« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

シルクロードS 根岸S 京都牝馬S

重賞の読みがズレてしまう。荒れないレースが続いている。これはWIN5が起因しているのではないかと深読みしている日々である。売り出し中の馬券が(的中せず)売れなくなるのは胴元としてもマズイだろう、2億2億と連呼しているがプールされないんじゃ意味ないと思うが。さて3重賞の予想。まずはシルクロードステークスから。本命はアポロフェニックス、前回の京都での1200mOPでのタイムは優秀。外枠だが藤田の先行策に期待。以下、買い目の3頭。まずはマジンプロスパー、前走より斤量-2は魅力。テン乗り岩田の豪腕に期待。次にダイワナイト、こちらは前走より斤量-3である。京都コースは初となるがヤネが武豊に替り、そのマイナスは無くなった。最後にダノンフェアリー、破竹の4連勝に加え鞍上ルメール、これに尽きる。以上、4頭の馬連BOX。

根岸ステークスの本命はトウショウカズン、関東の馬場ならヤネ田辺で不安は無い。騎手の勢いを期待する。以下、買い目の3頭。まずはヒラボクワイルド、意外に東京コースで悪くない。3度目の正直で重賞勝利といきたい。次にタイセイレジェンド、ヤネ内田ということで快気祝いある。というより内田なら別に何も問題ないだろう。最後にオオトリオウジャ、これはもうヤネのクウィリーが不気味すぎて押さえたい一心。以上、4頭の馬連BOXで。

京都牝馬ステークスの本命はスプリングサンダー、大外からだが徹底した四位による手綱で重賞も見えてくる。展開次第だが外にいる分、最後も外から伸びる。以下、買い目の3頭。まずはコスモネモシン、微妙なヤネをアレやコレや乗せながらソコソコ走っているのは凄い。あるぞ丹内の重賞初勝利。次にエリンコート、うっかりオークスを勝ってしまったために中距離以上を使われてきたが、マイルならいける。はやりルメールの実力に頼る部分も多いが力無くしてGⅠは勝てないはずだ。マイル路線での爆発もある。最後にレディアルバローザ、こちらもやはりマイルでならという結論。人気薄なら非常に面白いし有難い。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AJCC 平安S

不調は続くが、どうしても人気どころ、いわゆる一本かぶりな馬を買いたくない。特に重賞となればそれなりに有名馬が出てくるわけだが「強い」のは分かっている、「勝つ」(だろう)ことも分かっているが、馬券として配当的魅力に欠けてしまいどうしても買い目に入れたくない。ならば「見(ケン)」すれば良いことになるが、ここで買い目を晒している以上、その馬券は絶対に購入することにしている。重賞以外のレースではケンすることも多いのは事実である。早速今週の予想。まずはアメリカジョッキークラブカップから。前記のことからルーラーは買わないということは予め言っておく。本命はナカヤマナイト、洒落ではないが中山コースでしっかり走れている。海外での2戦は別として関東でしっかり着実にレースを重ねたことは評価したい。ヤネとのコンビも抜群。末脚を活かしたレースを期待。対抗にはリッツィースター、コツコツと積み重ねてようやく重賞初挑戦にこぎつけてきた。仕上がり順調、あとはこのメンバーで通用するかどうかだけ。柴田政人厩舎に悲願の初重賞制覇を贈れるか。3番手にはアブソリュート、前走で初めて長いところを使ったが案外悪くなかった。どこからどう見ても買う要素など見当たらない8歳騙馬だが、独自の予想において消去法で消えない馬であった。これは一発狙ってみたい。少頭数なので以上、3頭の馬連BOX。

平安ステークス、もちろん冒頭の理由からエスポは買わん。アドマイヤも買わん。それをご理解頂いた上での予想となる。本命はインバルコ、使い詰めてはいるが走りはいつも軽い。昨年の同レースでは直前まで後藤が手綱を取り、勢いに乗ってさあ平安Sもというところで短期免許で参戦していたリスポリに乗り替わっていた。結果は2着だったが、本来なら快勝しても良い状態だった。ここは昨年の分も含めて1着リベンジといきたい。斤量56なら楽勝もある。以下、買い目も3頭。まずはタガノロックオン、現在の田辺のお手馬と言っていいだろう。前走の快勝は素直に評価。次にシルクシュナイダー、ヤネの岩田の手綱が合いそうな気配。重賞でどこまでやれるかがカギ。最後にキクノアポロ、小牧のテン乗りとなったがダートでは悪くない、というかかなりの実力馬とみている。普段はあまり買わない小牧だがダート戦ではある程度の期待感はある。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

京成杯 日経新春杯

ここのところ重賞予想が不調である。非常に悔しい思いをしている。巻き返すつもりで今週の予想に入る。まずは京成杯から。本命はレッドシャンクス、位置取り次第で余裕勝ちできる馬。手綱が横山典に戻ったことで安定した騎乗となるだろう。前走の力関係は逆転可。ちなみに唯一のマル外。以下、買い目の3頭。まずはベストディール、やはり蛯名との相性が良いと見ている。速い上がりさえ使えれば相当に手応えのある馬だと確信。次にブライトライン、前での競馬をしてほしいところ。ヤネが田辺ということで素直に買いたい馬券。かつては”田辺の複勝”を必ず買うほどだったが、昨年の活躍から今年も期待してみたい。最後にアーデント、大外枠だがこれは鞍上ルメールということで、それだけで買う理由になる。以上、4頭の馬連BOX。

日経新春杯の予想だが、少頭数ということで買い目を絞る。結果、本命はスマートロビン、非常にイイ馬が安藤に回ってきた。先行抜け出しには絶好の枠ということもあり、かなり面白い。ローテーに余裕があること、斤量負担も悪くない、勢いのある4歳馬ということで注目。対抗にはダノンバラード、ヤネが岩田となり期待していい。昨年は非常に中途半端な走りが続いていたが今回の乗り替りで激走もある。先行し、本命馬との併せで2頭だけの競馬と予想。ここはこの2頭の馬連1点買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンザン記念 フェアリーS

変則開催なので本日予想となる。まずは日刊スポーツ賞シンザン記念から。本命はシゲルアセロラ、なにより京都コース経験もある先行馬というのが魅力。あとは唯一のマル外馬というのは絡む率が高いというのが持論。距離克服のみが課題だが、この時期ならばさほど気にしなくてよいだろう。以下、買い目の3頭。まずはトウケイヘイロー、前走でも推しただけあり馬自体はなかなか良かった。素直にここでも評価。次にオリービン、1600mをきっちり経験させており、典型的なマイル馬の部類か。橋口厩舎、小牧のセットで評価してみる。最後にジェンティルドンナ、外国人騎手の手綱が合うのだろう、今回はルメールにお鉢が周り面白いから買う。以上、4頭の馬連BOX。

フェアリーステークスの本命はラシンティランテ、唯一の関西馬でありよほどの仕上げでなければ使ってこないはず。前走GⅠでは上位人気ながら阪神の坂でパタリと脚が止まったが、今回は京都ということで末脚炸裂期待。以下、買い目の3頭。まずはアイスフォーリス、距離に余裕のある馬で前走の敗因は馬場の悪さのみ。先行できる脚質からさほど難しくない乗り方で大丈夫そうなのでヤネの乗り替りは不安材料にならないと思う。次にパストフォリア、あえて横山が選んだ感もあるが、なんといっても血統的魅力は捨て難い。中山でどれだけ走れるかがカギ。最後にシャンボールフィズ、これはヤネをうまく確保できたのが大きい。ルメールの手綱のほうが合うはず。問答無用の押さえ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯 京都金杯

バタついている正月なので時間がない。買い目だけ。日刊スポーツ賞中山金杯の買い目は次の通り。ネオサクセス、ミステリアスライト、エオリアンハープ、イケドラゴンの4頭で馬連BOX。

スポーツニッポン賞京都金杯の買い目はアスカトップレディ、ショウリュウムーン、オースミスパーク、オセアニアボスの4頭馬連BOXで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »