« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

新潟記念 キーンランドC

時間が無いので買い目と短評のみ。新潟記念の本命はセイクリッドバレー、順調で動き良し。新潟コースとの相性抜群。対抗にエオリアンハーブ、宗像厩舎が木幡を乗せた勝負気配アリの馬。木幡のローカル重賞勝率は異常に高い。3番手にヤマニンキングリー、この馬は先行したほうが結果が出そう。展開がハマれば押し切れる。以上、3頭の馬連BOX。

キーンランドカップの本命はアンシェルブルー、身体使えており前走の勝ち馬との再対決も今回は外から被せられる分、有利な展開に持ち込める。対抗にレジェトウショウ、穴馬っぽいが、しいて言うなら動けている感じ。斤量減は有効に働く。3番手評価はジョーカプチーノ、びっしり追った分、よく見える。距離は短いほうがエンジンが持ちそうな感じ。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟JS レパードS 札幌記念

先週は久々のヒットだった。気分良く今週も予想に入る。が、時間が無いので買い目と短評だけ。まずは新潟ジャンプステークス、本命はムーンレスナイト、文句無しの1頭。デキが違う。唯一のマル外は押さえる。対抗にクリーバレン、前走は新潟オープンを快勝。コース適正を重視。3番手にタカラボス、前走GⅠの負担重賞63.5からここへの出走は楽なはず。以上、3頭の馬連BOX。

レパードステークスの本命はボアレス、どう見ても芝適性のある馬に見えるがダートで好成績を残している。父がディープなだけにヤネは武豊の手綱が合うのだろう。以下、買い目の3頭。まずはカラフルデイズ、こちらは逆に見るからダートで走りそうな馬。前走の勝利から勢いそのものを感じる。次にタカオノボル、順調そのもの。先行策でいくだろうが最後に脚が切れるので侮れない。最後にダートムーア、テンから脚が使える馬なので思い切った走りが出来れば残れる。以上、4頭の馬連BOXで。

札幌記念の本命はマイネルスターリー、体調は良く見える。先週の丹内の好騎乗を見せられては今週も買いたくなる。前走のヘグりを修正してくれば楽勝かも。対抗にアクシオン、しまいが切れるのは相変わらずだが、できれば中段からの競馬をしてもらいたい。内枠は有利に働くだろう。3番手にヤングアットハート、重賞経験は浅いが近走は上出来である。力関係を気にしないのならば押さえてみたい1頭。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北九州記念 クイーンS

ここのところ不調というか、チョイスした馬が当日になると人気になっていたりして自分としては意外に感じていたりする。人気馬ばかり買うのは自分の本意ではないので、配当的に妙味ある馬券を心がけたい。予想ははテレビ西日本賞北九州記念から。本命はサアドウゾ、条件戦連勝後の前走重賞では見せ場があった。悪くない。牝馬の勢力が増す中、斤量49㎏はとんでもない好条件である。前走から-5㎏ということで、これで他馬との差は完全に埋まった。あとはヤネが最内枠を活かす乗り方ができるかどうかだけ。以下、買い目の3頭。まずはテイエムオオタカ、GⅠ以外ではそれなりに安定した走りを見せている。3歳という若い馬だが、今回は乗り替わりが吉と出るはず。先行策で安泰。次にエーシンリジル、準OPでは完勝している。やはり牝馬で斤量減はプラスに働く。乗り替わりも悪くなく、馬のほうも具合が良さそうでここは押さえる。最後にエーシンヴァーゴウ、人気になるかもしれないがやはり買いたい馬。短距離なら勝ち負け必至、田辺に手綱が戻ったということだけが唯一の不安材料になるか。以上、4頭の馬連BOX買い。

クイーンステークスの本命はショウリュウムーン、もともと反応の良い馬だし手綱は地方騎手のような荒っぽい追い方のほうが性に合うんだろう。そういう意味では今回のヤネが岩田なので期待できる。以下、買い目の3頭。まずはコスモネモシン、過去に2度、手綱を任された丹内が実に旨く乗っている。速い末脚も使えるし、ここは穴っぽく狙ってみたい。次にアヴェンチェラ、ある意味期待の3歳馬であり、休養明け前走が素晴らしかった。このレベルの重賞であれば当然勝ち負け。最後にカウアイレーン、今年になって急激に不調に陥っていたが復調の兆しはある。後半の伸びのある走りが出来れば、昨年の同レースくらいは期待してよい。もしかしたら札幌の馬場適性があるともいえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

関屋記念 函館2歳ステークス

関屋記念の本命はスペシャルハート、馬込みで揉まれ弱いので先行して直線外へ出せば揉まれずに能力発揮できる。スタートだけすんなり出てほしい。以下、買い目の3頭。まずはセイクリッドバレー、ここにきて能力開花か。押さえておいて損は無い。次にサトノフローラ、小柄な3歳牝馬だが斤量51㎏は無視できないほどの有利。最後にエアラフォン、ローカル&左周りは初体験なのでそこさえ克服できれば。ゆったりローテーも評価できるし、新潟は外が延びるので外枠については不利とは思えず。以上、4頭の馬連BOXで。

函館2歳ステークスの本命はプリサイスファイン、体が沈む走りは好調な証拠。以下、買い目の3頭。まずはファインチョイ、中1週のローテーは理想的。本命馬とのファインファイン馬券にも期待。次にコスモメガトロン、逆にレース間が気になるところだが問題はそれだけ。全般的には良い仕上がりに見える。最後にエクスクライム、競り合う展開なら望むところで、小回り函館という意味では条件が揃っている。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »