« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

中山大障害 ラジオNIKKEI杯2歳S 有馬記念

障害フリークの至福というべき中山大障害。とりあえず買い目だけ。本命はテイエムトッパズレ、今年の成績は特筆もの。以下、買い目の3頭。トウカイポリシー、キングジョイ、ドングラシアスらを絡めた馬連BOXで勝負。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス。本命はヴィクトワールピサ、リーディング陥落目前の武豊が意地で重賞をもぎ取る感がアリアリ。以下、買い目の3頭。ヒルノダムール、メイショウホンマル、サクラエルドールらで馬連BOX買い。

いよいよ有馬記念。俗世間の風評はいっさい無視し、そこで本命に挙げるのはリーチザクラウン、逃げることが確定している馬がいる中で番手でマークして前で競馬がやりやすくなるだろう。ペースがハマれば一発と見た。伝説の新馬戦出身の意地を見せろ。以下、買い目の3頭。まずはスリーロールス、菊花賞を完璧なまでに乗りこなした人馬一体感がすばらしかった。勝利も見える。次にフォゲッタブル、久々に感じる長距離砲の予感。なんたってヤネがスミヨンからルメールという豪華バトンタッチ。菊花賞の後のひと叩きも勝利しつつ良い感じだ。最後にミヤビランベリ、こちらも距離ピッタリのステイヤー素材。もっとも穴馬の要素を備えている。一応押さえ。以上4頭のBOX買い。ブエナビスタは当日の馬体しだいで3着はあるかも程度の評価。よって3着固定の3連単か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知杯 朝日FS 阪神カップ

なんだかんだでローカル重賞の予想が案外順調。今回もあやかりたく緒戦の愛知杯。本命はニシノブルームーン、前走のエリザベス女王杯は参考外にして過去走は重賞でも悪くない。先行集団に付けて最終コーナーを抜けれれば中京の直線を先頭でゴールできるだろう。以下、買い目の3頭。筆頭はヒカルアマランサス、距離2000mが課題だが軽ハンデを加味すれば克服可能か。次にブラボーデイジー、生野の貴重な稼ぎ馬だったが先週が5ヶ月ぶりの復帰騎乗となっていた北村友一に乗り替わった。快気祝いの重賞となるかどうか。お得意の牝馬限定戦で魅せてもらいたい。最後にムードインディゴ、展開と末脚次第だがどうしても無視できない存在。鞍上がデムーロとくれば穴として期待したい。以上、4頭のBOX買いで。

阪神カップの本命はやはりキンシャサノキセキ、手綱も神の手デムーロに替わったことも安心感を与えてくれる。先行しても最後は速い脚を使えるという武器を最大限に活かして潜在能力を見せ付けてもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはザレマ、やはりヤネ北村友一の快気祝いと見ている。決して鞍上強化とは言えないが、どうして北村への乗り替わりなのかがカギだろう。次にアーバニティ、中央転厩後は非常に目立った戦績である。歯が立たなかったのはGⅠだけ。距離も最適と見ており、鞍上が横山典ならば一発は十分に考えられる。最後にマルカフェニックス、未勝利戦以来久々に角田騎乗となった。追い込み一辺倒だけに展開次第だが、最後は切れる。一応、昨年の勝ち馬として侮れない存在。以上、4頭のBOXで。

さて苦手な2歳戦となる朝日フューチュリティステークス、今回は怪物級と評価される程の馬は見当たらないがソコソコの馬は揃った感じ。そこで本命はエイシンアポロン、前走の勝ち方が非常に良かった。今回唯一のマル外ということで期待してみる。なんだかエイシンの馬というだけで絡んでくる気がするのは自分だけだろうか。以下、買い目に入れる3頭。まずダッシャーゴーゴー、勝負服見てると内田が乗ったら勝つんじゃないかと思えるが主戦騎手の佐藤哲三も2週連続重賞勝ちしてきており、現在乗りに乗っている。馬の課題としては距離くらいだろうか、とにかく買い目からは外せなさそう。次にトーセンファントム、リーディング獲得に向けて内田が本気で乗ってくるだろうし、GⅠ常連の厩舎サイドも今年はGⅠ未勝利。ここは何が何でも勝ちたいはずで、当然仕上げも超本気。ヤネの腕で馬が想像以上に走る可能性はある。最後にエスカーダ、穴馬と言えばそれまでだが前走1200mとはいえオープン戦を中山で勝っていることは評価したい。鞍上も未知数多いクラストゥスが続けて手綱をとる。日本でのGⅠ記念騎乗が初制覇になるかどうか。やっぱり未知数だが面白い存在なので馬券的には押さえておきたい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞杯 カペラS 阪神JF

いよいよ年末へと入る。重賞予想はイマイチだが、小生はグリーンチャンネルを見つつ1Rからしっかり買うので時にはドカンとした配当もあったりする。先週はルメール降着で馬券対象馬が繰り上がり、結果三連単700万という波乱もあったが、実はこのレースをしっかり的中させていたりする。もちろん三連単ではなかったが相当にBIGな配当を頂いたと記しておこう。さて今週もローカル重賞の中日新聞杯から。本命はトーセンジョーダン、前走鉄砲で十分な2着確保を見せた。今回は叩き2走目と順調なら突出した力を見せるはず。ヤネもスミヨンがそのまま乗ってくるのも有り難い。この馬は血統的にも評価している。では相手となる3頭。まずミッキーパンプキン、速い末脚がようやく勝ちに結びついた前走。斤量も減るし、この距離なら大丈夫だろう。次にマンハッタンスカイ、この馬の手綱は芹沢がよく似合う。折り合い次第では面白い存在。最後にレオマイスター、いかにもローカルっぽい馬と騎手。そんな意味ではここは狙いやすいと見た。あまり後ろ過ぎない位置取りで競馬をしてほしい。以上、4頭のBOX。

カペラステークスの本命はグランドラッチ、前走は大事な場面でヘグってしまった。乗り替わりとなったがここは先行抜け出しで大丈夫。前で競馬が出来れば不安もない。以下、買い目の3頭。まずはエノク、生野の支えとなっている稼ぎ馬である。スタートと位置取りだけがポイントなので騎手の力量に期待するのみ。次にダイワディライト、相当に強い馬に見える。鞍上がテン乗りの後藤というのが、どっちに転ぶか分からないがそれでも押さえておくべき馬だろう。最後にアウトクラトール、外枠となってしまったが不安はない。ここのところずっと外目の枠から結果を残している。騎手も木幡から田中勝春への乗り替わりなら前2走分の情報がしっかり伝わっているだろう。以上、4頭の馬連BOXで。

さて、なんと言っていいのやら。もはやどうでもよさそうなGⅠに見えてしまう阪神ジュベナイルフィリーズ。抽選突破した馬も、なんだかねぇ。苦しいメンツの中からとりあえず本命に挙げるのはシンメイフジ、あまり後ろから競馬してほしくないが最後の爆発的な末脚は恐ろしいくらいに切れる。阪神で新馬勝ちしている点も心強い。岩田よ、頼むぞ。以下、買い目に入れる3頭。まずはラナンキュラス、四位のお手馬ながら1番人気の過去3走は評価しよう。ただ前走は出し抜かれてしまったが、修正してくればやはり脅威と見ている。次にステラリード、乗り替わり組では一押し。デムーロの巧みな手綱さばきで一発を期待。最後にアパパネ、関東の刺客的存在だが決め手はある。マイル路線なら結構期待できそう。以上、4頭のBOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート

先週の重賞にはホトホト参った。人気馬を軸にしたとたんに飛んでしまうというナイスなオチを見せてくれようとは、競馬は奥が深い。さて気を取り直して今週のステイヤーズステークス、本命に推すのはフォゲッタブル、手綱がスミヨンに替わったのは心強いし斤量負担も少ないのが狙い目。長距離血統を素直に評価。以下、買い目の3頭。まずモンテクリスエス、これはもう適性距離4000mじゃないかと思うくらい長距離好き。かつてのエアダブリンを彷彿させてくれる貴重な馬。それでもGⅠで強豪と走った経験は活きてくると感じる。次にスノークラッシャー、これも典型的な穴馬の臭いがしてならない。ヤネが松岡に戻り、案外折り合ってくれそう。最後にザサンデーフサイチ、良血と騒がれながらも本当に走らない馬。良く見りゃ本命馬の全兄である。血統評価するなら本命馬と同じ馬となるので、一応押さえまで。あえて期待するならば鞍上のスボリッチの奇跡的騎乗くらいか。以上、4頭の馬連BOX買い。

鳴尾記念は微妙なメンバーが揃った。そんな中で本命視するのはイコピコ、先週のルメールの騎乗を見せ付けられてしまったからにはこの乗り替わりは一押ししたい。この馬で先行抜け出しされれば他の馬は太刀打ち出来ないだろう。以下、買い目に入れる3頭。まずアクシオン、準オープンでは活躍著しい。そういう意味ではここが非常に狙いやすい重賞だろう。久々に藤田の追い込みが見たいところ。次にライブコンサート、前走を見るとあのカンパニーから0.5秒差、一緒になだれ込んだ馬たちは実力馬ばかり。比較の対象が凄まじく、ここでも上位評価せざるを得ない。とりあえず唯一のマル外馬として押さえ。最後にスマートギア、前走は不可解だったが手綱が武豊なら堅実の部類だろう。馬場さえ良ければ切れない一頭。以上、4頭のBOXで。

ジャパンカップダート、もちろんお祭りレースとして認識している。が、外国馬1頭、地方馬1頭とさほど気にしなくてもいいのかもしれない。では個人的予想法で導き出した本命は何かというとヴァーミリアン、格はどうあれGⅠを8勝した馬である。このサイトでもずいぶん前からダートでは最強と言ってきた手前、ここでも本命に推す。ダートならGⅠ10勝すると見ている。以下、相手となる3頭。まずは外国馬ティズウェイ、予想ファクター的にはまったくの謎なのだが、血統は個人的に好みな配合である。あとは調教師の名前が素晴らしい。7番枠に入ってきたからには、これはもう買わずにはいられない。次にワンダーアキュート、重賞2連を含む3連勝馬。和田との相性も良いのが評価できる。外枠にワンダー2頭というのも気になるが、最内の馬との先行争いでも負けないと見ている。最後にシルクメビウス、面白い存在と言ってしまえばそれまでだが、只今絶好調騎手の田中博康に初重賞を今年プレゼントした馬。無欲で乗ればこの秋2度目のGⅠ制覇があるかも。以上、4頭の馬連BOX。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »