« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

宝塚記念

夏のドリームレース、宝塚記念。最近のJRAのCMは伝説伝説ってウザイくらいに凝っているが、まぁエセ競馬ファン向けだね。そんなことはどうでもいいけど、とりあえず今週のグランプリ予想へ入る。本命はエイシンフラッシュ、やたら4歳馬が多い中でそれら4歳馬の頂点に立った馬である。序列はそのままだろう。では世代を超えた比較はというと、ここは実績馬より好調馬及び展開的有利馬を選ぶ。中段から後方待機策を虎視眈々と狙う馬が多い中で前に行ける馬で末脚も使えるし、手綱は安藤になった。追いは激しくなるが、それまで内田が追っていた馬である、ここでも変わらず伸びる。以下、買い目の3頭。まずはアーネストリー、サンデーRに次ぐノースヒルズMの3頭出しである。この馬は好調ながら展開が恐ろしいくらいに向きすぎだ。先行し番手に付けそのまま押切り、これ以上ないレースの流れとマッチした走法を持っているだけにここは押さえるしかない。次にハートビートソング、社台の底力を見せる1頭。条件馬から一気に重賞を勝ってみせたわけで、ここに駒を進めることが出来ただけでも幸運だが、ポツンと1頭だけ入ったこの勝負服を甘くみるわけにはいかない。最後にビートブラック、勝負服的にはオトリ役もありうるが、自在性のある脚質なだけに大外枠からでも不利は無い。なにより鞍上の武豊にも意地があるだろう、説明の付かない豪脚があるかもしれない。穴馬として狙う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マーメイドS

PC故障の為、借り物PCから。マーメイドステークスの買い目。ブロードストリートプロヴィナージュ、モーニングフェイス、以上3頭の馬連BOX。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京JS エプソムC CBC賞

カタイ決着が続くとヘコむね、重賞予想も楽じゃない。今週は3重賞、まずは東京ジャンプステークスから。本命はトキノナスティア、障害オープンを3連続馬券に絡んでいる。しかも全て違うコースという堅実さ、特に前走は東京3300mで2着している。これはもう買いの一手だ。唯一の牝馬というのも個人的な馬券ファクターに適合しているのが頼もしい。対抗にタイカーリアン、先行馬が最内枠に入った。重賞で強豪と競った経験を活かせるとの見解から番手評価。3頭目としてアペリティフ、前走重賞ではよく走っていた。再評価すべく今回押さえる。以上、3頭の馬連BOX。

エプソムカップの本命はダンツホウテイ、前走東京1800mオープン勝ちした時の上がりの速さは評価できる。同一コースで負担重量減ならなおさら期待できる。ここは押しの一手。以下、買い目の3頭。まずはチョウカイファイト、なぜこの馬をと思われそうだがとりあえず聞いてもらいたい。前走の同コース同距離ではなかなかの末脚を見せていたわけだが、手前を変えてからの伸びが良かった。身体も沈んでおり、今回位置取り次第では上位食い込みは濃厚。人気薄になれば非常にオイシイ馬券であろう。次にセイクリッドバレー、これは素直に前走重賞勝ちを評価。仕上がり順調そうなので安泰か。最後にダークシャドウ、これも仕方ないか前走重賞では後の天皇賞馬にハナ差惜敗。実力はあるが、唯一の不安点が距離だろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

CBC賞で注意したいのは阪神開催ということ。これを念頭に本命視するのはスカイノダン、仕上がり上等で斤量に恵まれた牝馬ということで注目している。大外枠になってしまったが中段から後方からの競馬が出来る分やや度外視。以下、買い目の3頭。まずはヘッドライナー、前走ではノーマークの先行策がハマった感もあるが逃げての上がり33秒台を出している。乱れない綺麗な走りを見せこれは面白い存在。負担重量減も期待できる。次にエーシンホワイティ、この馬の上がりも速い。まさかのサクラバクシンオー産駒3頭押さえで追悼だ。最後にアーバニティ、人気薄ながら重賞ではよく走っている。前走では不良馬場に泣いた感があり度外視。今回も人気薄なら楽しみである。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーンS 安田記念

先週はダービーだというのに、こっちは出張とドタバダしており下手な予想に終わった。巻き返すべく今週の予想へ。まずはユニコーンステークスの予想。本命はビッグロマンス、なんといっても2歳ダート王者である。陣営かオーナーサイドかの意向でクラシックの欲をかいてしまった。ダートに専念していれば戦績に傷も付かなかったろう。ここはブッちぎりで快勝と見る。以下、買い目の3頭。まずはキョウエイバサラ、とにかくダート戦なら押さえておきたい。主張できるほど良いところは見えないかもしれないが、とりあえず唯一のマル外ということで。次にユウキマリアッチ、考えれば考えるほど推せる理由が明確に書き難いが、やはりダートなら押さえておきたいと言っておこう。それより父がブラックホークというのが気になる。今週なら勝ちそうな気がしてきたではないか。最後にエーシンブラン、ダートで岩田の手綱が合いそうとしか言いようが無い。以上、4頭の馬連BOX。

安田記念は2頭の外国馬が参戦となった。気になる馬がいないわけでもないが、とりあえず本命はエーシンフォワード、前2走は距離不足から度外視し今回マイルなら評価すべし。油断なさるな、マイルのGⅠ馬ですよ。前に行く馬が多いのなら後方待機で末脚が使えるだろう。岩田ならやれる。以下、買い目の3頭。まずはサムザップ、いかにも実戦向きな馬にほかならない。本番でどれだけ意外性を見せてくれるか、とにかくレースでのみ結果が出そうな馬。次にリアルインパクト、3歳からの堂々参戦。やはりマイルならとしか考えられない。ヤネの戸崎がどれだけやれるかがカギ。最後にクレバートウショウ、後ろで死んだふりしつつアパパネをマークで勝機が見える。取る戦法はそれしかないだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »