« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

青葉賞 天皇賞・春

テレビ東京杯青葉賞から。本命はサトノタイガー、馬の素質を見込んだ明確な鞍上強化として手綱を横山典へ。先行して本領発揮か。以下、買い目の3頭。まずはカーマイン、前走阪神での条件戦で見せた末脚からの勝利は見ごたえがあった。ここなら狙えそう。次にギュスターヴクライ、クラシックトライアルからクラシックトライアルという連戦となり、ある意味このメンバーでは上位か。内田が順応できれば勝ち負け。最後にホッコーガンバ、一発逆転を狙うならコレ。理由は色々とあるが理解不能な激走の可能性があるとしか言いようがない。ヤネは江田照だしねぇ。以上、4頭の馬連BOX。

国内最高峰を決めるのは3200mの天皇賞だと思っている。そういう意味ではやや実績重視の予想となる傾向は否めない。本命はローズキングダム、長距離では絶対に押さえたい。万全の状態に見えるし前哨戦でも大崩れはなかった。武豊の不調だけが気がかりだが春天なら特化した乗り方がありそう。最後に内を突いて回ってこれれば位置取りはどこからでも大丈夫と見ているので、ホントあとは武次第なんだよなぁ。騎乗フォームなんかも腰の位置が昔とはやや違うのがはっきりと見て取れるからな。バランスというか馬へかかる負担なんかが変ってしまっている感じ。以下、買い目の3頭。まずはエイシンフラッシュ、陣営がもともと照準をここに合わせていただけに仕上がりが良い。この馬がこれだけ身体を使えてレースに望めるのはダービー以来じゃないかと思う。人気の盲点になればしめたもの。次にコスモメドウ、侮れないコスモの2頭出し。しかしヤネが丹内だし、もう一頭は中谷だぞ。さらに同枠には丸山元気という、重賞勝ちすらないアンチャンレベルのジョッキーたちの天皇賞騎乗には違和感があるのはオレだけか。藤岡は人並みに重賞勝ちがあるとして、その他メンバーは栄えあるGⅠジョッキーの面々だけだ。相当にプレッシャーもあるだろうが、この壁を越えれば一流への道のりは開ける。馬は伸びがありそうなところがあり、ここでも発動するか唯一のマル外。最後にビートブラック、長距離を意識した完璧なローテーション。ここを狙わずしてどこを狙う的な馬だ。ヤネも恐怖の岩田だし、最内枠に入ったことからここは買い。以上、4頭の馬連BOX買いで。今は不明だがマイネルキッツが逃げるしかない展開になると確信した時にはマイネルの単勝だけ追加するかもしれないことを付け加えておく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フローラS 福島牝馬S 皐月賞 アンタレスS

4重賞なので長文にならぬよう内容は皐月賞中心でいく。あとは短評。まずはサンケイスポーツ賞フローラステークスから。本命はピュアブリーゼ、中山コースでの好走を注目し評価した。中山ではヤネ内田が固定と珍しくお手馬的なのも気に入った。以下、買い目の3頭。まずはハッピーグラス、藤原厩舎期待のディープ産で前走OP好走を評価だが、手綱握らせるのは松田しかおらんかったんか。次にセレブリティ、角居厩舎が武豊乗せたか。これは非常に気になるところだが馬主の意向が強いんだろうな。モハメド殿下の鶴のひと声か。未勝利戦で一応2000m勝鞍もあるが、ここは壮大な仕込みも警戒すべし。最後にリトルダーリン、角居厩舎の2頭出しか。サポート役なんだろうが案外こちらも残りそう。以上、4頭の馬連BOXで。

福島牝馬ステークスの本命はバイタルスタイル、なんといっても福島2勝は光る。久々の負担53㎏だが克服済み。以下、買い目の3頭。まずはスマートシルエット、小生は普段から田辺の複勝押さえをモットーにしているが今回は意外に良い馬での出走となった。期待していい。次にソウルフルヴォイス、かなり堅実な走りをしているが初ローカルでどうか。これまでの最軽量と同じ負担53なら買い。最後にシンメイフジ、GⅠ出走経験もある上質馬がここに駒を進めてきた。今年絶好調の安田厩舎なら一発あるしヤネも一発っぽい幸四郎だ。以上、4頭の馬連BOX。

さてクラシックの皐月賞。東京2000mでの開催となり3歳馬としては非常に難解である。本命はナカヤマナイトとした。やっぱり皐月賞は中山でないと、というのは大きな冗談だが前走で買った理由そのままに、今回は府中との相性ありきでいく。鞍上ですらGⅠ勝ちは東京コースが多い。レース間だけが気になるが今回は余裕を持ったローテーと解釈した。特筆すべきは手前の変え方がスムーズになったところか。以下、買い目の3頭。まずはプレイ、関東馬ワンツーを期待するならこの馬しかいない。前走トライアル2着も強い馬を相手に濃い内容だった。巻き返し1番手だろう。次にデボネア、わざわざ弥生賞をひと叩き入れたのは正解だろう。馬、ヤネは地味ながらも馬主は派手。モハメド殿下ここにありを示す頃合いか。最後にカフナ、今回穴中の穴はコレしかない。丸山元気のGⅠ初勝利、クラシック制覇など誰も予想していないでしょ。そもそも池江厩舎は3頭出しと気合が入っており、他2頭はそれなりに実績アリで人気になりそうなところもある。あえて第3の男ならぬ第3の馬を狙う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負だ。

アンタレスステークスの本命はバーディバーディ、なんとこちらも池江厩舎の3頭出し。よっぽど勝たせたいのだろう、他2頭は完全に生け贄状態。とにかく何か書く必要も無く、実績実力ともに抜けている存在。人気馬と分かっていながら推すのは不本意だがここは買う。以下、買い目の3頭。まずはゴルトブリッツ、中央に戻ってからは総合的に悪くない。交流GⅠの舞台を経験するまでにも成長した。ヤネ田辺も買いたくなる要素で、本人もぜひお手馬にしたいところだろう。次にワンダーアキュート、ここ3戦和田が実に上手く乗っている。感触を持続できるなら十分勝ち負けになる。最後にメテオロロジスト、生け贄のうちの1頭だが展開がハマれば逃げ残りもある。先週の小牧の逃げ残りを再度見せてくれれば面白い。ん、なんだ?書いている最中だがこの馬が出走取消となった模様(笑)。ぎりぎり間に合ったので差し替え予想する。(再予想中)。改めて、最後に買うのはタガノジンガロに決めた。こちらでも再びヤネは松田しかいなかったのか状態だが馬は上等である。厩舎も松田だし、松田松田のダブル松田なのでもし勝てばそういう話題になりそうで期待してみる。いや馬は良い馬なんだよ本当に。以上、4頭の馬連BOX買い。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マイラーズカップ

今週は1重賞のみ。JRAも極端だな。久々にじっくり見解を書く。事前に消去したのは中2週で出てきた馬たち。すなわち前走ダービー卿CTからの連中は消しとした。さて読売マイラーズカップの本命はゴールスキー、調教では身体が使えていて反応も良く見える。なんといっても世界を制したネオユニヴァース産駒の現4歳最強世代ということで今が旬。旬といえば鞍上の福永も今年は乗れている。超ハイレベルなメンバーが揃ったここを勝てば今年の勢いは本物ということが確定し更に株が上がるといえよう。初体験の斤量57を苦にしなければ何も問題はない。以下、買い目の3頭。まずはリーチザクラウン、調教に悪い感じは無くテンからも飛ばせている。他にも逃げる馬がいそうだが、今回は前で競馬しても勝負になるだろう。いつものササる癖も見られないのが期待を持たせてくれる。前走と同じ斤量だしGⅡからという余裕とローテーも悪くない。馬主が変わりそろそろ新しい勝負服で勝利を捧げても良い頃だ。次にロードバリオス、藤原厩舎が北村宏司を乗せてきた。主戦に使ってる藤田や岩田、福永あたりやその他の有名どころは確保できなかったのだろう。馬が揃うとこういうシワ寄せも面白味があるな。とにかくそれはそれで逆にヤネが奮起してくれればデカイ一発はある。前走の阪神OP六甲Sの勝ち内容を評価。最後にクレバートウショウ、とにかく調教では首の使い方が良く見える。やはり前走阪神OP六甲S2着の内容を評価。阪神コースの適性は上々でここは押さえたい。テン乗りが岩田というのも食指が動く条件で、いずれにしても黙って買うべし、だ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。あと人気になりそうな牝馬2頭についても少々。三冠牝馬アパパネは、やはりレース間と斤量56ということで敬遠。ショウリュウムーンも斤量2㎏増と展開頼りというのが気に入らない。そもそも2頭とも人気になりそうな時点で避けたい候補なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪神牝馬S NZT 桜花賞 マーチS

今週も4重賞。予想レース数が多くて短評しか書ききれないがとりあえずご覧あれ。さて4重賞とも阪神開催というのはやはり重要なポイントだと考えている。先に言っておくが関東馬は輸送負担をマイナス評価としているのでかなり差し引いた予想となった。では最初はサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの予想から。本命はレディルージュ、外国人ジョッキーが去り引き継いだのがテン乗りの後藤となった。前走はダートで賞金を積み上げたが芝の短距離でもしっかりと走る。基本、先行抜け出しが出来る馬なのでとにかく無茶するなという感じ。以下、買い目の3頭。まずはサワヤカラスカル、この馬の両親の名前を見るとホントわかりやすい名前だとつくづく思う。今期絶好調の浜中の手綱。速い脚もあり馬券的には狙ってみたい。次にレオパステル、村田が乗って展開がハマれば一発がデカイ。最後にカレンチャン、安田厩舎の2頭出しだが2頭とも買う。ただしこっちは人気になりそうだね。以上、4頭の馬連BOX。

ニュージーランドトロフィー。苦手なんだよな、3歳戦。本命はスギノエンデバー、前走ではおいしい馬券を与えてくれた優秀なヤツである。その走りを見る限り、マイルまで持つとの見解。今度も頼むよ。以下、買い目の3頭。まずはキョウエイバサラ、前走では人気薄でよくもまぁ絡んできたなという印象だったが、実は粘れる脚を持っている。外枠に入ったので被せる感じで前々で競馬することが最低条件だろう。次にディープサウンド、先行か逃げの走りならこの馬を推したい。阪神コースでどこまで逃げれるかがカギだが、プレッシャーも少なく厳しくない展開なら案外残る可能性は高い。最後にリアルインパクト、レース間も空いた余裕のローテー。巻き返しはここからか、ヤネの内田に勝負気配。以上、4頭の馬連BOXで。

桜花賞においては最強馬が舞台に上がれなくなり、がぜん面白くなった。本命は毎度のようにホエールキャプチャ、なので何も言うことはなく、繰り返す内容となるがとにかく末脚の爆発力が桁違い。以下、買い目の3頭。まずはメデタシ、ヤネは絶好調の浜中だ。前走でも評価していたが、この馬の走りは馬鹿にはできない。中段でポジション取りが出来るようなら最後は抜け出せるかも。次にマルセリーナ、新馬から安藤を据えて徹底的にマイル戦を消化してきた。社台の勝負服ならこの馬を選ぶ。最後にスピードリッパー、関東馬で唯一買いたいのがこれ。本命馬をマークしつつ、直線まで後ろに付いていれば最後に逆転の可能性があるかないかくらい。とにかくマーク戦法とってくれ。以上、4頭の馬連BOX買い。

被災地支援マーチステークスの本命はラヴェリータ、前走交流戦の走りが非常に良かった。鞍上の武豊に復調のきっかけを与えたいところだ。以下、買い目の3頭。まずはブラボーデイジー、本命馬とは交流戦で昨年、今年とワンツーの裏表。ほぼ互角ながら、今回は同枠。ヤネの差で次点評価。次にハギノリベラ、前走の勝利により再び信頼感を取り戻せそうな予感を感じさせてくれた。乗り替わりだが池添は1戦乗って2着に持ってきている。今回は軽ハンデにも恵まれたので期待したい。最後にメテオロロジスト、ダート中距離では本当に安定している。悪くない。逃げることしかできないが、ダートのハンデ戦なら面白いと思う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日経賞 中山牝馬S 産経大阪杯 ダービー卿CT

今週は4重賞。すべてが阪神開催だということは非常に重要なポイントであるということは事前に押さえておきたい。まずは日経賞から。4歳馬4頭が抜けて強いということは言わずもがな。馬券的にはコレを買ってしまえば何も考えずに済むわけだが、それでは面白くともなんともない。わざわざ人の予想など見る必要もなく誰でも自分で買える目である。こういう時こそあえて人気薄を狙う。オッズが人気サイドに偏れば非常にオイシイ馬券となるからだ。さて無理やりつけたその根拠を晒そう。本命はエーシンジーライン、ここではお馴染みの唯一マル外ということと鞍上が岩田という超一発を持っていることで推してみる。初重賞参戦が非常に厳しいメンツとなり初陣としては玉砕覚悟の強みがある。対抗にトップカミング、ずいぶん久しぶりの顔見せとなるがヤネに蛯名を据えての戦績は尋常じゃなく好走している。根拠はそれだけ。3番手に挙げるのはトーセンクラウン、ひと叩き入ったが後方待機策がハマれば何かある。このレースで江田となればあの馬を思い出す人も多いだろう。もうひとつ言うなら昨年の春の中山2戦は人気薄ながら勝ちと3着に持ってきている。場内が混乱するほどの荒れを狙うならここしかない。阪神コース初体験というのも未知数でよろしい。以上、3頭の馬連BOX。ワイドでも配当的には良いと思うので余裕があれば押さえる。

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスは拮抗したハンデ戦、前記とは逆に近走や斤量、ヤネ云々等と深く考えずに過去実績重視で買う。簡単に言えば押さえるのは重賞勝ちした馬だけでいい。よってヒカルアマランサスを本命にコスモネモシン、ブロードストリート、オウケンサクラの4頭BOX買い。買い目を絞った結果、アプリコットフィズはコスモに直接対決で負けてるし人気になりそうで配当的に避けた。

産経大阪杯の本命はキャプテントゥーレ、2000mならこの馬を絶対に買うべし。以下、買い目の3頭。まずはエイシンフラッシュ、ダービー馬の復活はこのレースというのが印象強い。藤原厩舎の2頭出しというのもアシスト期待か。次にダノンシャンティ、この距離までならギリギリいけるか。それにしても斤量背負わさたものだ。最後にリディル、世代的には注目したいがここは厩舎とヤネの信頼関係を信じる。以上、4頭の馬連BOX。

ダービー卿チャレンジトロフィーの本命はスピリタス、こいつの毎レースの人気の高さは異常だ。とにかく久しぶりに内枠を引いたのでうまく乗れれば勝負になるだろう。以下、買い目の3頭。まずはライブコンサート、はい出ました唯一のマル外。理由はそれだけではないが、マイルなら押さえておきたい。セン馬のワンツーならOK。次にブリッツェン、二ノ宮厩舎と柴田のコンビなら気配アリアリ。最後にキョウエイストーム、浮き沈みの激しい評価が難しい馬だが、初の阪神コースということと厩舎も初重賞制覇に毎度の意気込みが違う。馬体が絞れていれば面白い。以上、4頭の馬連BOXで勝負。結果的に内枠の馬に集中したが、ストリート・ストリートが入った6枠が非常に気になる。結果次第では次からの予想ファクターに刷り込むかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »