« ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート | トップページ | 愛知杯 朝日FS 阪神カップ »

中日新聞杯 カペラS 阪神JF

いよいよ年末へと入る。重賞予想はイマイチだが、小生はグリーンチャンネルを見つつ1Rからしっかり買うので時にはドカンとした配当もあったりする。先週はルメール降着で馬券対象馬が繰り上がり、結果三連単700万という波乱もあったが、実はこのレースをしっかり的中させていたりする。もちろん三連単ではなかったが相当にBIGな配当を頂いたと記しておこう。さて今週もローカル重賞の中日新聞杯から。本命はトーセンジョーダン、前走鉄砲で十分な2着確保を見せた。今回は叩き2走目と順調なら突出した力を見せるはず。ヤネもスミヨンがそのまま乗ってくるのも有り難い。この馬は血統的にも評価している。では相手となる3頭。まずミッキーパンプキン、速い末脚がようやく勝ちに結びついた前走。斤量も減るし、この距離なら大丈夫だろう。次にマンハッタンスカイ、この馬の手綱は芹沢がよく似合う。折り合い次第では面白い存在。最後にレオマイスター、いかにもローカルっぽい馬と騎手。そんな意味ではここは狙いやすいと見た。あまり後ろ過ぎない位置取りで競馬をしてほしい。以上、4頭のBOX。

カペラステークスの本命はグランドラッチ、前走は大事な場面でヘグってしまった。乗り替わりとなったがここは先行抜け出しで大丈夫。前で競馬が出来れば不安もない。以下、買い目の3頭。まずはエノク、生野の支えとなっている稼ぎ馬である。スタートと位置取りだけがポイントなので騎手の力量に期待するのみ。次にダイワディライト、相当に強い馬に見える。鞍上がテン乗りの後藤というのが、どっちに転ぶか分からないがそれでも押さえておくべき馬だろう。最後にアウトクラトール、外枠となってしまったが不安はない。ここのところずっと外目の枠から結果を残している。騎手も木幡から田中勝春への乗り替わりなら前2走分の情報がしっかり伝わっているだろう。以上、4頭の馬連BOXで。

さて、なんと言っていいのやら。もはやどうでもよさそうなGⅠに見えてしまう阪神ジュベナイルフィリーズ。抽選突破した馬も、なんだかねぇ。苦しいメンツの中からとりあえず本命に挙げるのはシンメイフジ、あまり後ろから競馬してほしくないが最後の爆発的な末脚は恐ろしいくらいに切れる。阪神で新馬勝ちしている点も心強い。岩田よ、頼むぞ。以下、買い目に入れる3頭。まずはラナンキュラス、四位のお手馬ながら1番人気の過去3走は評価しよう。ただ前走は出し抜かれてしまったが、修正してくればやはり脅威と見ている。次にステラリード、乗り替わり組では一押し。デムーロの巧みな手綱さばきで一発を期待。最後にアパパネ、関東の刺客的存在だが決め手はある。マイル路線なら結構期待できそう。以上、4頭のBOX買いで。

|

« ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート | トップページ | 愛知杯 朝日FS 阪神カップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中日新聞杯 カペラS 阪神JF:

« ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート | トップページ | 愛知杯 朝日FS 阪神カップ »