« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ラジオNIKKEI杯2歳S 有馬記念 »

愛知杯 朝日FS 阪神カップ

なんだかんだでローカル重賞の予想が案外順調。今回もあやかりたく緒戦の愛知杯。本命はニシノブルームーン、前走のエリザベス女王杯は参考外にして過去走は重賞でも悪くない。先行集団に付けて最終コーナーを抜けれれば中京の直線を先頭でゴールできるだろう。以下、買い目の3頭。筆頭はヒカルアマランサス、距離2000mが課題だが軽ハンデを加味すれば克服可能か。次にブラボーデイジー、生野の貴重な稼ぎ馬だったが先週が5ヶ月ぶりの復帰騎乗となっていた北村友一に乗り替わった。快気祝いの重賞となるかどうか。お得意の牝馬限定戦で魅せてもらいたい。最後にムードインディゴ、展開と末脚次第だがどうしても無視できない存在。鞍上がデムーロとくれば穴として期待したい。以上、4頭のBOX買いで。

阪神カップの本命はやはりキンシャサノキセキ、手綱も神の手デムーロに替わったことも安心感を与えてくれる。先行しても最後は速い脚を使えるという武器を最大限に活かして潜在能力を見せ付けてもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはザレマ、やはりヤネ北村友一の快気祝いと見ている。決して鞍上強化とは言えないが、どうして北村への乗り替わりなのかがカギだろう。次にアーバニティ、中央転厩後は非常に目立った戦績である。歯が立たなかったのはGⅠだけ。距離も最適と見ており、鞍上が横山典ならば一発は十分に考えられる。最後にマルカフェニックス、未勝利戦以来久々に角田騎乗となった。追い込み一辺倒だけに展開次第だが、最後は切れる。一応、昨年の勝ち馬として侮れない存在。以上、4頭のBOXで。

さて苦手な2歳戦となる朝日フューチュリティステークス、今回は怪物級と評価される程の馬は見当たらないがソコソコの馬は揃った感じ。そこで本命はエイシンアポロン、前走の勝ち方が非常に良かった。今回唯一のマル外ということで期待してみる。なんだかエイシンの馬というだけで絡んでくる気がするのは自分だけだろうか。以下、買い目に入れる3頭。まずダッシャーゴーゴー、勝負服見てると内田が乗ったら勝つんじゃないかと思えるが主戦騎手の佐藤哲三も2週連続重賞勝ちしてきており、現在乗りに乗っている。馬の課題としては距離くらいだろうか、とにかく買い目からは外せなさそう。次にトーセンファントム、リーディング獲得に向けて内田が本気で乗ってくるだろうし、GⅠ常連の厩舎サイドも今年はGⅠ未勝利。ここは何が何でも勝ちたいはずで、当然仕上げも超本気。ヤネの腕で馬が想像以上に走る可能性はある。最後にエスカーダ、穴馬と言えばそれまでだが前走1200mとはいえオープン戦を中山で勝っていることは評価したい。鞍上も未知数多いクラストゥスが続けて手綱をとる。日本でのGⅠ記念騎乗が初制覇になるかどうか。やっぱり未知数だが面白い存在なので馬券的には押さえておきたい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

|

« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ラジオNIKKEI杯2歳S 有馬記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知杯 朝日FS 阪神カップ:

« 中日新聞杯 カペラS 阪神JF | トップページ | 中山大障害 ラジオNIKKEI杯2歳S 有馬記念 »