« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

小倉サマージャンプ 小倉記念

先週は久々となる更新無しの週末となった。諸事情によるものとはいえ申し訳ない。気を取り直して今週の夏競馬予想に入る。まずは小倉サマージャンプから。本命はスプリングサエサル、久々となる前走レースをひと叩きしここは一変ある。なんといっても白浜とのコンビは鉄板に近い。以下、買い目の3頭。まずはヒカリアライブ、これはもうヤネの佐久間に手綱が回ってきたことが重要。過去2度乗っているがいずれも人気よりも上位に入り馬券対象となっている。後ろからよりも前での競馬がピタッとハマっている。次にタマモサプライズ、初めての長期休養明けとなるが重賞ではいつもサッパリな馬、オープンだとソコソコ走っているわけだが。注目すべきはローカルで尚且つ斤量減となる部分。完全にノーマークなら先行して面白い。最後にエムエスワールド、スプリンター路線から見切りをつけ障害転向後、意外な躍進中である。父ステイゴールドというあたりで、鞍上の熊沢も何かしら感じるものもあるのだろうし、馬との以心伝心に期待。以上、4頭の馬連BOX。

小倉記念で本命視するのはホクトスルタン、長距離路線からここまでカバーする馬となっている。得意のインコースに枠番が決まり坂のないローカル戦なら切る理由は何も無い。春天親子3代制覇はまだまだ夢の途中であることを証明したい。以下、買い目の3頭。まずはリクエストソング、馬券を買う対象となるべく身体も使えているし反応も良い。坂の無い小倉ならではの走りに期待。次にヤマニンウイスカー、これはもう小倉で強すぎるだろうというくらい相性が良い。他は無い。最後にヤマニンキングリー、レース間が開いたが重賞ならそれなりに期待していい。ヤネ武幸四郎というのは意外性もあり非常に期待している。ヤマニンヤマニン馬券も厚めに買ってみたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイビスダマーダッシュ

1重賞なのに、ちょっと時間がないので買い目と短評だけ。今週のアイビスサマーダッシュの本命はエーシンヴァーゴウ、頭は高いながらもテンポ良く脚が運べている。準OP、OPの連勝は侮れない。なんと言っても鞍上弱化でも勝利してきた馬である。ここは一発ある。以下、買い目の3頭。まずはジェイケイセラヴィ、身体使えておりよく伸びている。新潟直線コースでは何故か外の8枠の馬、いや言ってみれば外ラチ沿いに走った馬がよく伸びる傾向にあるのでここでは押さえる。次にヘッドライナー、先行して伸びる非常に強い馬。人気になると面白くない。最後にエーブダッチマン、この馬は短いところではよく走れているほう、1000mなら案外強烈な伸びがあるかも。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七夕賞 プロキオンS

先週のような決着だと本当にモチベーションが下がる。三連単買ってる人にとってはこれほどつまらん馬券はないだろう。今週は時間がないので短評と買い目だけ。まずは七夕賞から。本命はキャプテントゥーレ、いつも言ってるが2000mならば買いの馬。前走もそうだが小牧との相性も悪くなさそう。以下、買い目の3頭。まずはイタリアンレッド、動きが良いし比較的良好に見える。次にダンツホウテイ、動きが軽いし順調そのもの。最後にマゼラン、イレ込まなければ問題なし。以上、4頭の馬連BOX。

プロキオンステークスの本命はダノンカモン、沈む走りが出来ておりここは状態が良いだろう。以下、買い目の3頭。まずはナムラタイタン、順調としか言いようがないしダートならこの馬は押さえる。次にインオラリオ、柔らかい走りで伸びがある。最後にケイアイガーベラ、反応も良く見え具合がよさそう。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山GJ ラジオKIKKEI賞 函館SS

グランプリも終わり夏競馬が始まる、が小生にとってはこの障害GⅠはこの時期の楽しみでもある。まずはその中山グランドジャンプの予想から。本命はテイエムトッパズレ、いつものように贔屓馬であるが、そろそろデカイところを獲らせてやりたい。展開や流れに影響されることが多いが先行した時の底力は本物と見ている。対抗にはエルジャンクション、一旦障害から離れて戻ってくるという変則調整、ひと叩き入ったと見ていい。3番手にはマイネルネオス、これはもう普通に強いだろうなと感じるだけだが。以上、3頭の馬連BOX。

ラジオNIKKEI賞の本命はプランスデトワール、母スキーパラダイスディープインパクトというある意味非常に豪華で贅沢配合である。これはもう走るとしか思えない。深く考えずに血統的観点からイチ押しとする。以下、買い目の3頭。まずはカフナ、本来ならクラシック路線で目立てる存在だっただけに、ここでは力上位か。次にヴィジャイ、伸びと反応は上々であるが、何よりも前走より3㎏減という斤量に恵まれた。内枠に同じ勝負服が並び、ハナを切る争いは無いだろう。スタート後に様子をみて動けるのは有難い。最後にショウナンパルフェ、人気になってしまうんだろうか、実績といい馬の状態も評価できる。以上、4頭の馬連BOX買い。

函館スプリントステークスの本命はケイアイアストン、1200m戦に特化した戦歴は評価してよい。持ちタイム的にも悪くないのでここは押さえる。相手にはヘニーハウンド、重賞勝ちの際にはお世話になった。今回は武に乗り替わるもマイナス的要素は見当たらない。本命馬と同じく1200mという短いところのほうが間違いなく合っていると思う。鞍上の手綱捌き次第では先行抜け出しできる。3番手評価はナイアード、力関係だけが問題だが仮に人気薄だとしても四位なら案外持ってこれる気がする。調教での馬の反応は良かった。フルゲートでないなら予想では3頭挙げれば十分。この3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »