« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

日経賞 毎日杯 マーチS 高松宮記念

4重賞となると不本意ながら長文になってしまう。なのでかなり内容は割愛させて頂くのでご了承願いたい。最初は日経賞から。去年のダービー馬がようやく参戦してくるが、ここは切らせてもらう。本命はナムラクレセント、近走は中距離で結果を出してきているが一昨年はバリバリの長距離路線で快走していた。かなりマニアックな血統だが人気の盲点になるなら非常に面白い。以下、買い目の3頭。まずはマイネルキッツ、天皇賞馬を侮ることなかれ。昨年は強豪とのレースが多かったが、それにしても後ろからの競馬が目に付きすぎた。天皇賞は先行抜け出しで勝っているんだから、あれと同じ乗り方ができればちょっとやそっとでは負けないだろう。次にマイネルアワグラス、超ダート馬ながら何故か出てきた。お手馬が被った松岡も残念だろうが、ここは距離適性のみ重視。あとはトリビュートソング、重賞初挑戦で気を吐くか。以上4頭の馬連BOX。

毎日杯での本命はダノンシャンティ、前2走の重賞は相手も強かったし内容も悪くない。今回のメンバーなら力関係は上。対抗に挙げるのはルーラーシップ、良血だと騒がれるだけあり爆発力はある。岩田の乗り方次第だが、気持ちが入れば快勝もありうる。最後にミッションモード、前走ではあの返し馬時の事故によりレースにならなかった。調子維持でここに出てきた為に一応押さえる。以上、3頭の馬連BOX。

マーチステークスの本命はモンテクリスエス、前走いきなりダートで勝ったのには驚いた。芝での実績だけならこのメンバーでは抜けているだけに、鞍上強化も加えてここは買い。以下、買い目の3頭。まずはマコトスパルビエロ、ハンデは重くついたがダート重賞なら買わないわけにいかない。次にゲンパチタキオン、前走の一発もさながら江田に乗り替わったのも面白い。あとはクリールパッション、近走の堅実な走りは見事。崩れないのは魅力。以上4頭の馬連BOX買いで。

さて春のGⅠが始まる。緒戦は高松宮記念。本命にするのはビービーガルダン、ちょっと手薄なメンバーだが、この馬のゴール前強襲は恐ろしい末脚を見せる。ひと叩き入って今回は注目する。以下、買い目の3頭。まずはエーシンフォワード、前走の勝ちっぷりは強かった。安定度もありここは押さえ。次にアルティマトゥーレ、同じ勝負服が他枠では同枠という中で唯一内枠に入った。今年は気味が悪いくらい調子良く勝っている横山典がヤネなら買いか。最後にプレミアムボックス、今度こそはと思いながらも何度も勝ちきれないレースが続く。脚を余すのが不満だ。後ろにつけずに前で競馬してくれれば勝負になるんだがな。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーC ファルコンS スプリングS 阪神大賞典

JRAへの愚痴をつきながらも馬券予想は精彩を欠いてしまった。立て直すべく今週も4重賞へいざ行かん。最初はフラワーカップから。本命はオウケンサクラ、関西からの遠征組では一番良く見える。乗り替わったヤネが関東の後藤ということで一変アリと見た。後ろすぎない位置取りが望ましい。以下、買い目の3頭。まずはコスモネモシン、前走の重賞勝ちには正直驚いたが、よくよく考えれば3歳馬・コスモの馬・石橋脩という組み合わせならば今年に限っては買いの部類に入るのだろう。相性の適性だろうが、速い末脚が使えるのはこの騎手のときだけらしい。次にサンテミリオン、距離適性を考えつつ使われており、なおかつデビュー2連勝。絶好調横山典の手綱なら押さえるのみ。最期にダンシングマオ、先行あるのみなので内枠なら買いか。オリンピック直後だし、なんとなく名前からして2着はありそうな予感。以上4頭の馬連BOX買い。

中日スポーツ賞ファルコンステークスの本命はドリームフォワードとした。前走1200mを走っている馬の中では持ちタイムは優秀。あとは代打騎乗の太宰次第。狙え初重賞。以下、買い目の3頭。まずセイウンオウサムエーシンダックマン、2走前に本命馬と激戦の末僅差で敗退。その後ひと叩き入れ2頭とも勝ち上がってきたことは評価に値する。成績順でこの2頭。そしてもう一頭ジュエルオブナイル、重賞勝ちの実績もありこの距離なら堅実か。鞍上強化の部類として押さえまで。以上4頭の馬連BOX。

結構なメンバーが揃った感もあるフジテレビ賞スプリングステークス。2歳王者が出てくるとなれば盛り上がらないわけもない。しかし単純に本命視しても面白くないので、ここで1番手に挙げるのはサクラエルドール、前走重賞では実力馬に負けはしたが敗因はある。今回はもともと手綱を持った福永が戻り、態勢良好。一発を狙いたい。以下買い目の3頭。まずはサンライズプリンス、これはもうクラシックを見据えたローテー。先行抜け出しの戦術も徹底している。あとは騎手がどれだけ強いハートで望めるかどうかだけ。次にアリゼオ、良血で十分上を狙える馬。前走敗戦ながらも勝ち馬との差は無きに等しい。横山への乗り替わりで修正可能。そして最後にローズキングダム、なにも言うこと無しの外せない買い目。以上4頭の馬連BOXで。

もうちょっと面子はなんとかならんかったんかと思う阪神大賞典。一応GⅠ馬が1頭いるものの、ずいぶん前の話として影は薄い。仕方ないので本命はホクトスルタン、昨年ひとつも勝てなかった馬を本命にするのもどうかと思ったが、武豊が手綱ということで推してみる。テン乗りだがこの馬には天皇賞4代制覇という夢がかかっており、その3代目を導いたのが武豊だ。いわば夢馬券的な意味が大きいが、その方向で考えるならば距離適性は十分あると見ている。つまり前哨戦なら騎手の腕次第で上位可能と見ている。以下、買い目の3頭。まずはニホンピロレガーロ、人気薄で絡んでくる時にはお世話になった。乗り続ける酒井もそろそろこの馬で一発がほしいところ。次にジャミール、若い馬ながらも掲示板を外さない堅実さは評価できる。晩成ならば安藤の手綱で今回の相手関係上、十分計算できる馬だろう。最後にベルウッドローツェ、長距離路線では頭角を現してきており期待はできる。しかしヤネがそれなりに上手かったらの話。とりあえず乗り替わりを考慮しつつも今回は押さえる。結果次第で次回から切るかも。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神SJ 中京記念 中山牝馬S フィリーズレビュー

温厚な小生でも納得がいかないことが続きアタマにきているのでちょっと書かせてもらう。買い目の馬が対象だったということも大きな理由だが。まずは小倉大賞典。ドリームサンデーがゲート誤作動(?)により逸走し消耗したにもかかわらず、そのまま出走可能と判断されたこと。もうひとつ、弥生賞でミッションモードが返し馬の際、馬が跳ねて背中が地面に付くほど転倒し騎手は落馬したにもかかわらず、なんの検査もなくそのまま出走したこと。どちらももはや事件だ。JRAはよくこういった不可解な事が起こる。つまり『公正でない』状態が発生したにもかかわらず、何の説明もなく流してしまうこと。過去にも斤量不足事件なんかも同様だ。何が「公正な競馬」だ、聞いて呆れる。普通に常識で考えても「出走取消して返金しないとマズイだろ、それは」と思うがね。とにかく不満の吐きどころがなかったので少し愚痴った。スマン。さて今週は4重賞。長文になっても申し訳ないので少々割愛。まずは阪神スプリングジャンプ、本命はテイエムトッパズレ。買い目はテイエムハリアー、トーワベガ、トウカイポリシーを含めた4頭の馬連BOXで。

トヨタ賞中京記念の本命はサンライズベガで、あとの買い目はモエレビクトリー、エアシャトゥーシャ、ナリタクリスタルを含めた4頭馬連BOX買い。

日曜中山メインはローレル競馬場賞中山牝馬ステークス。牝馬限定オープンにみられるいつもの顔ぶれだ。そんな中で本命視するのはブラボーデイジー、前走はダート交流重賞で花火を上げた。これまでずっと芝での実績を評価してきただけに、これには驚いたが、とりあえず今回は中心に置く。かつてGⅠでウオッカの2着にきた馬である。潜在能力は侮れない。不安材料はテン乗りの鞍上だけだろう。以下、買い目の3頭。まずはウェディングフジコ、引退した菊沢と息の長いコンビのお手馬であり一度重賞を獲らせてあげたかった。とにかく、近走はダートで好成績となり何か復調のきっかけを掴めそう。厳しいようだが乗り替わりが吉と出れば面白い。次にブライディアパルス、長い休養明け後はコンスタントに大崩れなく走っている。過去2走は条件、準オープンながらも坂のあるコースで完勝した。勢いならこの馬か。最後にザレマ、牝馬戦の代名詞のような馬だがいよいよ引退と聞いた。最後の門出は安藤の手綱。お祝い馬券の意味も含めて買い。以上4頭の馬連BOX。

怪物誕生かと騒がれる今年の報知杯フィリーズレビュー。本命にするのはラナンキュラス、お手馬が被った四位が選んだほう。実績上位なので当然だが、一応評価としては前走GⅠでは後ろからの競馬が裏目に出てしまった。馬群で前が塞がってしまったのが敗因。それさえ修正できれば圧勝か。以下、買い目となる3頭。まずはやっぱりテイラーバートン、重賞3着が続いたため今回トライアル出走してきた。能力的にも問題なし。次にロジフェローズ、関東の期待馬が早くから栗東入りして調子を合わせてきた。ヤネは横山典で万全の体制か。最後にラブミーチャン、怪物になれるかどうかだがダートの走りを見る限り短距離は速そうという印象。期待を込めた応援馬券で。ちなみに何故か中央出走時には騎手表記が濱口でなく『浜口』になるのかが不思議だ。以上4頭の馬連BOXで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

先週は本当に参った。小生の予想は枠順確定後の金曜日中に晒しているので、レース当日の馬場状態や馬体重についてはまったく考慮されていない。なのでそこに大幅な不測の事態が発生すれば、やはり再考が必要となってしまう。言い訳ではなく、もしここの予想を参考にしている方ならばご注意願いたいということだ。しかしあの道悪には参ったねホント。勝った馬は道悪の鬼。あと、ついでに言っておきますが、人気についてもまったく不明。なにせオッズすら出ていない時に予想しているので、これは人気にならないだろうなと思った馬が上位人気だったり、人気になるだろうなと思って敬遠した馬が実際には人気にならなかったり、しかもその人気薄が連対してくるという悪循環が頻繁にある。愚痴から書いたが基本的にはここの予想目は確実に購入していますので、あしからず。さて3重賞。土曜日の夕刊フジオーシャンステークスから。本命はプレミアムボックス、なにより一緒に出走しているGⅠ馬を選ばずこちらに乗ってきた幸に注目。ここが最終判断となったのだろう、馬自体もヤネが幸ならヘグりは無い。前走は斤量がややきつかったと感じる。2年前には勝っているレースだけに、年齢を重ねて強くなった同馬を再評価。以下、買い目の3頭。まずはエーシンビーセルズ、万全の体制で2度目の関東お目見えだ。勝算がなければ遠征しないだろうし、ヤネに柴田善を据えての必勝体勢。早い流れになれば一発は十分。次にランチボックス、こちらもテン乗りで鞍上は後藤。関東のレースなら関東の騎手というナイスなマッチングに期待が膨らむ。斤量1㎏減を活かせるかどうか。最後にシンボリグラン、マル外組ならこの馬が一番よく見える。戸崎という好調な地方騎手を確保できたことが何よりでかい。先週など毎レース戸崎から総流しでボロ儲けしたくらいだ。人気にかかわらず持ってこれるだけの腕っぷしがあるだけに十分狙える。以上4頭の馬連BOX。キンシャサノキセキについてはヤネの乗り替わりと斤量増を理由に切った。

関西ではチューリップ賞。おなじみ苦手3歳戦である。が、ここは本命にアパパネを挙げる以外にない。いつものように大外枠を確保。万が一、いやもっと確率的には高いだろうが出遅れてもフォローできる位置だし阪神1600mなら流れも速い。後ろからでも十分届くだけの脚が使えるし、関東馬がただ一頭、しかも2歳女王がわざわざこのレースを選ぶ理由はそこにあるだろう。以下、相手となる4頭。まずはエーシンリターンズ、前走は人気薄の一発だったが今回は鞍上が岩田に替わった。いつも言う通り、理由無き激走があるだけに押さえるのみ。阪神コースを経験している分、上位評価か。次にヴィクトリーマーチ、同じくエルフィンS組からだが、ここは実力通りの評価。ただし阪神未経験分、不安あり。そしてまたエルフィンS組からグリューネワルト、前走はヤネのミスで沈んでしまったが今回は福永の手綱。やはり実力は評価しているのでここでも買い。最後にワイルドラズベリー、前走オープンを浜中が完璧に乗った。牝馬限定戦なら面白い存在だろう。以上の相手4頭へ本命1着固定の馬単4点流し。

楽しみとなった報知杯弥生賞。今年も弥生賞男こと武豊が人気馬で参戦している。しかし本命はミッションモード、藤沢厩舎が内田をヤネに臨戦態勢である。武豊も凄いが去年はその武を押さえてリーディング獲った男である。厩舎力、馬の実力と合わせて騎手の腕でここは本命視したと言っておこう。以下、相手の3頭。まずはやはりヴィクトワールピサ、これまでの勝ち方にはやや不満だが、このレースでは武豊補正を入れてやはりプラス評価せざるを得ない。クラシック獲りたいなら、ここを取りこぼすことは許されないだろう。次にダイワバーバリアン、2000m未経験馬が多く見られる中でこの馬においては距離延長がプラスに出ると見ている。血統的にもそう見えるが、過去の惜敗のほとんどにおいて、直線があともう少しあればというような内容。一応、押さえ。最後にダイワファルコン、同じく距離が伸びて再評価した馬。先行して最内に付けれれば案外しぶとく残る可能性はある。以上4頭の馬連BOX買いで。今回は実績馬でもマイラーっぽい馬は切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »