« 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル | トップページ | 目黒記念 金鯱賞 東京優駿 »

優駿牝馬 東海S

今週はオークス。ここのところ重賞でカタい決着が続き、当方としては面白味に欠けている。今回も人気になりそうな桜花賞はあえて切るが、そういう予想スタンスなのでご理解頂きたい。さて優駿牝馬で本命視するのはホエールキャプチャ、いつも言うように展開と末脚頼りとなるが、最後のキレ比較では桜花賞馬に劣るだろう、ならばその馬より前で競馬して長く脚を使うしかない。そういう位置取りなら序列逆転のチャンスはある。例えるなら先週のアパパネと同じ乗り方がイメージ出来ればOK。以下、買い目の3頭。まずはマイネイサベル、ここまで勝ちきれていないのは何かが足りない証拠。クラシックの舞台で活躍したいなら一か八かで前なり後ろなり極端な競馬で一発を狙う他ない。次にグルヴェイグ、これはもう調教から抜粋。身体が使えてて反応良しと見たまで。最後にシシリアンブリーズ、力強さだけが目立つ走り。馬場が重いと案外走るように見える。雨でも降れば期待して良いだろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

東海テレビ杯東海ステークスだが、結構リーディング上位組の騎手がGⅠに行かずこちらに残った。オークスに意外と関東馬が出てくることになり関西馬が減少ぎみなのも影響したのだろう。結果的にそれなりに面白いダート重賞となる予感。本命はゴルドブリッツ、前回同様、田辺の複勝を抑えに行くがここでは中心に考えても良い。なら単勝買えよ、と思われるだろうが「田辺の複勝」というのが恒例というか不変事項なので勘弁願いたい。前走は見事のひと言。ご祝儀兼ねてここでも本命視。以下、買い目の3頭。まずはバーディバーディ、4歳馬2番手評価ながらGⅠでも上位人気になるほどの馬。ここは好調4歳ダート馬のワンツーを視野に入れる。次にマイネルアワグラス、こちらは先の馬と同様ブライアンズタイム産駒の2頭ということで期待を込めて買い。言い換えれるならこちらはBT産駒ワンツーを押さえるカタチ。最後にメダリアビート、関東・関西・中央・ローカルとどの馬場でも好走する優等生なヤツである。前走の京都では川田の手綱が綺麗にハマった傾向があるのでここでも当然勝負になると見ている。以上、4頭の馬連BOX。

|

« 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル | トップページ | 目黒記念 金鯱賞 東京優駿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

穴馬がきてもだめやな

投稿: やまやん | 2011年5月23日 (月) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優駿牝馬 東海S:

« 京王杯SC 京都HJ ヴィクトリアマイル | トップページ | 目黒記念 金鯱賞 東京優駿 »