« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート

先週のジャパンカップについて、ああいう結末には色々と言いたいこともあるが、それにしてもみっともない予想となり申し訳なさで一杯だ。外国馬を買う理由も理由だったが、あれでは単に好きな馬を挙げたのとさして変わらない。人様に晒すような予想ではないわけで、お祭りレースとはいえ反省すべき点は多かった。気を取り直して今週の予想へ進む。まずはスポーツニッポン賞ステイヤーズステークスから。本命はジャミール、前走は鞍上大庭というなんとも不安な乗り替わりながらも2着に食い込んだ。アンカツのままだと勝てたレースだっただろう。そこで今回は安藤に手綱が戻る。今度は快勝あるのみ。以下、買い目の3頭。まずはネヴァブション、高齢馬ながら関東重賞では大崩れしない関東専用機。別定58とやや負担重量はあるが本命馬と同じく追い込み末脚に賭けるだけなので一瞬のキレ勝負か。次にエアジパング、こちらは横山を背にした長距離専門馬。横山も今年初めは勝ちすぎだろうと思われるくらい重賞を勝ちまくっていた。復帰後、久々に重賞勝ちを見たいところ。日曜日よりもこちらのエルコンドルパサー産駒のほうが今週は勝負になりそう。最後にフォゲッタブル、長距離では負けず劣らず期待できる馬。今年は3400mの重賞勝ちもある。あとはなんといってもデムーロへの乗り替わりに注目。追い込みにこだわらなければ脚を余すことなく仕事をしてくれるだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

鳴尾記念の本命はヒルノダムール、さまざまな局面からこのレースを向かえる馬たちの中で実績を評価できるのはこの馬だけ。中距離という適性距離なら買い目に入れるしかない。相手関係からもこのメンバーなら上位、あとは同世代間の力くらべだろう。その中で対抗馬はルーラーシップ、やはり3歳馬がここでは抜けている。この馬も超良血と騒がれながらも、とりあえずダービーは終わった。さて再出発の最初のステップとしては手ごろな重賞である。今度こそ岩田でガッポリ儲けたい。注目馬としてショウリュウムーン、3歳牝馬代表である。マイル前後の距離なら十分勝負になるし別定で53㎏をどこまで活かせるかがカギ。ヤネが浜中となってしまったが脚質的にも作戦的にも追い込みで勝負してほしい。12頭という少頭数なら詰ることなく進路を確保しやすいはず。以上、3頭の馬連BOX。

ジャパンカップダートなのに外国馬の参戦が無い。これはもう異常事態だ。いくら賞金が高くても、こんな雪も降りそうな時節に遥か海を越えて極東の地で、ダート戦に参戦するような馬はいないだろう。年末年始の国際長距離重賞にしたって同様の理由で外国馬の参加は乏しい。国際レースに位置づけるには所詮無理と考えるべき。JCDについては阪神コースに変更したのも日本の陳腐さを露呈してしまった。ダートといえばアメリカ競馬、アメリカ競馬といえば左周り。東京から阪神への変更がいかにアホなことなのか、素人でも分かるもの。これじゃアメリカ馬は参加するなと言っているのと同じだ。JRAには再考を要してもらいたい。ヒートアップしたところで、とにかく予想に入る。本命はキングスエンブレム、3歳上の兄貴はたしかにダートで無敵だとここでも言い張ってきた。が、しかし年齢的にはキツイ。そこで弟の出番ですよ。ウォーエンブレムの血にも期待できる。前走で勝ちを譲った相手はそれまで直線が平坦なコースでしか勝負になっておらず、逆にこっちは阪神での実績は申し分ない。今年は好調の福永が馬券に絡むのは必至。ただなぁ、最近の競馬はサンデーRの勝負服ばかりが目立つのが気に食わないが。以下、買い目の3頭。まずはマルカシェンク、7歳まで走り続け、前走初めてダートで出走。手さぐりながらも重賞で3着に食い込んだことはここへの布石。残り数少ない貴重なサンデーサイレンス産駒の爆走に期待。次にラヴェリータ、出走表に1頭だけのマル外には気をつけろというのが持論。見てみると鞍上は岩田だ。問答無用で買い目に入れる。最後にアドマイヤスバル、血統や馬自体には魅力は無いがダートでヤネが小牧なら話は別。押さえておいて損はない。メンバー内で前走GⅠを走って着が最上位というあたりは見落としがち。人気を落としてくれればこちらも期待値が高い。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。とにもかくにもショボイ国際招待レースとなったもんだ、トホホ。

|

« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鳴尾記念の3歳馬評価にアッパレです。「同世代間の力くらべ」「3歳馬が抜けている」という予想はスゴイですね。買い目を絞っているのもスゴイ。ショウリュウムーンが前での競馬になってしまったのは仕方なかったのでしょうか。岩田でガッポリ儲けましたか?私はルーラーを頭にしてましたのでガッポリ儲かりました。感謝申し上げます。

投稿: ミミ | 2010年12月 4日 (土) 16時22分

おめでとさん

ステーヤーズ惜しかった

投稿: やまやん | 2010年12月 5日 (日) 01時22分

これまでのステップ重賞ではトランセンドもグロリアスノアも高評価で買い目に入れてるのに、何故ここで買わないのかが不思議。アナタなら楽勝で取れた馬券だったでしょうに。

投稿: master | 2010年12月 5日 (日) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステイヤーズS 鳴尾記念 ジャパンカップダート:

« 京阪杯 ジャパンカップ | トップページ | 中日新聞杯 カペラS 阪神JF »