« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

日経賞 毎日杯 マーチS 高松宮記念

4重賞となると結構予想も手がかかる。とりあえずは日経賞から。本命はネヴァブション、鞍上の横山典がキッチリ持って来るだろう。以下、買い目の3頭。まずアーネストリー、血統も面白いが距離適性を重視。次にアルナスライン、内枠が影響しなければ吉。最後にホクトスルタン、個人的には応援したいがレース間隔がね、ちょっとね。以上4頭のBOXで。

毎日杯の本命はアプレザンレーヴ、経験は浅いが上がりは速い。内田の押し切りか。以下3頭をピックアップ。まずはアイアムピカイチ、前走では一歩届かなかったが今回はいけるんじゃないか。次にオオトリオウジャ、無傷のデビュー2連勝はダテじゃない。ヤネに若さが出なければ良いだろう。あとはダブルウェッジ、前走お見事、今回どうかなって感じ。以上4頭のBOX買いで。

マーチステークスでの本命はランザローテ、御神本の手綱捌きが魅力的だ。ダートなので案外楽勝もありうる。以下3頭を買い目に。まずはマコトスパルビエロ、騎手の乗り替わりが多いが馬も地味。そろそろ重賞で一発どうかな。次にサトノコクオー、藤沢厩舎で期待できる馬。距離も1800mに戻りここは勝負気配。最後にエスポワールシチー、先行逃げ切りパターンがハマれば十分残れる。以上4頭のBOX。

高松宮記念での本命はアーバンストリート、いつも上がりの脚が速い。前走はよく勝ってきた。ここは勢いでGⅠ奪取か。以下3頭の買い目を挙げる。まずはキンシャサノキセキ、前走の負けはまったく無視。鞍上の岩田が持ってくるというイメージで十分。次にローレルゲレイロ、前走で藤田が乗ってかなりの手ごたえ。短距離なら実は結構期待できる馬。最後にビービーガルダン、乗り替わりだがまさか幸四郎がという感じ。だが面白いから買い。以上4頭で勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーカップ ファルコンS スプリングS 阪神大賞典

相当真剣に予想すべく時間を割いた。4重賞の週末となるがなんとか踏ん張りたい。まずはフラワーカップ、この時期の2歳牝馬となるとそれだけで難解だが、16頭フルゲート揃っていればなおさら。荒れればオイシイ馬券となるか。本命はロイヤルネックレス、京都コースだが1800mを使ってきており距離適性を重視。直線の坂で脚が持てば勝ちが見える。後藤の追い方に注目。以下買い目の3頭、まずはディアジーナ、実績からして圧倒的だし鞍上は内田博である。文句無く最高評価したいところだが距離経験が無い分、対抗評価とした。次にダイアナバローズ、牝馬未勝利をなんとか勝ち上がった程度なのだが中距離をしっかり使ってきているのが気に入った。勝浦の一発があるよ。最後にナリタシリカ、未勝利戦とはいえ1800で勝利経験があるのが面白い。道中溜め、しまいに速い脚が使えれば案外ヤネの川島との相性がハマるかも。以上4頭BOX買い。

こちらは3歳スプリント路線となる中日スポーツ賞ファルコンステークス。本命にしたのはスパラート、ここのところ武豊が重賞で惜敗続きである。今度こそという気持ちはあるだろうし、このレースは昨年の武豊が勝利した数少ない重賞の一つでもあり相性も良かろう。血統的にも短距離は問題ないのでここは一押し。唯一の不安は武藤厩舎の重賞実績くらいか。以下買い目の3頭。まずはメイショウアツヒメ、出走全てが1番人気という超期待馬。藤田への乗り替わりだが河内厩舎となればこれは勝負サインか。大外枠が気になるところだが藤田ならその点はあまり気にならない部分でもある。次にデグラーティア、浜中のお手馬だが前走はGⅠとはいえ距離が伸びて勝負にならなかった。坂も影響しただろうし、今回の中京コース1200mなら買いだ。最後にゲットフルマークス、前走は鞍上の乗り方が悪すぎたし展開も向かなかった。今回も同じく蛯名だがすんなり前につけて逃げられれば後半も速い脚が使えるはず。距離短縮がプラスになるよう乗ってほしいところ。以上4頭のBOX。

フジTVスプリングステークス、良い馬が揃っておりここは堅くなりそうだ。そんな中での本命はリクエストソング、なんといっても前走の2着は強い競馬をしていた。道中の位置取りがもう少し前ならば勝ちは見えていた。今回は修正してくると見て最大評価。以下買い目になる3頭。まずはアンライバルド、この馬はヤネが岩田となると見違えるほど強い。ただし速い流れには向いていなさそうなので、一応展開次第と見ている。次にフィフスペトル、武豊を鞍上に迎えての勝負となるが、やはり重賞で結果に繋げたいところ。1800mまで辛抱できるかどうかがカギ。最後にメイショウドンタク、すみれSの勝ち馬よりこっちを選択してきた藤田に期待。いつもの恫喝先行が可能ならばそのまま逃げ切ってほしい。やはり速い展開には向かないか。以上4頭のBOX買いで。

最後に阪神大賞典だが、ここで本命視したのはオウケンブルースリ、有馬記念を回避しつつここへやってきた。距離的には長い方が良く見えるし、ここは内田博の腕でキッチリ持ってくるだろう。今年は出走全てのレースで買ってもいいくらいだと評価している。以下買い目の3頭。まずはニホンピロレガーロ、言わずと知れた酒井学の収入源である。これが走らなければ酒井もやってられない。前走は斤量の恩恵を受けていた分勝利に繋がったが、ここでは能力開花に期待。以外とノーマークならば面白いだろう。次にナムラクレセント、地味な血統ながら良いレースを続けている。未知数な所も多く、押さえ的な評価。ただし鞍上の小牧がなぁ、芝の長距離にどれだけ上手く乗れるのかが不安だ。最後にアサクサキングス、腐ってもGⅠ馬と思っていたが京都記念で強い勝ち方を見せてくれた。特に見るべく所も無いが、菊花賞を勝ったということだけで一応押さえておく程度。以上4頭のBOX買い。ジャパンカップ馬は距離が持たないとの見解で切った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阪神スプリングJ 中京記念 中山牝馬S フィリーズレビュー

先週は情けない結果になってしまい申し訳ない。で、本日も時間が無い為、買い目のみ。まずは阪神スプリングJ。当ブログでは毎度挙がるお馴染みの馬名だが以下の4頭でBOX買い。キングジョイ、テイエムトッパズレ、メイケイグリーン、ドールリヴィエール

中京記念は次の通り。ヤマニンキングリー、ドリームサンデー、マンハッタンスカイ、フサイチアソートの4頭BOXで。

中山牝馬ステークスはキストゥヘヴン、ザレマ、レッドアゲート、ブラボーデイジーの4頭BOX買い。

フィリーズレビューの買い目は以下4頭のBOXで。ミクロコスモス、ラヴェリータ、チャームポット、スペシャルクイン

| | コメント (0) | トラックバック (2)

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

オーシャンステークスの本命はアーバニティ、前走を坂のある中山コースで快勝。同じコースでならもう一度期待できる。上がりの脚も魅力だ。以下、買い目に入れる3頭。まずはサープラスシンガー、木幡か田中勝なら本命視したかもしれんが四位でもまぁ評価してよかろう。次にソルジャーズソング、展開に頼る部分もあるがハイペースなら面白い。手綱が戻った松岡も奮闘すべし。最後にキンシャサノキセキ、能力的に抜けているのは分かっているが、斤量とレース間隔が気に入らない。よって押さえ評価まで。以上4頭のBOX買い。

チューリップ賞で本命にしたのはジェルミナル、前走勝利後のローテーが良いし実力もある。ここは逆転アリだ。以下、買い目の3頭。まずはやはりブエナビスタ、唯一の不安は休養明けだけ。まぁ2番手評価もあまり関係なかろう。次にブロードストリー、これはもう藤田の気迫と気合を買うだけ。特に意味はない。最後にマイティースルー、前走の後方からの競馬を上手くまとめたところが多少気になる。アグネスタキオン産駒というのも評価を上げた要因の一つ。以上4頭をBOXで。

弥生賞で本命にしたのはセイウンワンダー、マイラー的な見解もあるが、なんと言っても鞍上の岩田が「持ってくる」という感じだ。いつもの先行抜け出しでOKだろう。以下、買い目の3頭。といっても評価的にはさほど差はないので名前だけ、アントニオバローズアーリーロブストケイアイライジン。まぁどれが来ても同じようなもんかな。以上4頭のBOX買い。ロジユニヴァースはしまいの脚が切れなさそうなので今回は切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »