« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

新潟記念 キーンランドカップ

夏のローカル重賞でもなかなか面白いあたりか。まずは新潟記念。本命はアルコセニョーラ、2連覇当確だ。後ろから行ける脚を持っているだけに、最後は外に出せれば確実だろう。昨年はテン乗りで武士沢が重賞を勝ち取った馬。この新潟コースなら負けられない。以下、買い目の3頭。まずはトウショウシロッコ、これまた昨年のこのレース以来木幡に手綱が戻ってきた。ここは一発ありえる。外枠に入ったのはかなり期待できそうだ。次にサンライズベガ、超久々の重賞だけに上がり馬として期待していい。ほとんど掲示板を外していない実績は評価に値する。池添の乗り替わりだけが不安材料。あとはスノークラッシャー、このメンツ相手なら非常に面白い。なんと伊藤工に乗り替わりだが、ここは妙味ある馬券ということで一考。以上4頭のBOX買いで。

キーンランドカップの本命はなんといってもグランプリエンゼル、3歳牝馬ながら鞍上熊沢で3戦3勝している。今回も斤量51kgで走れる。連に絡まないほうが難しい。以下買い目の3頭。まずはアポロドルチェ、潜在能力的にはこの馬を評価している。前走あわやのゴール前の脚を見せてくれた。中段からでも伸びるので1200mのここでも勝負になるだろう。次にプレミアムボックス、前走は完璧なフロック視からの勝ちであり穴を開けてくれた。が、しかしこれは鮫島を背に勝ったということを認めなければならない。過去に1200mの重賞勝ちが無いわけでもなかった。鞍上との相性が合うのだろう、ここは素直に買い目に入れる。最後にトレノジュビリー、ヤネが岩田ということで無条件で買い。どんな乗り方をするのかさっぱり分からんが最内に入ったからには逃げても残せるか。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟ジャンプS レパードS 札幌記念

障害フリークとしては落とせない地味な重賞新潟ジャンプステークス。ズバリ本命はドクターグリム、過去の勝利こそ穂苅の手綱だったが元々騎乗していた横山義のほうが合っている気がしていた。この乗り替わりはプラス評価であり尚且つ内枠を引いたのは大きい。先行逃げ切りだ。以下、買い目の3頭。まずはファントムスズカ、勝ちきれないレースが続いていたがスパッと柴田大に乗り替えてきた。テン乗りだが、だからこそ変わり身に期待。次にトロピカルクイーン、前走オープンでは競走中止してしまったが走っていれば勝ち負けだっただろう。体重を400㎏台に絞ってくれば十分勝負になるだろう。最後にエリモマキシム、オープンで好走してきており斤量59で乗れるここはさらに楽に前に付けられるはず。買い目を外せない。以上4頭のBOX買いで。

新設重賞ということでグレードはないが、重賞ということで一応予想してみる。そのレパードステークスの本命はワンダーアキュート、ダートでこの距離なら小牧は買える。新潟は思った以上に外から伸びてくる傾向があるので外枠からでも逆に評価していい。ノーマークなら尚良し。以下、買い目となる3頭。まずトランセンド、本来なら内田で勝ちを拾うところだったが松岡に転がり込んできた。今年は乗れているので勢いで買い。次にシルクメビウス、前走も良かったが何と言っても若さが魅力。3歳馬でステイゴールド産駒というあたりが魅力的だ。乗り替わった吉田豊が力を引き出せるかがカギ。最後にスタッドジュラン、安田厩舎の2頭出しだが、人気になりそうな方に若手が乗ることでこっちの鞍上の佐藤哲三が燃えないわけがない。意地で押してくるあたりが想像に難くない。意地が勝れば馬も勝るかも。以上4頭のBOXで。

1頭だけ後光が差す馬がいる札幌記念。この馬のためにお膳立てされたと言っても過言ではなかろう。本命に挙げるのはやや恥ずかしいがここはブエナビスタで仕方ない。牝馬といえどGⅠ3勝馬である。海外も視野に入れたこの一番。噂の鞍上もきっちり52kgで仕上げてきた。負けられるはずがないのである。とりあえずの1頭はこれ。以下、買い目に入れる3頭。まずはマツリダゴッホ、レース間隔が気になるが腐ってもグランプリ馬。パッとしない近走だがカンフル剤として横山典に替えてきた。手綱相性は良いので勝ち負けする可能性は高い。次にマンハッタンスカイ、実は小生が相当に期待している馬。グズつく馬だが穴を開けてくれた時などは感激ものだ。しかもここは吉田稔に乗り替わりという最高のオマケ付き。当然マークなぞされるはずもないのでスルリと抜け切るかもしれない。最後にタスカータソルテ、他の実力馬の陰に隠れているが一応昨年の覇者。油断してると出し抜かれそうだ。まさにそんな馬にもってこいの岩田がヤネ。とんでもない騎乗で一発を見せるかもしれない。本命馬一本かぶりだろうが万が一を考え馬連のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州記念 クイーンステークス

夏競馬真っ只中。スプリント路線としてまだまだ馴染めない北九州記念。とにかく本命はメリッサ、最近沈黙していた武豊が怖い。小倉荒稼ぎの序章としてここはかなり期待してみたい。芝でも十分走ると思う。以下買い目の3頭。まずはレディルージュ、とにかく軽ハンデ馬は根こそぎ買い占めたいくらいだ。斤量50kgなら相当に末脚が切れるだろう。次にマチカネハヤテ、同じく斤量51kgとは恵まれた。軽けりゃ走るぞ。最後にゼットカーク、燃え尽きるにはまだ早い年齢。負担重量が軽いときには堅実に着を拾っている。斤量51kgは甘すぎるくらいか。熊沢のアッと言わせる騎乗が見たい。以上4頭のBOX買いで。

札幌のクイーンステークス、こちらは別定。馬のメンツも面白ければジョッキーも相当に面白いメンツだ。本命はムードインティゴ、展開に頼るところもあるが追い込みセンスは高い。外枠を有利に活かせれば爆発あるかも。以下買い目の3頭。気になるのはレインダンス、中舘をヤネに据えた時はソコソコ走っている。最近は道中の位置取りが後ろ過ぎたか。一か八か前での競馬をやってくれれば面白い。次にスペルバインド、腕のある騎手らに乗ってもらい人気してたが一歩届かずの近走。払拭すべく横山典のテン乗りで戦法を変えればなかなかの変わり身を見せる可能性はある。最後にスペシャルフロート、菊沢隆徳の手綱が合うのだろうか久々に乗り役が廻ってきた。ヤネが発奮すれば馬にもそれが伝わり劇走の予感。以上4頭のBOXで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

関屋記念 函館2歳S

夏競馬が不調だ。某リーディング騎手から流したらことごとく外したというような感じ。要するにそいつがヤラずの様子。道中やゴール前でかなりの引っ張りが見られた。おいおいマジかよ。そんなことに頭を悩ませながら今週の重賞予想へ。まずは関屋記念。珍しく豊が新潟参戦。内田がいない分、空き巣っぽく見えてしまうな。とにもかくにも本命はヒカルオオゾラ、道中の折り合いが気になるが前走の東京ではかなりスムーズに運び、最後は伸びた。坂が無い分さらに加速を期待しての勝ち馬評価。但し1頭軸に出来るほど確約はできない。以下、買い目になる3頭。まずはタマモナイスプレイ、条件戦と準オープンと連勝は強み。しかも前走は熊沢に載り替わっての完勝。レース間も良く、いきなりの重賞にも対応可能か。唯一の不安は左回りの実績不足くらいか。次にトーホウレーサー、17ヶ月ぶりの前走を圧勝したのには驚かされた。柴山の手綱が合うのだろう、ここも押さえて損は無い。実力馬が集まっている分、人気の盲点なら面白い。最後にマイネルレーニア、これまでは斤量に泣かされていたがここは大丈夫。佐藤哲もゆったりと先行逃げ切り策を打てれば相当に楽な競馬になる可能性がある。展開次第だがここは押さえておきたい。以上4頭のBOX買いと、あとは腐ってもGⅠ馬に敬意と評価してキャプテントゥーレの複勝も少々。

さて函館2歳ステークスだが当然苦手な2歳戦。ほとんどが前走新馬勝ちか未勝利勝ちの馬だらけ。予想ファクターに乏しいわけで、あえて言葉少なく買い目を晒す。とにかく本命視したのはノーワンエルス、吉田稔がんばれ。次点評価はソムニア、安藤がんばれ。あとはステラリードキョウエイアシュラ、岩田と藤田よ頼んだぞ。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »