« 青葉賞 天皇賞・春 | トップページ | 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル »

京都新聞杯 NHKマイルC 新潟大賞典

先週の天皇賞は本当に参った。展開からしてまったく読めなかったことと大阪杯の位置づけ軽視に他ならない。これまで確立してきた予想方法に多々修正を入れつつ今週の3重賞予想に入る。まずは京都新聞杯から。皐月賞馬すら負かしてきた実績馬もいるがそいつは最初から眼中に無い。というか配当的に魅力欠如であり、これにより相当なオッズの偏りが期待できるため他を狙う。本命はユニバーサルバンク、殆ど外国人ジョッキーの乗り替わりばかりという極端な起用術が目に付く中、今回は岩田だ。まぁ単純にこれまでの戦歴で相手比較の上下から今回のメンバー内での上位は間違いない。前走の敗因は後方過ぎる位置取りだけ。先行できれば軽く勝つ。以下、買い目の3頭。まずはコスモヘイガー、過去2走の大敗はハッキリ言って仕上げミス。絞り過ぎというか完全にガレていたように思える。連闘ということになるが、とにかく馬体重510以上なら走ると見ている。次にサンビーム、逃げの一手しかないが乗せてきたのは盾男となった藤田。こりゃ逃げがハマるだろう、たぶん。最後にレッドセインツ、分かりやすいのは角居厩舎2頭出しで騎手もカブり、その騎手が引き続き乗るのがこっちということ。単純だが悪くない。以上、4頭の馬連BOX。

NHKマイルカップの本命はヘニーハウンド、前走見事予想に応えてくれた馬である。前走ではヤネの腕と馬の先行力を評価したが今回のヤネは短期免許のピンナである。イタリアで培った腕は未知数だが期待しないわけにはいかない。JRAはナゼか知らないが外国人騎手の初モノには異常なほど寛大なのでここでも恩恵を受けそう。課題は距離だが、とにもかくにも2戦2勝の重賞勝ち馬ということは侮れない。以下、買い目の3頭。まずはエーシンジャッカル、こちらのヤネに岩田となった。前走は2着だったが負けて強しの末脚を見せた。東京コースなら更に突き抜けること必至。次にリアルインパクト、前走では外枠不利が影響あった。今回は最内に入り期待大。内から伸びるのはコレ。最後にグランプリボス、マイル戦なら落とせない。鞍上強化でウィリアムズだろうか。だが一番大きな理由はサクラバクシンオー追悼としてここは後継馬が勝利してもおかしくない。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

被災地支援新潟大賞典の本命はタッチミーノット、前走は速い時計を出しながらも差のない惜敗。勝ち馬はレコードも出し、先週天皇賞馬となった程だ。ここは評価していい。以下、買い目の3頭。まずはアロマカフェ、前走は明け1走目だったが、もっと馬体絞れよと思ったのは自分だけではなかろう。460~470㎏台なら文句なし。次にマイネルゴルト、条件戦では堅実な走りを見せている。とりあえずローカル重賞挑戦というのが妥当でよろしい。最後にシャドウゲイト、9歳老兵馬を推すのは前走の好走からというだけではない。これまでGⅠ戦線で強豪との対決も経験値として大きなアドバンテージと考えるが、なにより9歳まで無事走りまくっているにもかかわらず新潟コース初参戦というところ。完全に見落としがちな部分であり未知な領域である。これには期待しても面白いだろうという決断。ヤネにはやはり田中勝春がよく似合う。以上、4頭の馬連BOX買いで。

|

« 青葉賞 天皇賞・春 | トップページ | 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

勝ち馬は挙げてきてるんだけどなあ。結果的に人気サイドで決まるレースだと、ここの予想は冴えない結果となるのは仕方ないのでしょうか。ただバクシンオー追悼という読みはズバリだったと思うよ。そういうサインっぽい読みをちょくちょく読めるのも楽しみです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110508-00000513-sanspo-horse

投稿: becca | 2011年5月 8日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都新聞杯 NHKマイルC 新潟大賞典:

« 青葉賞 天皇賞・春 | トップページ | 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル »