« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

東京新聞杯 根岸S 京都牝馬S

東京新聞杯の本命はアブソリュート、非常に安定した戦績と替わらぬ鞍上に魅力大。馬主園部、厩舎宗像、騎手田中勝春とくれば完全無欠の組み合わせである。そろそろ重賞制覇で素質開花といきたい。以下、買い目となる3頭。まずはファストロック、ヤネにペリエを迎え勝負気配。斤量も前走より軽くなり、誰も競り掛けなければ案外楽に逃げ切れるかも。次にリザーブカード、今年久々に重賞勝ちした栗田厩舎の期待馬。なんと内田博が乗り替わってきたのは非常に強み。斤量56なら一発ある。最後にタマモサポート、前走唯一の重賞勝ち馬というのは評価できる。人気薄ながら連勝しており、もはやフロックではない。津村も一皮むけたか。以上4頭のBOX買い。

根岸ステークスで本命視したのはフェラーリピサ、やっぱ岩田が上手いわ。距離が短くなっても特に問題はないだろう。普通に先行抜け出しで楽勝ムード。以下、相手となる3頭。まずセントラルコースト、岩田に対抗し打ち勝てるとしたら内田しかいないだろう。この馬なら前で競馬ができるので自分のペースさえ守れれば面白い展開となるだろう。次にナンヨーヒルトップ、藤田が手綱を握れば掲示板を外したことがないくらい相性バツグン。2着に食い込んでくればおいしい。あとはマルカフェニックス、いきなりダート路線へやってきたがまったくの未知数と言っていい。ただ1200mでは異常に走っている。それだけで評価してみた。以上、本命馬から馬単流し。

京都牝馬ステークスの本命はプリンセストロイ、JRA転入後も2連勝と勢いはある。前で競馬をしても速い上がりで踏ん張れるところが魅力。あとは角田の意気込み次第か。以下買い目の3頭。まずはザレマ、やっぱりかと思われるが安藤が乗ってきたことは強み。前回の騎乗時に出走取り消しとなっていたが、ここは仕切り直しでVに意欲アリか。次にニシノマナムスメ、前走1番人気でルメールがヘグった。距離が1600mに戻り折り合いもとれると予想。あとは鞍上の腕次第。あとはスペルバインド、こっちも鞍上デムーロという捨て難い組み合わせ。追い込みが効く展開なら切れない馬。直線一気もあり得る。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AJC 平安S

まったく時間がないので買い目だけ。AJCはメイショウレガーロエアシェイディ、キングストレイル、トウショウシロッコの4頭BOX買い。

平安ステークスはエスポワールシチーマコトスパルビエロ、マイネルアワグラス、ネイキッドの4頭BOX買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京成杯 日経新春杯

案外頭数の揃わなかった京成杯。本命に推したのはアーリーロブスト、前走をしっかり逃げて勝ちをさらっている。福永の手綱でさらに良化が見られるだろう。対抗にはセイクリッドバレー、こちらも乗り替わりながら関東での藤田が不気味。タイム的には本命以上に評価できるかも。単穴としてナカヤマフェスタ、やっぱり重賞勝ちの実績は外せない多少フロック的な重賞勝ちながら上がりは速かった。鞍上がスタートさえ決めれば一発あるかも。以上3頭のBOX買い。

日経新春杯は面白味のあるメンバーが揃ったハンデ戦だな。ただし絶対に有馬2着馬だけは買わん。そこで本命はヒカルカザブエ、血統的にはこの距離は問題なくこなせるだろうし、条件戦も手間取らずに勝ち上がってきた。なんといってもトップハンデ馬より-4kgというのがオイシイ。連勝は続くか。以下、買い目となる3頭。まずはナムラマース、本当ならこちらを本命評価にしたかったが斤量的にギリギリかもしれないとの見解。差し脚さえしっかり溜められればゴール前に突っ込んでくるだろう。次にメイショウクオリア、何が良いというわけでもないが、ここでは若さを評価している。だからこそ冒頭の一文なのだ。とにかく人気薄だろうが何だろうが、岩田なら持ってこれそう。最後にマイネレーツェル、牝馬ならプリキュアも考えたが今回はさすがにこちら。モナーク出走の為、川田がいなくなり仕方なしに乗り替わったのが武豊。怪我の影響さえなければここは追えるはず。今年は重賞を勝ちまくってもらいたい。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フェアリーS シンザン記念

まったくもって時間がないので買い目だけ。フェアリーステークスの買い目はマイネアリスイルドロールジェルミナルパールシャドウの4頭BOX。

シンザン記念の買い目はミッキーパンプキンダブルウェッジキングストリートキングスレガリアの4頭BOX。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中山金杯 京都金杯

明けましておめでとう。いやはや完全に予想を忘れていた。今年は東西金杯が土日とズレて開催なんだねぇ。とにかく荒れるレースとして穴予想に徹する。まずは日刊スポーツ賞中山金杯だが、本命視したのはダイシングロウ、もともと安藤がしっかりと育てていた馬であり、成績も安定してた。前走を重賞1番人気ながら18着と最下位入線したのは何か別の原因が考えられる。今回ヤネも安藤に戻りここは勝負気配。有馬の勢いそのままに今年の一発目を決めてもらいたい。以下、買い目となる3頭。ヤマニンキングリーはまず当確か。なぜか藤田に乗り替わりとなっているが、それでもここは外せない。次にグラスボンバー、斤量57ながら前走は人気薄で後方から3着まで追い込んできている。9歳馬ということを考えれば2着入線までか。あとはマイネルキッツ、過去重賞ではそんなに悪いはけではないが勝ちきれん。ここは案外すんなり絡んでくる可能性は高い。以上4頭のBOX買い。

スポニチ賞京都金杯の本命はバトルバニヤン、1600ならこの馬だろう。馬も若く鞍上も信頼できる。以下、買い目となる3頭。まずはファリダット、実績からして仕方ないね。外せないので買っておく。次にシンボリグラン、戦績にまったくムラがありいつも苦労させられる馬。ここは理由無く買い目に入れる。人気薄ならしめたもの。最後にマルカシェンク、本当は外しておきたいところだが、それ以上に馬の実力を評価。ここは斤量関係なく激走できる。以上4頭BOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »