« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

宝塚記念

夏のグランプリ宝塚記念。個人的にはあまり好きなGⅠではない。外国馬なんかが参戦してくれれば面白いんだが。さておき本命はサクラメガワンダー、マジでこの馬の変わり身を期待している。乗り方次第ではとんでもない末脚を見せてくれるだろう。全体的にはハイペースで流れるだろうが、中段より前に位置取れればベスト。以下、買い目に入れる馬。まずはカンパニー、距離との勝負になるだろうがまったく問題ない。横山典が乗って好調さが続いている。ここでもVがあるかもしれんが、定番の2着付けが妥当。次にロックドゥカンブ、潜在能力のみの評価となるが鞍上の岩田が不気味。天性のセンスで上位へ食い込む可能性は高い。あとはエイシンデピュティ、前走の勝ちっぷりが見事。ただ内田博に乗り替わったことが吉と出るか凶と出るか。以上、4頭のBOXで。切った馬ではメイショウサムソン、あっても3着が精一杯か。最後まで迷ったのはエアシェイディ、当日の馬体次第では本命馬との絡みで押さえるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マーメイドステークス

いよいよ夏競馬の季節。何が起こるかわからないから面白い。マーメイドステークスでの本命はホウショウループ、条件戦までの実績しかないがここはハンデ戦。恵まれた斤量でどこまで有利に競馬が出来るかだろう。鞍上も先週十年ぶりに重賞を勝っている。妙なプレッシャーも抜け、ここは連続重賞勝利といきたい。対抗馬としてベッラレイア、実力・実績は申し分ない。前走GⅠでありながらも、ちょっとよくない負けっぷり。もう少し前での展開を望む。基本は先行抜け出し。これが出来れば勝利もあるだろうが、秋山の腕っぷしが不安なので2番手評価。最後にブリトマルティス、武豊が乗ってきたことで少々期待してもよくなった。53kgという斤量も魅力。関東オークスを獲った勢いでそろそろ重賞勝ちするころだろう。買い目に入れる。以上3頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ハイジャンプ エプソムカップ CBC賞

前日遅くまで飲む用事があり、予想が土曜日となってしまった。とにもかくにもまずは東京ハイジャンプ。いわゆるデキるメンバーが揃っている。このままGⅠにグレードを上げてもおかしくないメンツである。本命はやっぱりというか泣く子も黙るコウエイトライ、障害戦においてはもう言うことは何もないだろう。対抗としてテイエムトッパズレ、前走はフロック視されながらも勝利したが、当方はしっかりと能力を見抜いていたのでここでも主力視。あとはキングジョイ、人気・実力が拮抗しているメンバーの中で面白いのはコイツ。鞍上の高田もここらを足がかりに平場でも勝ち運に恵まれてほしい。以上3頭のBOX買い。

エプソムカップの本命はヒカルオオゾラ、関西で乗り馬が見つからなかったのか武豊がキッチリと乗りにやってきた。ここで勝てば化ける馬の可能性は高いだろう。以下、買い目の3頭。まずファストロック、力は秀でているし本命視しても遜色ない。藤沢厩舎と安藤という組み合わせも大きなプラス要素だろう。次にメイショウレガーロ、人気馬ばかり挙げてもつまらんからここは大きく穴馬に注目。馬が若いのがイイし、そつなく乗れる柴田善がどこまでテン乗りで能力を引き出せるかがカギだろう。あとはカゼノコウテイ、人気薄をもう一頭挙げるとするとコレ。前走GⅡのカベは高く厚かったか。ここらで建て直すべく、戦法を変えてくると面白い。がんばれオペラオー産駒。

CBC賞で本命視するのはウエスタンビーナス、前で押し切る競馬が出来る強い牝馬である。郷原も心強いパートーナーを得たし、ここで結果を出せば大きいところを乗り替わることなく勝ち続ける可能性が出てくる。気を吐くべし。あとは買い目の3頭。まずはワイルドシャウト、好不調の波が激しい馬だがヤネが岩田の時は安定して好成績を収めている。こういう時は逆らわず素直に買いだ。次にテイエムアクション、長い戦歴の中でダートしか走らないのかと思えばそうでもなく、しっかり芝でも好走している。テイエム→岩元厩舎→和田となればそろそろまとまった結果が出てもいいだろう。なんてったってダンシングブレーヴとサンデーサイレンスの血である。血統的には超評価できる馬。最後にナカヤマパラダイス、短距離ではコンスタントに走る馬。今年は確変ぎみの川田が乗ってきた。連に絡んでくると面白い。外からすんなり前に付ける競馬が理想。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーンS  安田記念

これまた不得手な3歳重賞となるユニコーンステークス。なんと本命はダイワマックワン、前走初ダートだったにもかかわらず、先週のダービー最下位となってしまった砂の怪物の2着と迫ったことは非常に評価したい。なにより鞍上がホワイトということが最高に魅力的ではないか。これ以上のヤネ強化はないだろう。ここは単勝もしこたま買っておこう。以下、勝負目となる3頭。まずはユビキタス、こちらもやっぱり例の砂の怪物をモノサシにしてしまうが、アンカツとの相性が良いように見える。次にシルクビッグタイム、なにやら古臭いネーミングのように聞こえてしまうわけだが、こちらは前走に芝を使ってしまい「やっぱり芝は合わなかった」状態。ダートに戻り岩田の豪腕で押し上げたい。最後にスカーレットライン、特筆すべきところが見当たらないが内田博幸に乗り替わってきたところが勝負っぽいので買い。以上4頭のBOX買い。

外国馬が参戦してきた安田記念。そういう意味では、外国競馬フリークの小生としてはとても楽しみである。ここでの本命はスーパーホーネット、昨年はシンガリ人気でまったく論外だった馬が一年経って目を見張る成長を遂げてきた。鞍上の藤岡佑もぼちぼち大きいところを獲ってもよいころだろう。末脚爆発で大外直線一気が見ものだ。以下、買い目となる3頭。まずはジョリーダンス、ここ1年パッとしない馬だが前走GⅠで安藤が何かを掴んだハズ。きわどい、いや厳しい競馬をさせれば案外抜け出す可能性は高い。次にニシノマナムスメ、目立たないかもしれんがソコソコ良い競馬をしている。吉田隼人をナメちゃいけない。河内厩舎にGⅠをプレゼントするのは意外にもコイツかもしれん。最後にアルマダ、外国馬にはいつも注目しつつ不確定要素を見誤ることが多いが、今回も見誤る可能性大。しかしながらホワイトの腕にかけて、ここは押さえて買っておきたい。以上4頭のBOXで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »