« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

小倉サマージャンプ 函館記念

諸事情で時間がないので買い目だけ。小倉サマージャンプはゴールデンシャインメイショウタロー、バトルブレーヴの3頭BOX。

函館記念はマンハッタンスカイミストラルクルーズ、マヤノライジン、ピサノパテックの4頭BOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイビスサマーD

先週の万馬券は収支額アップに非常に効果的であった。まさかあそこまで人気が無いとは思わなかったのでラッキーでもあった。そもそもここの予想は枠順確定直後に発表している為、人気やオッズというものがまったく分からない。完全に独自の予想法があるので案外アッサリしているわけであるが、ただそのウィークポイントを挙げるなら、当日の馬体重が不明なことや、パドック・返し馬といった実際の馬の状態が見れない点などである。まぁ後者はさほど気にはしていないが馬体重は困る。馬体重に大幅な変化があるときなんかはガックリくるものだ。さて今週の重賞アイビスサマーダッシュの本命はマルブツイースター、前走は中舘がテン乗りでヘグってしまった。位置取りがマズかったか、もう少し末脚勝負でもよかっただろう。今回はコース的に直線勝負そのものである。後半の伸びで差し切れると見た。以下、買い目となる3頭。まずはクーヴェルチュール、1枠の馬よりこちらだろう。後藤も意地でも競ってつぶしにかかるに違いない。まぁ簡単にいうなら前残りの可能性はこちらに分があるということだ。次にカヤノザクラ、人気はあるが好走はしない典型的な馬。上がりの脚はバツグンなので末勝負。大外だが直線コースなので関係ない。ラチ沿いに走れることはプラス材料か。最後にナカヤマパラダイス、同じく末脚が生きる馬。直線勝負だけなら期待大だろう。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕賞 プロキオンステークス

夏競馬真っ盛り。七夕賞の本命はミストラルクルーズ、前走は何を思ったか3400mの重賞挑戦。いくらなんでもそりゃないだろうってくらいの無茶なレース。完全に参考外なので気にすることはない。重賞で元気のない柴田善が鞍上だが、ここではそれを差し引いても十分勝てる力を馬が持っている。案外アッサリ勝利も見えるだろう。以下、買い目となる3頭。まずはアルコセニョーラ、中舘が育てたと言っても過言ではない。斤量にも恵まれ、ここは買い時。連覇も期待していい。次にミヤビランベリ、前走は折り合いを欠いたレースだったが今回は違う。前での競馬が出来るかどうか。最後にビエンナーレ、長距離向きだがここも守備範囲内か。斤量が軽いので案外面白いかも。中谷の重賞初勝利に向けて少し期待してみる。以上4頭のBOX買い。キャプテンベガは鞍上との相性が不安なので切った。

プロキオンステークスの本命はシルクビッグタイム、斤量も軽いがローテーションがいい。ダート短距離の鬼になれる素質がある。福永の復調のきっかけはこいつだろう。以下、気になる3頭。まずはゼンノパルテノン、前走は不良馬場に泣いたか。ヤネが武豊というだけで安心して絡められる。ここは2番手評価で買いとした。次にビッグカポネ、芹沢が完全にモノにしたお手馬候補。久しぶりに芹沢の重賞勝ちが見てみたい。最後にワイルドワンダー、実績事態は馬も騎手も申し分ない。唯一の不安は展開か。後方そのままってのだけはカンベンしてほしいところ。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオNIKKEI賞 函館スプリントS

激暑の中の夏競馬。まずはラジオNIKKEI賞。これまた難関予想のハンデ戦。本命はレオマイスター、近走まったく良いところが無いがここで代打内田博登場。斤量53とは恵まれすぎだろう、先行抜け出しで勝ちきれる可能性は高い。先週の宝塚記念の要領で騎乗をイメージしてもらえれば分かりやすい。脚質変化で大化けする。その他の買い目は次の通り。まずルールプロスパー、同じく先行馬だが粘りが違う。もっぱら和田が乗ってる時は勝負どころに見える気がする。次にキングオブカルト、イイ馬だが評価はソコソコで。ただ展開的に前残りとなるなら絡む可能性はある。最後にダイバーシティ、経験は浅いがこれからの馬。後ろからの競馬となるだろうが、そこは外枠発走をうまく利用したい。以上4頭をBOX買いで。

函館スプリントSで本命視したのはキングストレイル、藤沢厩舎がホワイトを乗せてきたのが不気味だし、そもそも何故かこの馬を短距離で使いたがるのが不思議だ。だがしかし鞍上強化でお釣りがくるほど激走すると見た。馬は本質的にはマイラーか。以下、気になる3頭。まずはゴスホークケン、腐っても鯛のごとくなんといってもGⅠ馬。松岡に乗り替わっているが、ここは逃げ切り策でイイのでは。次にウエスタンビーナス、目立たないが末脚はしっかりしている馬。鞍上の無欲な騎乗で爆発するか。郷原にもそろそろ重賞勝たせてやりてぇ。最後にルルパンブルー、こんなに軽くていいのかというほど恵まれた斤量51。軽ハンデの吉田隼人には要注意。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »