« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

スワンS 天皇賞・秋

さて毎日放送賞スワンステークス。本命はグラスキング、尾形厩舎でグラスとくれば誰でも期待するだろう。過去2走を岩田・内田で勝っており、今回乗り替わった武豊が負けられるはずがない。斤量55も有利と見ているので、ここは1着固定。以下、流す相手の5頭。ショウナンカザン、ボストンオー、クラウンプリンセス、キンシャサノキセキ、トレノジュビリー。以上、馬単5点流し。

さて、ここのところ本当にズバリという重賞予想になっていない。昔ながらのマイナー志向が頭をもたげ、人気馬をことごとく切り捨ててしまうのが良くないのだろう。秋競馬もいよいよ天皇賞・秋。注目馬も多く久々に好メンバーとなった。GⅠ馬7頭、2歳GⅠから皐月、ダービー、菊花のそれぞれの覇者もいれば宝塚、有馬のグランプリホースもいるしジャパンカップ馬もいる。古馬GⅠや牝馬GⅠ、さらに天皇賞連覇を狙うウオッカが不動の1番人気馬になるであろう。そこで今回の予想は予め断っておくがあえてウオッカを避けた。決して弱いからと言う訳ではなく、他に期待する馬から高配当を狙う、ただそれだけである。ここで本命に挙げたのはキャプテントゥーレ、おのおのがた油断なさるな皐月賞馬ぞ。これはもう余計な距離を走らず、2000mを勝つためにいる馬である。ここを勝たずしてどこで勝つのか。以下、買い目となる注目馬。まずはアドマイヤフジ、理由は先の馬に近い距離的な部分もあるが、なんといっても鞍上のスミヨンが不気味だ。小生の予想ファクターではハッキリと消せなかったので押さえておく。次にスマイルジャック、いつも名前を挙げるが勝ちきれていなかった。しかし上がりの脚は良いものを持っている。若手の活躍が目立つ中、いよいよ三浦の初GⅠに期待。そして外枠のホッコーパドゥシャ、今回は手綱を岩田に替えてきたが、人気薄の岩田は恐ろしいくらいに一発を決めてくる。最後の直線でゴチャつくような不利さえなければ抜けてくるかもしれない。あと1頭だけエイシンデピュティ、これはもう外枠、ヤネ戸崎ということで押さえたい。それに一応グランプリ馬だ。実は8枠3頭で買ってもいいくらいに思っているほど外枠を重視している。以上、5頭でBOX買い。買い目が多くなるのは人気馬を切っているからこそとご了承願いたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

富士S 菊花賞

富士ステークスの本命はザレマ、前走が鮮やかだった。とにかく今年はリーディング獲ると毎度言わせてもらっている内田という鞍上が強力すぎる。先行抜け出しでアッサリだろう。ここは軸馬に固定。以下、買い目として流す相手の5頭。レッドスパーダは内枠が気に入らず番手評価。ライブコンサートはヤネが岩田の時は本当に好成績なので買い。マイネルスケルツィは前で競馬が出来ればいつもの3着以内か。斤量も問題ないだろう。マイケルバローズにいたっては前走を獲らせて頂きお世話になった。ここは御祝儀馬券。あとはマイネルファルケ、重賞でもそんなに悪くは見えない。以上、馬連の5点流し。

菊花賞の本命はとにかくリーチザクラウン、京都3000mでヤネが武豊なら大丈夫だろう。ただ単純に逃げてしまうとちょっと心配だ。競り掛けてくる馬がいれば控えて好位で競馬してほしいし、単独ならガンガン逃げてほしい。ペースを作れればしっかり残れる。今回は1着固定で相手探し。以下、相手となる6頭。抽選組からスリーロールス、前走は条件戦ながらも上がりの脚は悪くない。父、菊花賞馬の血に期待。アントニオバローズの前走は参考外。本来ならステイヤーとして大成してもおかしくないと見ている。セイクリッドバレーも不気味だ。本命馬をマークする形で競馬が出来れば絡んでくるだろう。ポルカマズルカも抽選組だが押さえておきたい。今年のダービー馬ならずダービージョッキーによる奇跡があるか。ナカヤマフェスタイコピコについては前走を見れば買わずにいられないだろう。ただし本命馬を越えるほど評価出来なかった。以上、馬単の6点流し。余裕があれば1着固定の相手6頭で3連単。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京HJ デイリー杯2歳S 府中牝馬S 秋華賞

4重賞もあり長文も嫌なので買い目だけ書く。東京ハイジャンプの本命はエイシンボストン、買い目の3頭はマンノレーシング、テイエムトッパズレ、キングジョイ。以上4頭のBOX買い。

デイリー杯2歳ステークスでの本命はエーシンホワイティ、買い目の3頭としてアイファーマーチス、ダイワバーバリアン、ダノンパッションとする。以上4頭でBOX。

府中牝馬ステークスで本命視するのはムードインディゴ、買い目としてレジネッタ、ニシノブルームーン、ブラボーディジーの3頭。合計4頭のBOX買い。

秋華賞の本命はワイドサファイア、買い目の3頭はジェルミナル、ミクロコスモス、モルガナイト。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

毎日王冠 京都大賞典

時間がないので簡単に一筆。毎日王冠での本命はスマイルジャック、先週のGⅠでは下手に乗ってしまった三浦。汚名返上とばかりにここは巻き返し濃厚な手綱捌きとなるだろう。以下買い目の3頭。まずはヤマニンキングリー、この1年を振り返ると重賞は文句無しの成績に近い。あとは東京コース、ゴール前の坂だけが勝負どころか。次にサンライズマックス、レース間が空いてしまったが前走でのGⅠ4着はなかなか良かった。府中で鞍上岩田なら少しは期待できそうだが。あとはウオッカ、語るべくもなく実力馬。ただ最近の武豊がなぁ、あまり乗れてない気がする。とりあえず上記4頭のBOX買いで。

京都大賞典の本命はジャガーメイル、距離適性は完璧だろう。石橋の重賞初勝利もありそうな予感。いっちょ狙ってみるか。対抗に挙げるのはトーホウアラン、とりあえず連覇というのが流行っている昨今、ローテーションも去年と同じで分かりやすい。ヤネを鮫島に固定しているのも好感が持てる。さて残り2頭はオウケンブルースリマイネルキッツ、長距離GⅠ馬2頭で問題ないだろう。以上4頭のBOX買い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリウスS スプリンターズS

いきなり予想に入ろう。シリウスステークスの本命はトシナギサ、ダートのハンデ戦となるとどうしても斤量を重視してしまうが乗り替わりも含めてなかなか面白い存在。川田の追い方次第では鋭い末脚が見られるかも。以下、買い目の3頭。やはりハンデが重い馬は敬遠すべくまず挙げるのはアドマイヤダンク、放牧明けだが前走より斤量負担減は評価できる。最近目立たない岩田が手綱を取るがアドマイヤの馬なら手抜きは無いだろう。次にゴールデンチケット、芝使ったりダート使ったりと相変わらずな森厩舎だがダート戦での成績はなかなか良い。さらにヤネが武豊で好走している。とりあえず押さえる感じで。あとはナムラハンター、今回56kgを背負うが、準オープンを勝った時には更に重い負担重量で勝っている。あれがあったからこそ鞍上が田中勝でもここは買い。以上4頭のBOXで。

さてスプリンターズステークスだがズバリ本命はキンシャサノキセキ、三浦の初GⅠ勝ちに注目が集まりそうだが、それを踏まえてここは一押し。そもそも外国馬の参加が寂しすぎる現状なので少しでも色を付けるべくイギリス帰りの三浦で、となるわけだ。まぁ折り合い次第だろうが後ろに下げる競馬さえなければ十分なので今回は軸馬とする。以下、相手となる馬4頭。とにかくただ一頭、果敢にも参戦してきた外国馬シーニックブラスト、右周り未経験や騎手の乗り替わり等で評価が下がりぎみだろうが不気味さは変わらない。だからといってこのGⅠを勝ちきれるほどの評価には届かず、対抗までとした。その他3頭の選出は至って簡単で、言ってみればサクラバクシンオー産駒のカノヤザクラ、サンダルフォン、トレノジュビリーらである。外国馬は中山の坂で止まるので馬券的には切る、と血統に詳しい友人が助言してくれたが、自分の予想ファクターとして逆に血統的に重視したのがこの3頭というわけだ。血統評価としか言いようがないので他意は書きようがない。以上、軸馬から馬単4点流し。遊びぎみに軸馬1着固定で相手4頭の3連単マルチも今回購入してみたい。あと付け加えで申し訳ないが3連単には3着固定としてビービーガルダンだけ含めることをご了承願いたい。理由はヤネがアンカツだからとしか言えないが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »