« 北九州記念 クイーンステークス | トップページ | 新潟記念 キーンランドカップ »

新潟ジャンプS レパードS 札幌記念

障害フリークとしては落とせない地味な重賞新潟ジャンプステークス。ズバリ本命はドクターグリム、過去の勝利こそ穂苅の手綱だったが元々騎乗していた横山義のほうが合っている気がしていた。この乗り替わりはプラス評価であり尚且つ内枠を引いたのは大きい。先行逃げ切りだ。以下、買い目の3頭。まずはファントムスズカ、勝ちきれないレースが続いていたがスパッと柴田大に乗り替えてきた。テン乗りだが、だからこそ変わり身に期待。次にトロピカルクイーン、前走オープンでは競走中止してしまったが走っていれば勝ち負けだっただろう。体重を400㎏台に絞ってくれば十分勝負になるだろう。最後にエリモマキシム、オープンで好走してきており斤量59で乗れるここはさらに楽に前に付けられるはず。買い目を外せない。以上4頭のBOX買いで。

新設重賞ということでグレードはないが、重賞ということで一応予想してみる。そのレパードステークスの本命はワンダーアキュート、ダートでこの距離なら小牧は買える。新潟は思った以上に外から伸びてくる傾向があるので外枠からでも逆に評価していい。ノーマークなら尚良し。以下、買い目となる3頭。まずトランセンド、本来なら内田で勝ちを拾うところだったが松岡に転がり込んできた。今年は乗れているので勢いで買い。次にシルクメビウス、前走も良かったが何と言っても若さが魅力。3歳馬でステイゴールド産駒というあたりが魅力的だ。乗り替わった吉田豊が力を引き出せるかがカギ。最後にスタッドジュラン、安田厩舎の2頭出しだが、人気になりそうな方に若手が乗ることでこっちの鞍上の佐藤哲三が燃えないわけがない。意地で押してくるあたりが想像に難くない。意地が勝れば馬も勝るかも。以上4頭のBOXで。

1頭だけ後光が差す馬がいる札幌記念。この馬のためにお膳立てされたと言っても過言ではなかろう。本命に挙げるのはやや恥ずかしいがここはブエナビスタで仕方ない。牝馬といえどGⅠ3勝馬である。海外も視野に入れたこの一番。噂の鞍上もきっちり52kgで仕上げてきた。負けられるはずがないのである。とりあえずの1頭はこれ。以下、買い目に入れる3頭。まずはマツリダゴッホ、レース間隔が気になるが腐ってもグランプリ馬。パッとしない近走だがカンフル剤として横山典に替えてきた。手綱相性は良いので勝ち負けする可能性は高い。次にマンハッタンスカイ、実は小生が相当に期待している馬。グズつく馬だが穴を開けてくれた時などは感激ものだ。しかもここは吉田稔に乗り替わりという最高のオマケ付き。当然マークなぞされるはずもないのでスルリと抜け切るかもしれない。最後にタスカータソルテ、他の実力馬の陰に隠れているが一応昨年の覇者。油断してると出し抜かれそうだ。まさにそんな馬にもってこいの岩田がヤネ。とんでもない騎乗で一発を見せるかもしれない。本命馬一本かぶりだろうが万が一を考え馬連のBOX買いで。

|

« 北九州記念 クイーンステークス | トップページ | 新潟記念 キーンランドカップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟ジャンプS レパードS 札幌記念:

« 北九州記念 クイーンステークス | トップページ | 新潟記念 キーンランドカップ »