« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート

先週の重賞にはホトホト参った。人気馬を軸にしたとたんに飛んでしまうというナイスなオチを見せてくれようとは、競馬は奥が深い。さて気を取り直して今週のステイヤーズステークス、本命に推すのはフォゲッタブル、手綱がスミヨンに替わったのは心強いし斤量負担も少ないのが狙い目。長距離血統を素直に評価。以下、買い目の3頭。まずモンテクリスエス、これはもう適性距離4000mじゃないかと思うくらい長距離好き。かつてのエアダブリンを彷彿させてくれる貴重な馬。それでもGⅠで強豪と走った経験は活きてくると感じる。次にスノークラッシャー、これも典型的な穴馬の臭いがしてならない。ヤネが松岡に戻り、案外折り合ってくれそう。最後にザサンデーフサイチ、良血と騒がれながらも本当に走らない馬。良く見りゃ本命馬の全兄である。血統評価するなら本命馬と同じ馬となるので、一応押さえまで。あえて期待するならば鞍上のスボリッチの奇跡的騎乗くらいか。以上、4頭の馬連BOX買い。

鳴尾記念は微妙なメンバーが揃った。そんな中で本命視するのはイコピコ、先週のルメールの騎乗を見せ付けられてしまったからにはこの乗り替わりは一押ししたい。この馬で先行抜け出しされれば他の馬は太刀打ち出来ないだろう。以下、買い目に入れる3頭。まずアクシオン、準オープンでは活躍著しい。そういう意味ではここが非常に狙いやすい重賞だろう。久々に藤田の追い込みが見たいところ。次にライブコンサート、前走を見るとあのカンパニーから0.5秒差、一緒になだれ込んだ馬たちは実力馬ばかり。比較の対象が凄まじく、ここでも上位評価せざるを得ない。とりあえず唯一のマル外馬として押さえ。最後にスマートギア、前走は不可解だったが手綱が武豊なら堅実の部類だろう。馬場さえ良ければ切れない一頭。以上、4頭のBOXで。

ジャパンカップダート、もちろんお祭りレースとして認識している。が、外国馬1頭、地方馬1頭とさほど気にしなくてもいいのかもしれない。では個人的予想法で導き出した本命は何かというとヴァーミリアン、格はどうあれGⅠを8勝した馬である。このサイトでもずいぶん前からダートでは最強と言ってきた手前、ここでも本命に推す。ダートならGⅠ10勝すると見ている。以下、相手となる3頭。まずは外国馬ティズウェイ、予想ファクター的にはまったくの謎なのだが、血統は個人的に好みな配合である。あとは調教師の名前が素晴らしい。7番枠に入ってきたからには、これはもう買わずにはいられない。次にワンダーアキュート、重賞2連を含む3連勝馬。和田との相性も良いのが評価できる。外枠にワンダー2頭というのも気になるが、最内の馬との先行争いでも負けないと見ている。最後にシルクメビウス、面白い存在と言ってしまえばそれまでだが、只今絶好調騎手の田中博康に初重賞を今年プレゼントした馬。無欲で乗ればこの秋2度目のGⅠ制覇があるかも。以上、4頭の馬連BOX。

|

« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鳴尾記念オメ。久々のヒットですね。藤田→武でかなり儲けさせて頂きました。明日もヨロシクです。

投稿: デムーロ | 2009年12月 5日 (土) 16時36分

自分もここを見てアクシオンを買った。
「狙いやすい重賞」という部分に同感して馬単で当てさせて頂きました。また見ます。

投稿: 藤田 | 2009年12月 8日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート:

« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »