« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

目黒記念 金鯱賞 東京優駿

急遽、明日から出張のため本日の予想となった。ダービーの調教は確認できたのでとりあえず良しとし、土曜重賞については枠順確定前ということを先に申し上げておく。まず目黒記念から。これはもうまったく深く考えることなく4歳牡馬4頭を押さえる。マカニビスティー、トレイルブレイザー、ハートビートソング、ヤングアットハート、以上4頭の馬連BOX。

金鯱賞の本命はエーシンジーライン、逃げの1手がハマる。あとは唯一のマル外馬。以下、買い目の3頭。まずはキャプテントゥーレ、2000mなら問答無用で買い。次にナリタクリスタル、ローカル重賞の雄。最後にマンハッタンスカイ、前での競馬が胆。以上4頭の馬連BOX。

日本ダービーこと東京優駿。ご存知の通りデットーリ参戦でなにやらキナ臭い。JRACMもトウカイテイオーやら天才やら意味ありげなフレーズだ。サイン馬券を気にしつつ、本命はサダムパテック、過去2戦を見る限りは十分勝負になる馬。今年のダービージョッキーは岩田の初優勝もありうる。以下、買い目の3頭。まずはナカヤマナイト、東京コースで伸びる馬。これまで勝ち負けを争った相手も実力馬ばかりだ。次にデボネア、これはもうデットーリだから買う、という以外に理由はない。馬の力とは別に人気になりそうで不満だが。最後にロッカヴェラーノ、ヤネのお鉢が回ってきた武豊だが、客観的に見てもダービーの相性は良いほうである。トライアル勝たせた馬でも面白かったが、こっちでも同じくらい面白い。以上、4頭の馬連BOXで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優駿牝馬 東海S

今週はオークス。ここのところ重賞でカタい決着が続き、当方としては面白味に欠けている。今回も人気になりそうな桜花賞はあえて切るが、そういう予想スタンスなのでご理解頂きたい。さて優駿牝馬で本命視するのはホエールキャプチャ、いつも言うように展開と末脚頼りとなるが、最後のキレ比較では桜花賞馬に劣るだろう、ならばその馬より前で競馬して長く脚を使うしかない。そういう位置取りなら序列逆転のチャンスはある。例えるなら先週のアパパネと同じ乗り方がイメージ出来ればOK。以下、買い目の3頭。まずはマイネイサベル、ここまで勝ちきれていないのは何かが足りない証拠。クラシックの舞台で活躍したいなら一か八かで前なり後ろなり極端な競馬で一発を狙う他ない。次にグルヴェイグ、これはもう調教から抜粋。身体が使えてて反応良しと見たまで。最後にシシリアンブリーズ、力強さだけが目立つ走り。馬場が重いと案外走るように見える。雨でも降れば期待して良いだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

東海テレビ杯東海ステークスだが、結構リーディング上位組の騎手がGⅠに行かずこちらに残った。オークスに意外と関東馬が出てくることになり関西馬が減少ぎみなのも影響したのだろう。結果的にそれなりに面白いダート重賞となる予感。本命はゴルドブリッツ、前回同様、田辺の複勝を抑えに行くがここでは中心に考えても良い。なら単勝買えよ、と思われるだろうが「田辺の複勝」というのが恒例というか不変事項なので勘弁願いたい。前走は見事のひと言。ご祝儀兼ねてここでも本命視。以下、買い目の3頭。まずはバーディバーディ、4歳馬2番手評価ながらGⅠでも上位人気になるほどの馬。ここは好調4歳ダート馬のワンツーを視野に入れる。次にマイネルアワグラス、こちらは先の馬と同様ブライアンズタイム産駒の2頭ということで期待を込めて買い。言い換えれるならこちらはBT産駒ワンツーを押さえるカタチ。最後にメダリアビート、関東・関西・中央・ローカルとどの馬場でも好走する優等生なヤツである。前走の京都では川田の手綱が綺麗にハマった傾向があるのでここでも当然勝負になると見ている。以上、4頭の馬連BOX。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル

今週は時間が無いので買い目だけ。京王杯スプリングカップはショウナンアルバ、フィフスペトル、フラガラッハ、クレバートウショウの4頭馬連BOX。

京都ハイジャンプはテイエムトッパズレ、エイシンボストン、アペリティフ、デアモントの4頭馬連BOX。

ヴィクトリアマイルはスプリングサンダー、レディアルバローザ、コスモネモシン、ディアアレトゥーサの4頭馬連BOX買いで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都新聞杯 NHKマイルC 新潟大賞典

先週の天皇賞は本当に参った。展開からしてまったく読めなかったことと大阪杯の位置づけ軽視に他ならない。これまで確立してきた予想方法に多々修正を入れつつ今週の3重賞予想に入る。まずは京都新聞杯から。皐月賞馬すら負かしてきた実績馬もいるがそいつは最初から眼中に無い。というか配当的に魅力欠如であり、これにより相当なオッズの偏りが期待できるため他を狙う。本命はユニバーサルバンク、殆ど外国人ジョッキーの乗り替わりばかりという極端な起用術が目に付く中、今回は岩田だ。まぁ単純にこれまでの戦歴で相手比較の上下から今回のメンバー内での上位は間違いない。前走の敗因は後方過ぎる位置取りだけ。先行できれば軽く勝つ。以下、買い目の3頭。まずはコスモヘイガー、過去2走の大敗はハッキリ言って仕上げミス。絞り過ぎというか完全にガレていたように思える。連闘ということになるが、とにかく馬体重510以上なら走ると見ている。次にサンビーム、逃げの一手しかないが乗せてきたのは盾男となった藤田。こりゃ逃げがハマるだろう、たぶん。最後にレッドセインツ、分かりやすいのは角居厩舎2頭出しで騎手もカブり、その騎手が引き続き乗るのがこっちということ。単純だが悪くない。以上、4頭の馬連BOX。

NHKマイルカップの本命はヘニーハウンド、前走見事予想に応えてくれた馬である。前走ではヤネの腕と馬の先行力を評価したが今回のヤネは短期免許のピンナである。イタリアで培った腕は未知数だが期待しないわけにはいかない。JRAはナゼか知らないが外国人騎手の初モノには異常なほど寛大なのでここでも恩恵を受けそう。課題は距離だが、とにもかくにも2戦2勝の重賞勝ち馬ということは侮れない。以下、買い目の3頭。まずはエーシンジャッカル、こちらのヤネに岩田となった。前走は2着だったが負けて強しの末脚を見せた。東京コースなら更に突き抜けること必至。次にリアルインパクト、前走では外枠不利が影響あった。今回は最内に入り期待大。内から伸びるのはコレ。最後にグランプリボス、マイル戦なら落とせない。鞍上強化でウィリアムズだろうか。だが一番大きな理由はサクラバクシンオー追悼としてここは後継馬が勝利してもおかしくない。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

被災地支援新潟大賞典の本命はタッチミーノット、前走は速い時計を出しながらも差のない惜敗。勝ち馬はレコードも出し、先週天皇賞馬となった程だ。ここは評価していい。以下、買い目の3頭。まずはアロマカフェ、前走は明け1走目だったが、もっと馬体絞れよと思ったのは自分だけではなかろう。460~470㎏台なら文句なし。次にマイネルゴルト、条件戦では堅実な走りを見せている。とりあえずローカル重賞挑戦というのが妥当でよろしい。最後にシャドウゲイト、9歳老兵馬を推すのは前走の好走からというだけではない。これまでGⅠ戦線で強豪との対決も経験値として大きなアドバンテージと考えるが、なにより9歳まで無事走りまくっているにもかかわらず新潟コース初参戦というところ。完全に見落としがちな部分であり未知な領域である。これには期待しても面白いだろうという決断。ヤネにはやはり田中勝春がよく似合う。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »