« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

金鯱賞 東京優駿 目黒記念

いよいよダービーウィークとなった。しかし同時にGⅡが2レースも組まれていることが個人的には嬉しい。しかし長文は書きたくないのでダービー以外はサラッと買い目だけ程度に、とりあえず金鯱賞から。本命はドリームサンデー、とにかく先行してくれるのでいつも買っている。ペースが速くなってしまうと楽しみのカケラもない。以下、買い目の3頭。ホワイトピルグリム、ナムラクレセント、タスカータソルテ。以上、4頭の馬連BOXで。前走重賞勝ちしている2頭はレース間がどうしても気になるので切った。

では日本ダービーこと東京優駿の予想といこうか。大勢の人が色々と思考し予想をする中で十人十色の意見もあろうが、穴狙いの小生としては不本意ながら今回は皐月賞1、2、3着馬を買わせて頂く。特に今年のGⅠはほとんど1番人気馬が絡んできていることも影響しているのかもしれん。デカイ配当を狙う身としては断腸の思いである。ただ、自己流予想方法で出した結果なので、とりあえずは聞いてもらいたい。本命はヴィクトワールピサ、これはもう外すと言うほうが難しいだろう。皐月賞でも本命視しただけに、結果を出してくれた馬を切るわけにはいかない。前回同様、とにかく折り合いだけ注意すべし。以下、買い目の3頭。まずは皐月賞2着したヒルノダムール、末脚爆発も期待したいが流れが落ち着くなら前でも十分競馬が出来ると見ている。今回は皐月賞馬をマークで逆転が狙える。次に皐月賞3着エイシンフラッシュ、同じく末脚を見せた前走だが今回は最内枠となってしまった。ボジションを下げようものなら最後方になってしまうだろうし、展開次第ではゴチャつく馬群に入らざるをえない。しかし過去の重賞やオープンでは先行策で勝利しているわけで、この大舞台で勝負に出るなら先行抜け出ししかないだろう。あとは内田博の腕に賭ける。最後に1頭コスモファントム、逃げ馬不在の中で唯一先行若しくは逃げれる馬といえばこの馬しかいない。暮れのレースをモノサシにするなら皐月賞馬とはクビ差しかなかったわけで、他馬が牽制し合う中で完璧に展開がハマれば大波乱もアリだ。それに唯一のマル外というのも注目。以上、馬連BOXで勝負。

落ち着く間もない目黒記念となるだろうが本命はコパノジングー、長距離で使える上がり33秒台を持つのが気に入った。これなら外枠から後方待機策でも戦える。対抗馬にトウショウデザートを挙げる、こちらは逆に最内枠からだが同じく33秒台の上がりでこれる。軽ハンデを活かしたい。3番手評価はモンテクリスエス、前走のダート重賞は参考外。本来なら芝のステイヤーとして活躍してていい頃だろう。人気になってしまっても押さえる。以上、3頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東海ステークス 優駿牝馬

東海テレビ杯東海ステークスから。本命はフサイチセブン、実績や血統的にもこのレースを勝つための馬だろうと思ってしまう。しいて言うならヤネの乗り替わりが微妙だが、それでもウィリアムズである。フラッと騎乗しにきた日本でいきなり天皇賞を勝つ男なのだ。普通に勝ち負けと見た。以下、買い目の3頭。まずはマコトスパルビエロ、こちらもテン乗りで秋山だが距離は少し伸びてこれくらいがちょうど良かろう。ヤネが欲を出さなきゃ上手くいくかも。次にラヴェリータ、マル外にしては煮え切れん。軽い斤量を活かせるかどうか。ちなみにこの馬もテン乗りで和田か。ちょっと不安。最後にコロナグラフ、前走の先行抜け出しの勝ち方が良かった。外枠だがすんなり逃げられれば面白い。以上、4頭の馬連BOX。

さていよいよオークス。優駿牝馬という舞台がやってきたわけだが、先に言っておこう。アパパネは切った。もしもここを勝つようならば相当に強い馬だったということ。以後、怪物級としてずっと買うと約束してもいい。今回の予想ファクターの焦点はやはり2400mという距離にある。つまり桜花賞の着順は参考にはせず、予想の際は馬柱から桜花賞の欄を削除。そして過去2000m以上で勝利、若しくは1800m以上の重賞で連対している馬を適性対象とした。さらに付け加えたのは騎手が乗り替わっていないという部分。些細なことだが3歳クラシックという重みから意外に重要視している。では本命は何かというとオウケンサクラ、切れる脚は期待していないが、ペースが落ち着くなら前で残れる。安藤の手綱を考慮すれば、例えるならダイワスカーレットの有馬記念のようなレースが出来れば上出来。以下、買い目の3頭。まずはモーニングフェイス、距離適性でいうならこの馬ほどオークスを意識した戦歴は他にはないだろう。東京2400mも経験済み。音がするほどデカイ穴が開くならこの馬だ。次にアグネスワルツ、先行策を取るなら絶好の枠を引いた。スローな展開を自分で作れば押し切る可能性は高い。人気馬が抑えたりしようものならしめたもの。理想は単騎逃げだろう。あとはサンテミリオン、大外枠を引いてしまったが同枠にはアパパネもいる。マークしすぎれば共倒れもありうるが、相手は馬群に包まれながら抑えたいはずで、大外だとそれもキツイだろうし、掛かって行ってしまいそうならそれをマークして自分は折り合えば必然的に前での競馬ができる。ヤネがいつも裏切ってくれる横山だけにスパッと切ろうかと思ったが、GⅠではやけに18番に入ることが多い横山、相性を加味して買い目にいれる。以上、4頭の馬連BOX買いで。あと当日の状態を見てブルーミングアレーを買うかもしれない。その際、買い目が多くなってしまうことは桜花賞馬を切っていることでご了承願いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル

先週の反省から。すべては横山典の先行策によりシナオリが崩れてしまった。オレの競馬予想道もまだまだというところか。気を持ち直して今週の3重賞。初めに京王杯スプリングカップ、本命はオセアニアボス、このレースでは外枠のマル外2頭が気になる存在。どちらかと言えば前で競馬ができるこちらを推す。重賞初挑戦ながら、これまでは人気に恥じない着順を確保している。同コースで1度だけ手綱を取り勝利に導いた松岡に期待。以下、買い目の3頭。まずは当然ながらもう一頭のマル外エーシンフォワード、ここ2走は岩田の踊り追いで爆発的な末脚を見せた。欲を言うなら中段から前での競馬を望む。次にタケミカヅチ、久々の前走をひと叩きし、ここは仕上げてきている。内枠の利を活かして自分のカタチに持ち込みたい。好調の柴田善が上手く捌くかも。最後にアーバニティ、東京1400mならそんなに悪い印象は無い。ヤネが横山典なら関東レースは買いだ。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都ハイジャンプの本命はテイエムハリアー、ここでも同じテイエム2頭が引っ張る展開だろうが、若さと斤量を加味してこちらを本命視する。同じ勝負服なら厳しい競り合いにはならず、お互いでレースを作れるはずだ。そのままペースを落として前残りで。以下、買い目の3頭。当然テイエムトッパズレ、唯一61kgを背負うが前走や過去のGⅠの負担に比べれば気にする程ではない。佐久間とこの馬のコンビはとにかく買いだ。次にゴールデンシャイン、意外なことに高田の手綱となった。先行すれば良い粘りを見せる馬なので、位置取りがすべて。騎手の手腕に賭けるのみ。最後にエイシンボストン、他にも選べる馬がいる中で西谷が選んできた。8歳馬ながら前走の走りは一目置けるし、なんせ重賞2勝馬だ。侮るなかれ。以上、4頭の馬連BOX。

さて非常に楽しみな2強が出てきたヴィクトリアマイル。実績的にはズバ抜けている2頭だが海外帰りというのが引っかかるところか。もともと人気馬は切るというのがマイスタンスであるから、今回も例の如く2強はバッサリ切らせてもらう。本命党の方は読まなくて結構です。では本命馬は何か、ズバリブロードストリート、これはもう2強をマークして乗れる藤田の手綱に頼る部分が大きい。だがそれだけ馬も能力を持ち合わせている。ブエナを前に見ての徹底マークで勝算アリ。以下、買い目の3頭。まずはラドラーダ、そのブエナを抑えにかかるのが鞍上のアンカツだ。やはり降ろされたブエナビスタに勝たせたくないからね。そういう厳しい乗り方が出来る最もたるジョッキーだろう。安藤の怖いところは、それでいて自分も勝つ競馬をしてくるところだ。33秒台の上がりが使えれば直線勝負に持ち込めると見ている。次にミクロコスモス、3歳時には騒がれながらも不本意な結果だったが、なんとかGⅠ戦線に残るべく前走の勝利で再度見直しとなった。注目すべきはこの関西馬、デビュー戦は東京1600mで新馬勝ちしているところだ。遅い時計の決着なら抜け出す可能性はある。最後にヒカルアマランサス、特筆すべき点は何もないが、とにかくヤネの内田博の不気味さが怖い。今年はまだ重賞勝ちが無いだけに、去年のリーディングが燻っているわけにはいかない。人気薄の一発、そういうのが良く似合う男なのである。大穴として押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都新聞杯 新潟大賞典 NHKマイルカップ

今週は3重賞。京都新聞杯からだが、やはり3歳戦ということで予想は困難となてしまう。だがどう考えても未勝利級の馬と重賞級の馬が混在しているのは明確に分かる。第一段階でかなりバッサリ切ってからの予想。推したいのはマル外の2頭。ところがこの2頭、どちらも乗り替わりでソックリそのまま騎手が入れ替わっているという不可解さ。どちらが勝っても後味悪そうだが、とりあえず本命にするのはブレイクアセオリー、重賞を走っていないがその分斤量53kgで乗れる。走りの内容そのものに遜色はなく、関東で勝ってきたというのが気に入った。以下、買い目の3頭。まずは当然マル外のコスモファントム、暮れの重賞2着は大いに評価すべきだが、当然レース間が空いてしまった。しかしながらその時の勝ち馬が皐月賞馬となっているわけで、ここは落とせない。次にメイショウウズシオ、煮え切らないレースが続いていたが、それでも前走は狭い中京で結果を出した。あまり人気にならなければ面白い。最後にネオポラリス、デビュー2連勝の期待馬である。父、母父にダービー馬が揃っており、個人的にもこういう血統は応援したい。以上4頭の馬連BOX。

新潟大賞典の本命はトリビュートソング、これまでは後方から届かない競馬ばかりしていたが今回は乗り替わりでウィリアムズである。そう、先週推奨しつつもアッサリ天皇賞を獲ってくれた豪州男。あの乗り方で評価は急上昇しただろうし、ここでも人気になってしまいそうだ。それでもこれまでの騎手の騎乗から一変アリと見てここは再度推奨。以下、買い目の3頭。まずはニホンピロレガーロ、去年はこの馬に注目しながら同レースで万馬券を頂戴したのは記憶に新しい。長距離砲と見ていたが2000mでも許容範囲らしい、直線が長いコースだと案外届いてしまうのだろう。お手馬として完全にコントロールしている酒井もエライ。もうダメだろうと思っていたが前走オープンながら素晴らしい末脚を見せた。重賞でもう一度輝いてもらいたい、あわよくば初重賞獲りだ。次にサニーサンデー、好走してもなかなか人気にならない地味さは一級品。まぁ騎乗しているヤネも影響しているのだろうが、前で競馬して速い末脚を使える馬。まだ若いしハンデ54なら間違いなく買いだ。あとはゴールデンダリア、展開に恵まれたが前走G2で2着に来ている。手綱も柴田善に戻り不安は無い。新潟では意外に外枠の馬の差しが決まる。今回は展開及び芝の恩恵を受けての走りに期待したい。以上4頭の馬連BOX買いで。

さてNHKマイルカップ、人気になるのは前走重賞勝ちした2頭で間違いないだろう。鞍上も一流だ。だが普通にこの2頭を買っても面白くもなんともない。そこで、この2頭が中段から後方でお互いに牽制しあって共倒れというシナリオに期待してみる。そうなってくると注目すべきはこの2頭よりも前で競馬をするメンツ。本命にはダイワバーバリアン、前に行くには絶好の最内枠を引いた。これまでの戦歴も悪くない。とにかくヤネが出遅れさえしなければ勝機は見えてくる。以下、買い目の3頭。まずはレト、これまでゴチャつく展開の中で人気よりも上位へ食い込んできた。ここでも人気馬が牽制しあう中、ゴチャついた中段から抜け出す可能性は高い。幸の無欲な騎乗が見られれば楽しみである。次にガルボ、走りは悪くないのだが皐月賞では見せ場は無かった。距離の適性ということだろう。新馬戦1800mから未勝利勝ち上がりでは1400mだったという観点からも適性はマイルにあるのだろう。そいう乗り方をヤネの後藤が出来れば先行抜け出しがハマってくるのだが。頑張れ青毛馬。最後にコスモセンサー、お馴染み石橋脩と3歳コスモの組み合わせである。とにかくこの馬の良さは何がなんでも前で競馬が出来ること。今回の展開予想にピッタリの馬なのだ。内枠というのも運が味方をした。マイル重賞勝ち馬を侮るなかれ。以上4頭の馬連BOXで勝負。贅沢を言えば、この4頭を引っ張っていく超逃げ馬が1頭いてほしい。栄進軍団が3頭出ししてるし、どれか行ってくれないかなぁ。人気2頭やテン乗りとなった内田博や岩田にも食指が動いたが、ここは展開重視と好配当期待のため切った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »