« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

オールカマー 神戸新聞杯

最近はなかなか大きな当たりがなく面白くない。今週はしっかりと穴馬狙いで行ってみる。とりあえずオールカマー、本命視したのはデストラメンテ、重賞では惨敗続きだが今回はどういうわけか江田照が乗ってきた。穴馬の臭いがプンプンしてくるし、そんな展開が見えるようだ。思い切って買ってみるべし。以下、買い目の3頭。まずはマイネルチャールズ、休み明けの前走を1番人気で飛んだのは明らかに仕上がり不足。潜在能力は高く、ゴール前の坂で本来の力を出せれば競り勝てるかも。次にダイワワイルドボア、こちらは放牧明けのリフレッシュ。鉄砲だが仕上がり次第では中山2200mは怖い存在。最後にドリームジャーニー、さすがにグランプリ馬は外せなかった。前走宝塚記念V馬が2頭いるという不思議な感じだが斤量59でも末脚勝負ならこちらだろう。以上、4頭のBOXで。

神戸新聞杯の本命は無理やり挙げるがレッドシャガーラ、まったくの条件馬だがとりあえず前走の凡走は馬体が絞れていなかった結果。ならば今回きっちりと馬体重減を前提に思い切って買い目に入れる。藤岡康への乗り替わりも面白い。以下買い目の3頭。最初はアントニオバローズ、本来なら次の菊花賞で注目しておく馬なのだが、それなら当然出走に向けて権利獲得すべくここも手は抜けない。成長度は目を見張る。次にアプレザンレーヴ、リーディングを取る内田が鞍上。重賞くらい勝っておきたいし、こちらも騎手、馬ともに成長が問われる。最後にリーチザクラウン、武豊も意地があるでしょう。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セントライト記念 ローズS 阪神ジャンプS エルムS

シルバーウィークと称し、まるで馬名になりそうな5連休である。日曜日と月曜日の4重賞という華やかな開催だが、それなら予想は枠順がすべて確定する明日でも良いのだが習慣でとりあえず今日晒しておこう。長文は好まないのでスッキリと馬名を挙げていく程度。それではまず最初、セントライト記念の本命はアドマイヤメジャー、この冠の馬なら安藤は全力で乗ってくるだろう。以下買い目の3頭。ナカヤマフェスタは前走ダービーからで王道路線。後ろ過ぎる位置から尚且つ遅い末脚での4着は不気味。次にロードパンサー、代打田辺が怖い。田辺の複勝は結構買うほうなので、そういう意味ではここでも馬券圏内は十分ある。あとはヒカルマイステージ、騎乗する横山典も今は競馬どころではないだろうがさすがにプロ意識が強い。説明がつかない力を発揮する可能性はある。以上4頭のBOX買いで。

ローズステークスで本命に挙げるのはレッドデザイア、さすがにこの馬を外す予想は成り立たなかった。四位が乗る以上は押さえておく。以下買い目の3頭。まずはワイドサファイア、オークス除外という憂き目にあってしまったが鞍上次第ではGⅠを獲れる力は馬に備わっている。レース間が開いた分キッチリ仕上げていればここも買い。次にブロードストリート、いまいち煮え切れない感じだが今回の斤量なら末脚が生きるはず。最後にジェルミナル、人気になりそうな馬ばかりだが言ってしまえば藤原厩舎の3頭出しすべてを押さえたことになる。本命馬がヘグれば3頭がそっくりワンツースリーとなるかもしれない。とにかく以上4頭のBOX買いで。

阪神ジャンプステークスの本命はサンベルナール、新潟で好走しつつそのままの勢いで重賞勝ちといきたい。高野もよく乗っている、応援しようじゃないか。以下買い目の3頭。まずはミヤビペルセウス、高年齢だがやはり前走新潟での重賞の内容が良かった。年齢を加味して2番手評価。次にゼットコマンダー、一度平地に戻って再び障害を走ってみると小化けした。何かきっかけになるものがあったのか、一応押さえたい。最後はバトルブレーヴ、重賞常連でGⅠも経験している。鞍上の菊地との相性は相当に良いと見ている。以上4頭のBOXで。

エルムステークスのポイントはコースが札幌ではなく新潟だということに注目。ここでの本命はトランセンド、新潟滞在組では一番良い。新潟で乗っていた今年のリーディング内田も斤量53なら先行争いも楽勝。そのまま押してゴールか。以下買い目となる3頭。まずはクリールパッション、こっちは札幌で連勝しての登場。津村に乗り替わったが不安は無い。次にウォータクティクス、前走の汚名を返上すべくここに参戦してきた。藤田の逃げに期待する。最後はナムラハンター、前走準OPをトップハンデながら勝ちきったところに力を感じる。勝春もやるねぇ。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日CC 京成杯AH セントウルS

ようやく秋競馬開催。重賞3連発を景気良く当てたいところ。まずは朝日チャレンジカップ、本命に挙げるのはクラウンプリンセス、前走からのレース間も良くこの夏使ってきた結果もまずまず。その手綱を取った太宰にフィットしているのだろう。ヤネに重賞を獲らせるべく3度目の正直。人気薄で期待大だ。以下は買い目の3頭。対抗馬はマストビートゥルー、オープンだが前走勝ちしている。わざわざ武豊に乗り替えての勝負気配。人気の盲点になる予感だがそれでも連に絡む力はあるはず。次にコスモプラチナ、前走の内容は展開も悪く参考外。2走前には同コース、同距離で重賞勝ちもある。逃げて競りかけられなければ前残りする可能性は高い。押さえておきたい。最後にキャプテントゥーレ、明けて叩き2走目。GⅠ馬の底力に油断はしない。以上4頭のBOX買い。

京成杯オータムハンデの本命はヒカルオオゾラ、なかなか重賞を勝ちきれないが内容は上々。鞍上もそろそろ勝っておきたいところ。リーディング狙うならここはキッチリ乗ってくるだろう。中山でも末脚は切れるはず。以下買い目となる3頭。まずはバトルバニヤン、内枠の人気実力馬らが位置取りにごちゃつきそうなので、外から自由な展開に持ち込める分有利か。ノーマークならかなりオイシイ。次にゲイルスパーキー、前走は1番人気で惨敗したが完全に参考外。手綱が北村宏に戻ったことは実は評価している。それなりに相性も良く、後ろからでも脚が使える馬。先行争いが厳しい流れなら十分突っ込んでこれる。最後にエフティマイア、叩き2走目だが前走は悪くない。マイル路線でも十分戦える牝馬。同じく後ろからの競馬なので展開次第だが今回は流れが向くだろう。以上4頭のBOXで。

セントウルステークスで本命視するのはアルティマトゥーレ、外枠を引いてしまったが前に行く競馬なら問題はない。夏に使い詰めなかった分、ここでは粘れる可能性がある。ヤネの松岡の勢いに期待。以下買い目の3頭。ほぼ本命に近い対抗馬はスリープレスナイト、実績は言わずもがなだが阪神芝の経験が無い分差し引いた。よほどのことが無い限り勝ち負けするだろう。よほどの事になるとするなら牝馬の斤量57㎏か。次にサンダルフォン、前走の重賞勝ちはお見事。で、松永厩舎が勝負とみて四位を乗せてきた。そのへんに不気味さが漂う。流れに釣られず中段待機できれば面白い。最後にカノヤザクラ、昨年の覇者だが前走小倉で使ったのが余計だったか。力はあるので一応買い目に入れる評価とする。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

札幌2歳S 新潟2歳S 小倉2歳S

夏競馬のラストは苦手な2歳戦の重賞3連発。ここは距離経験や持ちタイムを重要視しつつ、騎手の手腕に頼った予想となった。つまり、いつもとはちょっと違うファクターからのアプローチなのでご了承願いたい。さて、まずは札幌2歳ステークスの本命に挙げたのはマイネアロマ、新馬戦は減量騎手の恩恵を受けてはいたが人気薄からの激走の結果なかなかのタイムで1800mを走っている。今回は札幌で鬼の藤田に乗り替わり非常に好気配であり、なんといってもマイネル馬の2歳戦ということで期待したい。以下買い目に入れる3頭。まずはロードシップ、やはり距離の経験を重要視しつつもヤネの松岡の勢いに注目。次にアーバンウィナー、新潟で新馬勝ちしつつも札幌にやってきた。やはり距離適性を評価しつつも宗像厩舎と田中勝のコンビはかなり大きなプラス材料。もう一つ注目したいのはタヤスツヨシ産駒ということだ。血統的にも面白いしマニアには外せない馬だろう。最後にモズ、ペースメーカーとして逃げる展開になるだろうが鞍上が吉田稔というのが実に魅力的だ。ここらでJRA重賞を獲っておくのも転籍に向けて一歩前進になるだろう。岩田からの乗り替わりで奮起を期待。以上4頭のBOX買い。実はポップコーンも買いたかったのだがヤネが五十嵐冬樹ということで敬遠した。地元なんだがなぁ、なんかね。

新潟コースは外枠がよく来るなどと個人的な研究結果を重視して7枠8枠だけで勝負したら大コケしたという苦い開催でもある。そんな新潟2歳ステークスの本命はブランビーブラック、新馬戦では人気薄での勝利だったが1600mのタイムは悪くなかった。出遅れを嫌って蛯名を軽視してたら、気が付いた頃に意外とローカルで勝っていたなんてことになる。ここは枠順も悪くなく本命に押してみる。以下買い目の3頭。まずはシンメイフジ、ここの岩田への乗り替わりは買いである。前走は間違いなく勝てるレースだったが惜敗してしまった。ヤネが追えるので距離延長はプラス材料。次にコスモセンサー、同じコスモなら外枠を引いたこちらだろう。コースの持ちタイムも上々。石橋脩もそろそろ重賞勝ちしてもいい頃だろう。十分勝ち負けになる。最後にクロフォード、騎乗停止明け内田の奮起に期待。一発か大コケかよく分からんのが正直なところ。以上4頭のBOX買いで。

この夏何度か足を運んだ小倉開催のラストである。暑き良き思い出だ。さて小倉2歳ステークスの本命はサリエル、小倉でよく走っている。初重賞も小倉で飾った松永幹夫厩舎の馬である。というか勝てば松永厩舎は小倉夏重賞3冠という話題性も出てくる。相性も含めてここは一押し。言っておくが1200mの持ちタイムも悪くない。以下買い目の3頭。まずはジュエルオブナイル、ヤネに鮫島良太を据えてきたが油断ならない。3年前にこのレースを制している。牝馬限定未勝利を勝ち上がってきたのはちょっと差し引きたいが、それでも勝ちっぷりは良かった。案外前での競馬が出来れば残れるかも。次にシャイン、鞍上の太宰がこちらを選んだようだが、まぁ九州産馬よりはこちらなのだろう。とにかく無欲で乗れれば重賞初制覇も見えてくるかも。最後にメイショウヘミング、メイショウ2頭出しならこちらだろうか。小倉、メイショウ、武となれば嫌でも買いたくなってしまう。現地にオーナーでも来てれば信頼度が高くなるんだがなぁ。持ちタイム的にはギリギリ勝ち負けだろうか。以上4頭のBOX買いで。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »