« アーリントンC 中山記念 阪急杯 | トップページ | 阪神SJ 中京記念 中山牝馬S フィリーズレビュー »

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

先週は本当に参った。小生の予想は枠順確定後の金曜日中に晒しているので、レース当日の馬場状態や馬体重についてはまったく考慮されていない。なのでそこに大幅な不測の事態が発生すれば、やはり再考が必要となってしまう。言い訳ではなく、もしここの予想を参考にしている方ならばご注意願いたいということだ。しかしあの道悪には参ったねホント。勝った馬は道悪の鬼。あと、ついでに言っておきますが、人気についてもまったく不明。なにせオッズすら出ていない時に予想しているので、これは人気にならないだろうなと思った馬が上位人気だったり、人気になるだろうなと思って敬遠した馬が実際には人気にならなかったり、しかもその人気薄が連対してくるという悪循環が頻繁にある。愚痴から書いたが基本的にはここの予想目は確実に購入していますので、あしからず。さて3重賞。土曜日の夕刊フジオーシャンステークスから。本命はプレミアムボックス、なにより一緒に出走しているGⅠ馬を選ばずこちらに乗ってきた幸に注目。ここが最終判断となったのだろう、馬自体もヤネが幸ならヘグりは無い。前走は斤量がややきつかったと感じる。2年前には勝っているレースだけに、年齢を重ねて強くなった同馬を再評価。以下、買い目の3頭。まずはエーシンビーセルズ、万全の体制で2度目の関東お目見えだ。勝算がなければ遠征しないだろうし、ヤネに柴田善を据えての必勝体勢。早い流れになれば一発は十分。次にランチボックス、こちらもテン乗りで鞍上は後藤。関東のレースなら関東の騎手というナイスなマッチングに期待が膨らむ。斤量1㎏減を活かせるかどうか。最後にシンボリグラン、マル外組ならこの馬が一番よく見える。戸崎という好調な地方騎手を確保できたことが何よりでかい。先週など毎レース戸崎から総流しでボロ儲けしたくらいだ。人気にかかわらず持ってこれるだけの腕っぷしがあるだけに十分狙える。以上4頭の馬連BOX。キンシャサノキセキについてはヤネの乗り替わりと斤量増を理由に切った。

関西ではチューリップ賞。おなじみ苦手3歳戦である。が、ここは本命にアパパネを挙げる以外にない。いつものように大外枠を確保。万が一、いやもっと確率的には高いだろうが出遅れてもフォローできる位置だし阪神1600mなら流れも速い。後ろからでも十分届くだけの脚が使えるし、関東馬がただ一頭、しかも2歳女王がわざわざこのレースを選ぶ理由はそこにあるだろう。以下、相手となる4頭。まずはエーシンリターンズ、前走は人気薄の一発だったが今回は鞍上が岩田に替わった。いつも言う通り、理由無き激走があるだけに押さえるのみ。阪神コースを経験している分、上位評価か。次にヴィクトリーマーチ、同じくエルフィンS組からだが、ここは実力通りの評価。ただし阪神未経験分、不安あり。そしてまたエルフィンS組からグリューネワルト、前走はヤネのミスで沈んでしまったが今回は福永の手綱。やはり実力は評価しているのでここでも買い。最後にワイルドラズベリー、前走オープンを浜中が完璧に乗った。牝馬限定戦なら面白い存在だろう。以上の相手4頭へ本命1着固定の馬単4点流し。

楽しみとなった報知杯弥生賞。今年も弥生賞男こと武豊が人気馬で参戦している。しかし本命はミッションモード、藤沢厩舎が内田をヤネに臨戦態勢である。武豊も凄いが去年はその武を押さえてリーディング獲った男である。厩舎力、馬の実力と合わせて騎手の腕でここは本命視したと言っておこう。以下、相手の3頭。まずはやはりヴィクトワールピサ、これまでの勝ち方にはやや不満だが、このレースでは武豊補正を入れてやはりプラス評価せざるを得ない。クラシック獲りたいなら、ここを取りこぼすことは許されないだろう。次にダイワバーバリアン、2000m未経験馬が多く見られる中でこの馬においては距離延長がプラスに出ると見ている。血統的にもそう見えるが、過去の惜敗のほとんどにおいて、直線があともう少しあればというような内容。一応、押さえ。最後にダイワファルコン、同じく距離が伸びて再評価した馬。先行して最内に付けれれば案外しぶとく残る可能性はある。以上4頭の馬連BOX買いで。今回は実績馬でもマイラーっぽい馬は切った。

|

« アーリントンC 中山記念 阪急杯 | トップページ | 阪神SJ 中京記念 中山牝馬S フィリーズレビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンS チューリップ賞 弥生賞:

« アーリントンC 中山記念 阪急杯 | トップページ | 阪神SJ 中京記念 中山牝馬S フィリーズレビュー »