« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

中山大障害 ラジオNIKKEI杯 有馬記念

障害戦フリークとしては絶対見逃せない、暮れの中山大障害である。個人的には有馬よりもこっちのほうがハイテンションを維持できそうな感じなのだが、とりあえず予想はしっかりとしておく。本命はキングジョイ、障害の重賞では掲示板を外すこともなく、しかもほとんどが馬券対象となっている。ここはオイシイ。あとは買い目の3頭。まずはエイシンニーザン、障害ではそれなりに好走するのだが、ここにきてテン乗りで熊沢がヤネである。期待は高まる。次にクルワザード、本来なら田中剛に乗ってもらいたいところだが、まぁ馬の能力を評価してみる。最後にテイエムエース、前で競馬できるようスタートさえ決まれば問題ないだろう。以上4頭のBOX買いで。

ラジオNIKKEI杯の本命はリーチザクラウン、これはもうこの一頭だけモノが違う。手綱も武豊に戻り、ここは勝たないわけにはいかない。少し早いかもしれないが来年のクラシックはこれで決まりの感もみられる。よってあとは流す相手はどれかということ。まずはイグゼキュティヴ、非常に発音しにくいカク地馬だが中央にきてメキメキと力を発揮。十分買える。次にロジユニヴァース、しっかり重賞を勝ってきたことを素直に評価。さらにファミリズム、毎回々々豪華な鞍上に乗り替わっているがここも十分過ぎるほど頼もしいヤネ。あとはトップクリフォード、外枠となったがしぶとく粘れる走りに期待。以上、馬単の4点流し。

さてお祭り有馬記念。自分的にはこのお祭りレースは予想が困難と位置付けているレースである。ということで多少は偏った狙い方をしてしまうのでご了承願いたい。では今年の本命はエアジパング、エアはエアでもこっちの方が狙い目。せん馬というものまた面白い。力負けせずに粘れれば一発あるかもしれん。鞍上も藤田だしなぁ、非常に魅力を感じる一頭。以下、買い目の3頭。最初にくるのはフローテーション、ギリギリまで目もくれんかったがよく考えると非常に怖い存在。ルメールを乗せてきたことや3歳という斤量恩恵も考えれば十分絡んでくる可能性がある。父の無念を晴らすのはコイツだ。次にメイショウサムソン、もう終わった感もありそうだが引退レースと武豊とくればあのオグリキャップを彷彿させるようで人気薄でも買い目に入れなきゃならんだろう。石橋なら買わなかったが武の手綱でここは買い。最後にスクリーンヒーロー、当初はフロック視していたが現実的にはジャパンカップ馬である。普通ならこんなローテーと勝ち疲れも考慮し買わないところだが、騎手はデムーロそのままということで結局馬券としては外せない馬となった。以上4頭のBOXだが、最後なので4頭マルチの3連単も買ってみる。今年もご愛読有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

愛知杯 阪神カップ 朝日フューチュリティS

ここんとこマトモな予想が出来ていなかった。今週は時間があるのでしっかりと書く。まずは愛知杯。牝馬のハンデ戦となれば荒れないほうがおかしい。ここはしっかりと穴を狙っていきたいところ。予想の軸にしたのは斤量軽ハンデ、前走位置取り、坂のあるコースで走れているかどうか。そこでポイントはここ中京での前残りの展開になるかどうか。本命にしたのはブーケフレグランス、枠順も良くスタートさえすんなり出れればそのまま逃げ切れるか。前に行く馬が多い中、お互いでしっかりとレースを作れれば無用な競り合いはおきないだろう。斤量もオイシイ。対抗に選んだのはテイエムプリキュア、この馬はまったく読めないが軽ハンデでの逃げ残りが怖い。アルゼンチン共和国杯であわやのシーンは獲った三連単馬券の3着に絡めていたもう1頭がコレ。本命馬との鮮やかな逃げ残りが見えてきそうだ。腐ってもGⅠ馬である。3番手評価はカイゼリン、前走はわけのわからん外国人ジョッキーの手綱でまともに乗ってもらえなかった。なんといっても斤量48は恐ろしい。これなら中段からでも楽々抜け出せるだろう。最後にクラウンプリンセス、力は申し分ないが大外枠ということで差し引いた。以上4頭BOX買い。

阪神カップでの本命はサイレントプライド、距離短縮はプラス材料と見た。重賞勝ちはダテじゃないはず。コース初体験というのが少々不安だが逃げ戦法ならさほど影響ないだろう。次にレッツゴーキリシマ、実はダービーでも買い目に入れていたくらい評価している。本質的にはマイル以下で走れるんじゃないだろうか。この距離で注目できる3歳馬の1頭である。あとはマヤノツルギ、こいつは逆に距離が伸びて吉と出ると見たが坂の無いコースばかり経験してやがる。前での競馬をしつつも上がりの時計が優秀だが、坂をどう克服するかがポイントになるだろう。最後にソルジャーズソング、前走の勝ち方が良すぎる。乗り替わったが幸四郎にソングとくればそれだけで勝ちそうな雰囲気なので買ってみる。以上4頭のBOX。

朝日フューチュリティという苦手な2歳戦。レース間隔の開いたヤツもいれば連投なのもいる。実に難解な予想は必至。そこで本命視したのはブレイクランアウト、武豊の復活に花を添えるのはこの馬だろう。落馬の借りはここで返すしかない。獲れていたGⅠを逃がした悔しさは尋常ではないはず。後方一気が理想だが、後ろすぎる位置取りだけは勘弁。豊もまだ獲っていないGⅠだけにここは本気出すんじゃないか。以下、買い目の3頭。まずはミッキーパンプキン、使ってきた距離といいレース間隔といい非常に良い使い方をしている。鞍上もペリエとなりこれはもうお買い得。距離のロスなくジョッキーの腕で上位へ持って来れそう。次にフィフスペトル、本命馬と同じ勝負服なのでワンツーでも決まれば頼もしいが、ここはもうルメールの上手さを素直に評価。好位抜け出しで万全の競馬だろう。最後にホッコータキオン、飯田という地味な騎手を乗せながらもこの戦績。馬とともに一皮むけるチャンスだ。外からのスタートで邪魔されずに前に付けられれば自分の展開にもちこめるか。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中日新聞杯 カペラS 阪神ジュベナイルF

マジで忙しくて時間がない。買い目だけ。書く。中日新聞杯の買い目はヤマニンキングリー、ダブルティンパニー、シンゲン、マンハッタンスカイの4頭BOX。

カペラステークスの買い目はナンヨーヒルトップ、トロピカルライト、タイセイアトム、カルナパリートの4頭BOX。

阪神ジュベナイルフィリーズの買い目はアディアフォーン、ワンカラット、レディルージュ、ジェルミナルの4頭BOX。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート

とっても忙しくて時間がないので、買い目だけ書く。ステイヤーズステークスの買い目はトウカイトリック、メジロコルセア、ビエンナーレ、ナイアガラの馬連4点BOX買い。

鳴尾記念の買い目はノットアローン、フサイチアウステル、キャプテンベガ、トウショウシロッコの馬連4点BOX買い。

ジャパンカップダートの買い目はワンダースピード、カネヒキリ、ブルーコンコルド、フロストジャイアントの馬連4頭BOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »