« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

スプリングS フラワーC 毎日杯 高松宮記念

先週の重賞結果はまあまあだった。コメントも頂き満足している。そして今週も4重賞。なるべく短評以外も書きたいが、長文にならないようにするのも自分のスタイルなのでご理解頂きたい。早速スプリングステークスから。本命はリベルタス、先行して速い脚が使えるのは見魅力。ゆったりとしたローテーションも評価できる。以下、買い目の3頭。まずはステラロッサ、日本で存在感を見せ付けたリスポリが置き土産として餞別重賞勝ちはありえる。やはり先行してからの伸びに注意。騎手のコース取りの上手さも評価。角居厩舎のワンツーなら芸術的だ。次にダブルオーセブン、カク地馬なのにダートより芝で好走するという珍妙な馬。戸崎の腕次第で勝ち負けするかも。最後にオルフェーヴル、後ろから行って直線で届く末脚を持っているのはこの馬だけだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。2歳王者、グランプリボスは距離の壁があるという結論から切った。

フラワーカップの出走表を見た時に違和感を覚えた。関西競馬なのに関東騎手の多さは異常。本当に阪神のレースなのかと未だに解せず。とりあえず本命はマイネイサベル、前走で勝ち馬に迫った末脚は本物。というかこのメンバーでは明らかに各が違う。余裕の馬単1着固定軸で。以下、流す相手の4頭。まずはサトノフォワード、新馬戦勝利が阪神芝1600mというコース経験を評価。ただし未知数なところも多い。次にブルバブル、同じく阪神コースを経験を評価。こちらは1800mを経験しているし、ヤネの強さもある。次にケイジーシオン、宗像厩舎が木幡を乗せてきたのが気になる。田中勝春いるのに。特に強調する部分は無いが気になるだけ。最後にサトノフローラ、関東馬で食指が動くのはあとはこの馬くらいか。展開がハマれば御の字。以上、馬単1着固定4点流し。

被災地支援、毎日杯の本命はスマートロビン、近走の敗因はよく分からなかったが今回の手綱は武豊。なんとしても前に行って競馬をしてほしいところ。レース名にあるように被災地支援レースということで騎手会長の名に恥じない騎乗となるだろう。以下、買い目の3頭。まずはカグニザント、言い難い馬名に感じるのはオレだけか。関東からわざわざやって来るからには期待できそう。経験の浅さをどこまでカバーできるかがカギ。次にエチゴイチエ、あなたどこか間違ってませんか的な馬名だが、それでも新馬勝ちしているところは見逃せない。同じく経験の浅さの影響次第だが、両馬ともゴール前の坂を克服しているのはポイント。最後にトーセンレーヴ、最近のトーセン馬は揃って質が良いのが目立つ。鞍上を含めて完璧に勝負気配。人気になりそうなことだけが気に入らないので4番手評価。以上、4頭の馬連BOX買い。

高松宮記念の本命はレッドスパーダ、悲願のGⅠゴールは目前だ。内枠の有利を活かしそのままゴールへ行ってくれ。以下、買い目の3頭。まずはダッシャーゴーゴー、なんといっても前走の勝ち方が良かったし、その上で今回は負担重量減は非常にありがたい。血統的には推したい一頭。次にワンカラット、やっぱり悲願のGⅠを獲りたい1頭。この距離ならこの牝馬もあるか。ヤネの藤岡佑も弟に負けてられない。兄の意地をなんとしても見せたい。展開として外を周るしかないが、それでも先行策でいってほしい。最後にサマーウインド、ダート路線で活路を見出し中央に戻ってからは砂短距離では怪物級の強さ。芝GⅠへ出てきた意味は不明だが、わざわざ黒星を付けたいわけではなかろう。福永をヤネに意外性の一発に期待。この勝負服がよく大穴を演出する印象があるんだよな。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ファルコンS 中京記念 阪神大賞典 阪神スプリングJ 阪神フィリーズレビュー

ご存知の通り東北関東大震災の為、先週の中央競馬は開催中止となった。幸い私の住む地域は微々たる振動すら無く、余震も無く、もちろん停電もない平穏な日常を続けられている幸運な場所なので連日のTV報道にここ1週間は釘付けであった。さて、結果的に今週の重賞予想は過去最大の5重賞分ということで、長文にならないよう買い目と短評くらいしか書けないが、お目通し頂きたい。最初は中日スポーツ賞ファルコンステークスから。本命はヘニーハウンド、岩田への乗り替わりと馬の先行力を評価。以下、買い目の3頭。スギノエンデバー、珍しく四位の手綱が合いそう。ヴォトレメイヤー、芝ダ芝ダ芝の変則ローテー及び同枠馬の出走取消がクサイ。アフォード、平坦ローカルコースが良く似合う。以上、4頭の馬連BOX買い。

中京記念の本命はダイワジャンヌ、前走の好走にしては斤量に恵まれすぎ。以下、買い目の3頭。ラフォルジェルネ、田辺をヤネに小倉で3連勝の勢いを認める。なるか田辺の初重賞勝ち。バトルバニヤン、前走同様小倉での快走に期待。ナリタクリスタル、中京では相性の良い武豊を背にする乗り替わりだが、小倉でどうか。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神大賞典の本命はコスモメドウ、前走勝ちを評価できる長距離砲&唯一のマル外。以下、買い目の3頭。ナムラクレセント、超地味な血統ながら馬は予想以上に走っている。モンテクリスエス、とにかく長距離戦なら押さえの一手。キタサンアミーゴ、人気馬を徹底したマーク戦法をとれれば面白い。以上、4頭の馬連BOX。

阪神スプリングジャンプステークスの本命はテイエムハリアー、現状の障害戦ならエース級。以下、買い目の3頭。テイエムトッパズレ、いつものように超先行逃げ策がとれれば期待大。ダノンバッカス、距離克服し今回も期待する。タマモグレアー、前走は謎のダート戦だが障害に戻れば勝負になる。以上、4頭の馬連BOX。

阪神フィリーズレビュー(枠順未定)の本命はドナウブルー、勝負を賭けた勝利への乗り替わり、リスポリは買い。以下、買い目の3頭。エーシンハーバー、前走内容評価、期待の芦毛牝馬。ラテアート、坂を苦にせず松岡で2勝、阪神でどうか。スピードリッパー、過去5戦全て馬券対象の堅実馬。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

夕刊フジ賞オーシャンステークスの本命はケイアイアストン、徹底的に1200mを使ってきた馬が前走でアッと言わせた。伸びのある走りには目を見張るものがある。外枠からなのでゆっくり出して中段からの競馬で勝負になる。以下、買い目の3頭。まずはレッドスパーダ、前走ではGⅠ馬を相手にあと一歩だった。前に付けてあれだけ粘る脚を持っているなら押さえる他ない。次にスカイノダン、レースでは器用に立ち回れており今回の乗り替わりは鞍上強化か。サクラバクシンオー産駒ならこの馬しかない。最後にセイコーライコー、スタートさえすんなり出ればそのまま押し切り可能。とにかくスタートで前へ行けるかどうかだけ。以上、4頭の馬連BOXで。キンシャサ@リスポリを切った理由は、ここでこの馬を買ってしまうと、それはそれで当たり前の普通の予想に成り下がってしまうから。

チューリップ賞の本命は文句なしでレーヴディソール、これはもう人気だからだとか実力だからだとか新聞や専門誌、予想家どもが言っている諸々と同じ理由になってしまうので詳細は避けるが、要は相手メンバーのショボさに尽きる。アクシデントが無い限り、確勝なので1着固定。以下、相手となる4頭を挙げる。まずはケイティーズジェム、馬の反応は抜群なのであとは乗り替わった藤田の手綱がどこまで合うかどうかだけ。藤原厩舎&藤田のコンビとGⅠ勝ちしたヤネの勢いに期待。次にタガノラヴキセキ、同じく河内厩舎&武豊コンビに期待するところもあるが、馬がスムーズに手前を変えられるからこそ手綱は武豊が合うだろう。やはり重賞勝ちした鞍上の勢いに期待。あとはメデタシ、逆にこちらは左手前だけしか伸びない馬。直線で外に出すしかないがハマれば来るかも。最後に押さえでライステラス、今回は馬が良く見えないが実績とヤネ岩田という理由だけで押さえる。以上、馬単1着固定の4頭流し。

報知杯弥生賞の本命はターゲットマシン、出走メンバーの中で明らかに状態が良く、走りに反応の良さと伸びが見られる。宗像厩舎&田中勝のコンビなら問答無用で勝負気配。以下、買い目の3頭。まずはデボネア、そろそろモハメド殿下の馬にもオイシイところを取らせたいところだろうが、とにかく馬のハミの取り方がよいのでその辺を手綱を握る佐藤哲がどこまでコントロールできるかがカギ。この馬は追ってから味があるよ。次にウインバリアシオン、特に強調する点はないがとにかくスピードだけは見栄えが良いという感じ。最後にサダムパテック、人気になっちゃうのかねぇ、やっぱり。状態は不明だが馬が乱れないのは確かだし、あとはいつものように岩田なので黙って押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »