« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

宝塚記念

いよいよ夏のグランプリ宝塚記念。パッとしないメンバーとなってしまったが、なかなかどうして。いわゆる「いつものメンバー」ってやつだ。逆にその、いつものメンバーだからこそ分かりやすい、予想しやすい部分もある。今回、ぶっちゃけて言ってしまえば「GⅠホースは買え」である。その観点から本命視するのはマイネルキッツ、終わってみれば「天皇賞馬はやっぱり強かった!」となるはずだ。フロック視されがちだが、人気が薄いほど好都合。前回と同じ内枠というのも心強い。ヤネもそろそろGⅠジョッキーが似合う頃合か。マイナスデータとしては古馬長距離路線にマイネル軍団は似合わないとうことくらいか。以下、買い目の3頭。筆頭対抗馬はディープスカイ、これはもう文句無し。コメントすら何も言えない。しいて言うなら古馬GⅠ勝ちが無いので次点評価となった。次の買い目候補はドリームジャーニー、この馬はどんな距離でも脚が切れるろころがいい。大阪杯では阪神コースで強豪どもをねじ伏せている。母父にはあのメジロマックイーンの血があり、祖父に続けとばかりに後押しされるだろう。宝塚記念は初挑戦だが、あるぞ初勝利。最後に挙げるのはサクラメガワンダー、GⅠ勝ちこそ無いもののそれに匹敵する充実さを迎えている。特筆すべきは手綱が福永になってからというもの大崩れはなく、昨年の暮れの勝利から鞍上が何かを掴んできた様子。距離も申し分なくベストであり、勢いでは今年最高の馬だろう。サクラ軍団の復活なるか。以上4頭のBOXと1着固定の3連単で。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

マーメイドS

今週こそは集中して予想してみる。マーメイドステークスの本命はザレマ、度々評価してきた馬であり安藤が乗り続ける限りは本命でいいだろう。前走のGⅠでは位置取りが悪すぎた。逃げる展開にでも持っていければ楽勝か。ハンデ55って軽すぎだと思うが。以下、買い目の3頭。まず対抗に推したいのがムードインティゴ、鞍上強化と見るべきかヤネは岩田だ。馬がGⅠ慣れしてしまっているのか、仕上がりとは関係なく無茶しすぎる感がある。今回のメンバーならソコソコだと思っていたが豪腕岩田で、これはもう説明のつかない不可解な入着があるかもということで買い目に入れる。次にニシノブルームーン、条件戦だが戦績を見る限り悪くない。むしろ良すぎるだろうに、ここでの斤量はなんと52。勝ってくださいと言わんばかりか、同じニシノならマナムスメよりこっちだろう。手綱が戻ってきた北村が燃えていそうで怖い。最後にクラウンプリンセス、ちょっと着眼点が違うかもしれんが橋口調教師がやたらと助っ人騎手を乗せたがる馬であり、外国人や地方の騎手(小牧も含む)だと本当に好成績なのだから非常に効果的だといえる。そこで今回は吉田稔にお鉢が回ってきた。それだけで入着級と見ているので、あとは展開のアヤや他馬のアクシデント、他騎手のヘグり等の要素から買い目に入れた。以上4頭のBOX買い。リトルアマポーラについては負担重量56.5は牝馬には重過ぎるだろうし、手綱が福永ではちょっと無理だろう。よって今回は切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ジャンプS エプソムカップ CBC賞

賑やかなメンバーとなった東京ジャンプステークス。本命はスズカスペンサー、前走の結果もさておきながら馬が若くてイキが良い。GⅢのひとつくらいは勝って当たり前だろう。以下、買い目の3頭。まずはコウヨウウェーブ、成績もそこそこで文句無し状態だったのにここで浜野谷へ乗り替わりというのはモロに勝負気配。斤量60なら大崩れは考えにくい。次にエイシンボストン、重賞初挑戦だが障害入りしてのオープン成績は上出来。前走の勝ちは勢いを感じる。最後にヘンリーゴンドーフ、前走は中止してしまったが今回は巻き返しありだ。斤量も60なら確実性が増すか。以上、4頭のBOX買いで。

上がり馬の取捨となるエプソムカップ、ここでの本命はシンゲンとした。典型的な上がり馬っぽさを持っており前走では快勝。末脚も切れておりここでは一押し。ハンデはあるが東京コースの相性は抜群。以下、買い目となる3頭。まずはキャプテンベガ、血統的に何故走らないのかが疑問視されるくらいの馬である。晩成の能力が開花する時が来たと見る。鞍上に横山典を迎えての走りに期待。次にヒカルオオゾラ、これはもう最後の直線勝負に賭けるだけ。末脚爆発で勝ちも見える。ここでも絶好調の武豊が手綱を取っており、先週の反省を活かして大外一気か。最後にマストビートゥルー、これと言って特筆すべき事項は少ないが前走1800mを走り、ここに照準を合わせてきている。鞍上が村田に乗り替わっているが何かやってくれそうな雰囲気が感じられる。斤量56なら激走するかも。以上、4頭のBOXで。

CBCで本命視したのはエイシンタイガー、馬の能力は高く評価しており、しかも3歳馬ということでなんと負担重量52の軽ハンデ。気迫で負けなければ古馬を押しのけて先行抜け出しか。唯一の不安はヤネの池添。他に誰かいなかったのかよ。以下、買い目となる3頭。まずはコウユーキズナ、前走は勝ったかと思わせる勢いでのレース展開。ここでは更に斤量1kg減で53も魅力。浜中が関東ではなくこっちを選んで乗ってきたのも評価できる。次にソルジャーズソング、前走はメンツと展開に恵まれなかったが高松宮記念ではあわやの激走を見せた。鞍上強化で中京1200mを圧巻か。最後にボストンオー、前走は初重賞ならが少し気負ってしまったか。末脚は悪くないように見えた。久々にハンデ54なら勝ち負けアリだ。中京コースなら相性も良く、ここでは買いの一手。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーンS 安田記念

ここのところ不調でメシもろくに食えてない。というのは大袈裟だが、重賞の馬券が的中しないのは悔しい。かといって1番人気2番人気のような本命馬券がいくら的中しても「当たった」という記録が残るだけで金銭的には面白くもなく嬉しくもない。自分の言う的中というのは「万馬券獲った」みたいな意味なので、10倍未満配当の馬券を獲っても「当たった!」などとはあまり言いたくないのだ。それはそれでコッソリ当てればよろし。よって今回もいつもの如く高配当狙いの予想となる。さてユニコーンステークスの本命はシンゼンオオジ、これと言って特徴もないが成績は良いし前で競馬も出来るし距離もこなせるし上がりも悪くない。唯一不安視しているのがヤネの飯田と馬は連闘ということくらいか。早い話が勢いで買いということだ。以下、買い目の3頭。まずはアズマタイショウ、結局関西馬が良く見えてしまうのかこの馬が目に付いた。鮫島が平常心で乗れればいいんじゃないか。次にオウケンマジック、おいおいこの馬に三浦乗せるのか。音無厩舎よ、何があったんだ。何があったか分からんが馬はイイので買い。最後にグロリアスノア、恥ずかしながら父馬を知らなかったのだが、前走を見るとダートで化ける可能性は十分にある。鞍上の小林慎なんて相当にマイナーな騎手だが、あえて重賞でも普通に乗せてきているところが怖い。激走もありうる。以上4頭のBOX買い。

難解な安田記念。香港からも参戦しておりダービー馬対決をさらに盛り上げる面白さがある。でもウオッカディープスカイは買わん。そりゃ勝てばスゴイことだし競馬界的にヨッシャヨッシャとなるだろうが、先に言った通り馬券的にはつまらん。つまらんと思われる中にはカンパニーローレルゲレイロ、スーパーホーネットも含まれる。よってここでの本命はスズカコーズウェイ、本来なら豊が乗れたのになぁと思うが、武から乗り替わってGⅠを勝った馬も多い。今度はこの馬の番だろう。上がりの脚は速いぞ。以下買い目の4頭。本命馬らを切ったので買い目が増えたのはご了承願いたい。展開的にも結局香港馬も含め人気所が前に行きそうなので中段控えたかたちで2頭のダービー馬らが牽制し合うだろう、さらにそれをマークする藤岡、横山か。ということで、更にその後ろから一発を狙う穴馬を読むと次にくるのはスマイルジャック、こいつは鞍上が岩田というだけで押さえ。じゃぁその次はというとトウショウカレッジ、さすがに内田博も乗り方に工夫をしてくるだろう。前走の展開でいいが今度はスズカをマークすればよろし。次の一頭はファリダット、これまたスゴ腕の安藤がヤネである。理由は同じで前走の展開から同じトウショウとスズカをマークだ。超追い込みの作戦で行くしかない。最後に評価するのはアブソリュート、この馬には後方待機策ってのがピッタリだろう。相当に末脚は切れる。田中勝が無欲で乗れればアッと言わせる結果が見れるかもしれん。GⅠ初勝利の安田記念を思い出せ。以上5頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »