思い切って逃げれば逃げ切れるんじゃないかと思うんだが、幸がどう乗るのかがカギだろう。人気薄だと非常に魅力的になるだろうし、それこそかつてこのレースで取った幸騎乗のワンダーファングの馬券とシンクロしてきたわけで、ここは強気に買いだ。あとは以下の3頭を含むBOX買いで。アサクサダンディは意外にも末脚がしっかりしている。吉田豊で関東のレースなら少しは期待してみる。ショウナンアルバは人気になるだろうが、一応押さえるべき馬だと思っている。しかし配当的には嬉しくないので取捨選択は最後まで微妙だった。スマイルジャックだが前走で小牧がとても上手く乗っていた。今回も同様な展開になれば連に絡む可能性大。

阪神大賞典は買い目を3頭に絞ってみた。本命視したのはトウカイトリック、3000m以上のレースでは現役馬の中ではトップクラスだと考えている。四位に乗り替わったのがちょっと不安材料となったが、能力で押し切ってくれるだろう。対抗としてアドマイヤジュピタを挙げる。岩田が乗るなら買いだ。あとは距離克服に全力でぶつかるべし。3番手評価はポップロック、これはもう実績実力を認めるしかなかったが、国内で3000m以上を経験していないことが評価を上げきれない理由となった。以上、3頭のBOXで十分だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神スプリングJ  ファルコンS  中山牝馬S  フィリーズレビュー

障害レースフリークの私としては楽しみだった阪神スプリングJ。とはいっても長文を割くつもりはないので完結に予想。本命はエイシンペキンでいいだろう。負担斤量が重い中でしっかり人気に応えてきた実力は本物。対抗にはシュフルール、障害では金子のお手馬。手綱が戻ったことはプラス材料。単穴にチャクラ、とにかく面白い馬券だが乗り替わりはいただけないな。12頭立てなので買い目は広げたくないが、押さえるなら前走参考外のコウエイトライくらいだろう。以上4頭BOXで。

中スポ賞ファルコンSの本命はダノンゴーゴー、ちょっと不釣合いなくらいこのメンバーでは抜けている。武豊もテン乗りだがここはさすがに負けられないだろう。以下、買い目となる3頭。まずはマルブツイースター、前走はよくぞ勝ってきたという強い勝ち方の印象。岩田ならではの馬の動きが期待できる。次にコスモジャイロ、本来なら短距離適性を発揮してもう少し成績が伴うはずだが、いかんせん運がない。それなりの騎手が乗れば大きく買いなんだがなぁ。あとはマヤノベンケイ、力は認めるが大外枠を引いた分、評価も差し引いた。以上4頭のBOX買い。

中山牝馬ステークスでの本命はヤマニンメルベイユ、牝馬の重賞といえば常連のこの馬、いい加減そろそろ勝ってほしいという願いを込めて本命に推してみた。以下、買い目の3頭。まずはマイネカンナ、軽ハンデと恵まれた感があるが、これまでの走りはそんなに悪くないし、特に前走での位置取りが良いことを評価した。次にコスモマーベラス、ちょっと斤量重いんじゃないかと思うくらい気の毒なハンデ。力で押し切ってくれ。あとはニシノマナムスメ、こいつを本命にしても当たり前すぎるので、あえて4番手評価。不発もありうる。以上4頭のBOX買い。

フィリーズレビューの本命はペプチドルビー、なんといっても境厩舎の馬に藤田という奇跡的コンビに驚いたので、ここは強気に買ってみたい。いったい何があったんだ。以下、買い目となる3頭。まずはエイシンパンサー、強い馬といったらコレだろう。藤岡佑がどこまでコントロールできるかがカギか。次にエーソングフォー、前走のOPが非常に評価できる内容。四位も良い馬を手に入れそうだな。あとはラベ、名前が気に入った。というのは半分冗談だが、これはイイ馬だよ。代打で終わるか手に入れるかの分かれ目だろう、川田の正念場に期待。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

チューリップ賞 オーシャンステークス 中京記念 弥生賞

とってもカタイ印象があるチューリップ賞。それゆえ本命にトールポピーは外せない。なぜか一頭だけ抜けた存在である。デキレースっぽいかもしれんからコメント省略。以下買い目となる3頭。まずはオディール、やはり対抗馬に挙げられるだろうからコメント省略。カタイなぁ。そしてメジロアースラ、本当は前記の2頭以外は考えにくいのだが、あえて買うのならコレ。メジロの牝馬で青鹿毛というだけで期待してしまうではないか。あとは謎のニックバイエフオー、名前もよくわからんがとにかく謎だ。怖いので押さえてみる。以上4頭BOX買い。

夕刊フジオーシャンステークスなんてマイナーな位置付けのレースだとナメていたが、出走メンバーはかなりアツイ。そういう意味で本命視するのはサンアティユ、まるで内田博に「勝ってください」と言わんばかりに用意された馬だろう、これは。なのでコメント省略。以下、買い目となる3頭。まずはクールシャローン、前走で鞍上がヘグったのか今回勝浦に乗り替わったわけで、ここは気を吐いてもらいたい。次にブラックバースピン、やはりソコソコ安定していると言えよう。あとはドラゴンウェルズ、久々に藤田に手綱が戻ったことはプラス材料。あとは他馬と一緒につられて前に出る葬式先行にならないことを祈る。以上4頭BOX買い。

中京記念の本命はローゼンクロイツ、こいつは同世代にディープインパクトさえいなければ、もう1ランク上に見られた馬のはず。ポツポツと重賞を勝ってはいるがGⅠだけはハードルが高い。ゆえにここでは買い。あとは気になる3頭。まずはトーホーアラン、藤田が関東で乗る為ここは代打の小牧。根性ある馬だが芽が出ない馬をなんとか小牧に能力を引き出してもらいたい。次にニルヴァーナ、こちらも素質はあるが開花しない煮えきれん一頭。乗り替わった角田がどう乗るかがカギ。あとはテイエムプリキュア、2走前にアッと驚くGⅡ3着をしているのに、なぜかここでのハンデは50㎏。酒井学乗せてやれよ。とにかく買ってみる。以上4頭BOXで。

いよいよクラシックが近づいてきたと実感してしまう報知杯弥生賞。ここも荒れない代表的レースに思える。よって本命はフサイチアソート、横山典が好調だ。確変かもしれん。先週に引き続き重賞制覇もある。しかし横山典よ、フサイチの勝負服が似合わねぇな。あとは以下の3頭を含めたBOX買いで。まずはアインラクス、2000mを中心にここを狙ったローテーションが良い。ソツなく乗れれば以外に面白い。次にマイネルチャールズ、やはり2000mを中心に乗ってきているし、しかも前走の重賞勝ちが大変評価できる馬。ここはしっかり買い目に入れる。あとはブラックシェル、前走はお約束の溜殺しが炸裂してしまった感があるが、さすがに武も2連続失敗はできないだろう。ここは最低でも馬券に絡むと見た。なにより武と弥生賞という相性も重要視すべし。切った馬でキャプテントゥーレ、スズジュピターについてはマイルがベストと判断した。来たらゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »