« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

金鯱賞  東京優駿(日本ダービー)  目黒記念

金鯱賞の本命はローゼンクロイツ、勝てば2連覇となるがこのレースは前で競馬が出来るかどうかがカギ。大外からすんなり先行の位置取りがポイントとなるだろうし、なによりこれまでGⅠで競ってきた相手が猛者揃い。ここでは相手が楽すぎるくらいだろう。以下、買い目の3頭。まずはエイシンデピュティ、文句なしの実力馬だが人気になりすぎると逆に慎重になりそうで、あえて2番手評価。次にマンハッタンスカイ、ここ数年重賞勝ちのない芹沢がヤネだが前走の惜しい競馬を見せられればここは希望が見えてきた。最後にナムラマース、長い休養明けだが穴狙いならここ。かつての相棒、藤岡は去ったが上村は中京でハマる騎乗が出来るはず。以上4頭のBOX買い。

東京優駿こと日本ダービー。いわゆるお祭りである。苦手な分野だが予想はする。3歳馬の頂点になりそうなのはブラックシェル、鞍上もいい加減同じミスはしないだろうし、何よりこの馬の乗り方を本当によく知っている。言い方を変えればヤネはダービー4勝ジョッキーなのだ。周りが馬の能力を軽視し油断してくれればしめたもの。混戦から抜け出せ。その他、買い目となる3頭。まずはアグネススターチ、大逃げのように思い切った戦法が取れれば一発はある。ダービーは意外に逃げ切りが決まるレース。赤木よ、次はお前がGⅠジョッキーだ。次にクリスタルウイング、藤沢厩舎悲願のダービー奪取なるか。ちょっと戦績は乏しいが、大外18番も悪くない。鞍上内田博幸というのがまた気になるところだ。ここは押さえておく。最後にメイショウクオリア、前走快勝が鮮やかだった。距離的にも完全に克服しており、調子付いた岩田がダービーまでも勝ってしまう可能性は十分ある。以上4頭のBOX買い。

目黒記念の本命はホクトスルタン、前走GⅠを好走し意外に底力があることを見せ付けてしまった。今度こそ取りこぼしは無いとみた。天皇賞に続き再度本命視。あとは気になる3頭。まずはヒカリシャトル、血統的には長いとこが得意そうだが、ここはハンデにも恵まれ十分に勝ち負けする展開になるだろう。次にダブルティンパニー、前走凡走で人気を落としそうだが逆にオイシイ馬券で好都合。ダービーに続き、弟と同日重賞勝ちという話題になりそうで面白い。とにかく弟がダービーで勝負になるくらいなので血統的にも申し分ないだろう。兄の威厳を見せ付けてくれ。最後にシルクネクサス、なんと長い戦歴の中で初めて武豊を鞍上に。乗り替わりが吉と出るか凶と出るか。ここは押さえてみたい。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東海S 優駿牝馬(オークス)

睡魔と闘いながらなんとか目だけ開けつつ書いている。東海ステークスの本命はゲイルバニヤン、何故かと言われてもうまく説明できなくて申し訳ないのだが前走の負けレースは参考外とだけ言っておこう。ここは走るよ。以下、買い目となる3頭。まずはマルブツリード、少なくとも2000m以上で計算できる馬。捨てられない。次にフィフティーワナー、東京で乗り鞍のなかった岩田がここで気を吐くかも。あとはトーセンアーチャー、本来なら先週のヴィクトリアマイルを獲れてたかもしれない鮫島良太が、ここで悔しさをぶつけてくるだろう。以上、とっても抽象的見解にて4頭のBOX買い。あー眠い。

優駿牝馬ことオークス。3歳戦・牝馬戦・2400mという超難問を解読するには非常に適していない脳コンディションである。とにかく眠い。睡魔が襲ってくる。そんなわけで今回は「意外性」を重視して予想をしてみた。そこで選んだ本命はカレイジャスミン、どうかしてると思われても仕方ないが前走2着は決して悪くない内容。柴田善への乗り替わりもここはプラスと見た。父もまた非常に地味なところがまたイイ。夢馬券に期待。では残りの買い目となる3頭。まずはムードインディゴ、なにはともあれ2000mを経験し、なおかつ勝ってきたことが評価に値する。このところめっきり目立たなくなった福永が吠える気配。次にハートオブクイーン、なんて地味な○地を挙げるんだと思われるだろうがどうしてどうして。前走桜花賞はアッパレな4着だった。幸がその潜在能力を引き出してくれよう。最後にレッドアゲート、地方騎手に見事にフィットした馬。オークス一本に狙いを定めてきたことにも共感できる。内田が本気で勝ちにくれば圧勝もありうる。以上、4頭のBOX買い。高配当を夢見て三連単も買ってみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京王杯スプリングC  京都ジャンプS  ヴィクトリアマイル

枠順はまだ確定していなが、今週末はちょっと遠出する予定が入ってしまった。よって金曜日の予想となっている。「枠順」というファクターを抜きにしていることをご了承願いたい。では京王杯スプリングCの本命はスーパーホーネット、この馬の末脚はもう認めてもいいだろう。鞍上の藤岡佑介も完全にこの馬をコントロールしている。馬自体も出来上がってきた。ここは圧勝して次の本番へ臨んでもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはアイルラヴァゲイン、いまいち感が拭えない走りが続いているが内田博幸に乗り替わってきたことで一変が期待できる。騎手の腕の見せどころか。次にダンスフォーウィン、重賞では2桁の人気薄ばかりだったが、ついに前走で好走を見せた。斤量負担も経験済みであり、あとは柴田善がこの馬を選んだことに少し期待してみる。最後にスズカフェニックス、前々からこの馬は中距離馬だと言い張ってきたが、これだけ短距離でも勝負できるところを見せ付けられればイヤでも評価せざるを得ない。気になるのはこのところ武豊が有力馬でヘグってることくらいか。以上4頭のBOXで。

京都ジャンプSの本命はメイケイグリーン、なんといっても若さで買いだ。アッと言わせてもらいたい。対抗にテイエムトッパズレ、GⅠ経験馬として評価しているが地味な鞍上佐久間ということも実はプラスに考えている。最後にエイシンペキン、本当は人気馬は買いたくないのだが、ここでこの馬なら仕方ないだろう。一応押さえ。以上3頭のBOX買い。

ヴィクトリアマイルの本命はベッラレイア、ついに秋山に手綱が戻ってきた。ここは念願のGⅠを獲ることで秋山にはおもいっきり泣いてもらいたい。そういうドラマ性たっぷり感が何か期待を持たせてくれる。もちろん馬の力も十分認めていることも付け加えておきたい。その他気になる3頭は次の通り。まずはエイジアンウインズ、戦績は申し分ないんだがこういう勝負どころでやたら藤田を使ってくるところが多少不安材料でもある。まあ藤原厩舎ならこの繋がりは仕方ないことなのだが、鮫島じゃダメなのかよ。馬がヤネを気にせず爆走してくれることを祈る。次にブルーメンブラット、前走の末脚に惚れた。徐々に力をつけてきているのがよく分かる。最後にヤマニンメルベイユ、逃げる展開がハマれば俄然期待できる馬。柴山よ、勝負強さを見せてくれ。以上4頭のBOX買い。ウオッカはもう見限ってもいいだろう、それに武豊も最近は追えていないように見える。よってここは切り。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新潟大賞典 京都新聞杯 NHKマイルカップ

まずは新潟大賞典。高速馬場という見解から持ちタイムから優越を計ってもよいのだが、ここはあえて軽ハンデ馬を狙ってみる。本命はピースオブラヴ、人気が無くても斤量の恩恵で上位に食い込んでくるのが持ち味。この馬で何度オイシイ思いをさせてもらったか忘れたくらいだ。ここでももちろん狙う。あとは気になる3頭。マンハッタンスカイは前走の勝ち方が良かった。芹沢に乗り替わったというのもシブくてまたイイ。いかにも地味な重賞を勝ちそうではないか。ワンダースティーヴは前残りが出来る貴重な馬。マイペースに逃げが決まる可能性は捨てきれない。メトロシュタインも幸に乗り替わって持ち味発揮か。超地味な血統はあえて応援したくなる。以上4頭のBOX買い。

京都新聞杯で本命視したのはリッカロイヤル、いつものように穴狙いの癖が頭をもたげてしまいこういう予想結果となった。あえて中距離しか使ってこなかったあたりは評価してもいいような気がするんだが、出走メンバーも弱々しいので期待大だ。以下、買い目となる3頭。まずはヒルノラディアン、純粋に考えて戦績や血統は標準以上と見た。父の雪辱戦的要素をプラスに見て、ここは買い。次にブラストダッシュ、どういう経緯か武豊が乗ってきた。京都コースでは不安が残るが鞍上強化が唯一の評価点。あとはメイショウクオリア、前走2400mをキッチリ勝ってきているところが良い。あとは岩田による天性の騎乗を見せてくれるだけでいい。以上4頭のBOX買い。

NHKマイルカップの本命はサトノプログレス、マイルならこの馬しかいないだろう。そろそろ横山典の一発に期待できる。まぁよく考えりゃ前走重賞を快勝しているわけで、それだけでも十分評価していいだろう。以下、買い目となる3頭。まずはダンツキッスイ、マイル戦での逃げ粘りは非常に期待できる。鞍上が藤田だとなおさらだ。大外からスタートダッシュが決まれば完璧な勝ちパターンが見えてくる。前走の敗因は馬体重減ということはハッキリしているわけで、ここで510㎏前後へ戻してくれば本命馬と同等の評価でもいいだろう。次にエーシンフォワード、現時点では戦績は申し分ない。福永との相性もバツグンだが、ここは展開的に疑問が残る。どうしても前残りの展開だと後ろからじゃ苦しい。あとは自力で着を取れるかどうか。最後にディープスカイ、やはり展開的に苦しいか。人気になってしまえば逆にオイシイかもしれん。重賞の戦績を見れば勝ってもおかしくないんだが。以上、4頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青葉賞  天皇賞(春)

テレビ東京杯青葉賞、これといって目立った馬なく予想もつまらん。そんなわけでちょっと視点を変えてみる。本命はオリエンタルヨーク、木幡が手塩にかけて乗ってきた大事な馬。人気薄ならオイシイわけで、この馬の先行力は評価すべし。その他の買い目となる3頭は以下の通り。まずはニシノエモーション、木幡・田中の馬券なんていかにも大穴っぽくてしかもシャレてる組み合わせではないか。厚めに買ってみよう。次にトレノクリスエス、本当にパッとしない馬なわけだが、なんとなく買い。理由は後で。最後にモンテクリスエス、そこそこの成績でしっかりとオープンを経験しているのが気に入った。乗り替わりの福永も非常に興味深い。結局、この4頭を見て分かる通りすべてシンボリクリスエス産駒で固めてみた。オッズ次第では大きくBOX買い。

天皇賞(春)で重要なのは当然だがステイヤー資質。これなくしてマグレは有り得ない。よって本命は笑われそうだがホクトスルタン、なんといっても親子4代天皇賞制覇を見てみたいではないか。冠名がメジロでないのが残念だが。とにかく鞍上が横山典というのもあなどれん。以下、買い目の3頭。まずはアイポッパー、もともとは藤田のお手馬だったが、他の騎手が乗るようになってちょっとおかしくなっていた気がする。長距離では鞍上技術も不安だが、実力馬のマーク戦法に徹すれば案外その辺はカバーできる可能性がある。人気馬マーク後、すんなり抜け出せが勝機も見えてくる。次にポップロック、実に惜しい戦績の馬。本当に本当に本当にそろそろGⅠを勝っても良い馬。内田博による演出もありえる。最後にメイショウサムソン、資質という意味ではちょっと疑問だが、なんと言っても去年の優勝馬であり尚且つ天皇賞3連覇という偉業チャレンジ馬でもある。押さえとしてでも買っておきたい。以上4頭のBOX買い。8枠の人気馬2頭は外枠という理由で軽く切った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »