« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

根岸S シルクロードS

今週は2重賞。軽く予想してみる。まずは根岸ステークスから。本命はトウショウカズン、当たりの柔らかいルメールの手綱への乗り替りはプラスと見ている。徹底したダート路線だが、なにしろクロフネの血を継いでいる馬である。このレベルなら鞍上次第で快勝ある。以下、買い目の3頭。まずはエーシンウェズン、本格的にダート変更後はトントン拍子にオープン馬となり前走初重賞で2着した。程よく関東のレースで好走しており、蛯名の手綱も悪くない。次にセイクリムズン、岩田と相性抜群としか思えない走りっぷり。ズンズンズンの3頭での絡みに期待する。最後にテスタマッタ、ダートではかなり実力のある馬。今回についてはヤネのマクドノーに重賞を勝たせるために乗せてるとしか思えないので一応、押さえまで。以上、4頭の馬連BOX買い。

シルクロードステークスの本命はアイラブリリ、牝馬でこの斤量のハンデなら一番手評価していい。前走では落ち着いた流れとなりタイム的にはパッとしないが先行して最後まで粘ったあたりは見逃せない。今回は斤量53が活きるはず。以下、買い目の3頭。まずはメイショウデイム、やはり前走人気薄ながら遅いペースにもかかわらずゴール前強襲を見せていた。本命の牝馬とほぼ同等評価。次にサドンストーム、結果的に前走淀短距離Sの上位3頭となるが、追い込みが利く展開なら逆転する脚を持っているだけにやはり押さえる。最後にドリームバレンチノ、前走をGⅠで3着に来ている馬。負担重量をもらっているが、持っている脚は格上。中段から前での競馬ならなんなく交わせると思う。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AJCC 京都牝馬S 東海S

時間がないので買い目だけ。申し訳ない。アメリカジョッキークラブカップの本命はダノンバラード。相手にルルーシュ、サトノアポロの2頭。以上、3頭の馬連BOX。

京都牝馬ステークスの本命はフラワーロック。相手にレディアルバローザ、ハナズゴール、アプリコットフィズ。以上、4頭の馬連BOX買い。

東海テレビ杯東海ステークスの本命はミラクルレジェンド。相手にハートビートソング、ナムラタイタン、グレープブランデー。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

順延となった京成杯の買い目は先週の予想通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェアリーS 日経新春杯 京成杯

フェアリーステークスの本命はウインプリメーラ、関西馬では一番マトモな存在。以下、買い目の3頭。まずはカスティエル、中山1600mで新馬を勝ち上がった直後の上昇傾向を買いたい。次にスマートルピナス、正直謎な馬。時に見せる速い上がりの脚に期待。最後にモンシュシュ、今回が初芝となるので押さえまで。以上、4頭の馬連BOX。

日経新春杯の本命はメイショウカンパク、トップハンデとなるが同一条件の重賞を勝っているだけにやはり気になる存在。以下、買い目の3頭。まずはエキストラエンド、若き4歳馬に期待がもてる。手頃な斤量に食指が動いた。次にカフナ、前走の準OP除外の影響が微妙だが長いところは走りそう。最後にオールザットジャズ、唯一の牝馬ということで気になり押さえておく。以上、4頭の馬連BOX買い。

京成杯の本命はマイネルマエストロ、2000を使い続けての前走快勝。ここは鉄板か。対抗にアクションスター、内田への乗り替りを重視。レースが落ち着いた流れになれば押し切ることになるだろう。3番手評価にフェイムゲーム、ベリーの手綱に期待としか言いようがない。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯 京都金杯 シンザン記念

早くも新しい年となってしまった。ずいぶん長い間、ここの予想も書き続けているがやはり年頭最初の重賞は的中でスタートしたいものだ。とりあえず現時点では枠順は確定しておらず、それを間引いたカタチでの予想であることを付け加えておく。まずは日刊スポーツ賞中山金杯から。本命はダイワマッジョーレ、馬・ヤネともに地味な印象しかないがそれでも前走GⅡでは2着に来た。斤量のアドバンテージはあるとみて推す。以下、買い目の3頭。まずはコスモオオゾラ、中山2000というだけで押さえたい。先行での位置取りのみ注意。次にアドマイヤタイシ、こちらは鞍上ベリーというだけで押さえたい。前からでも後ろからでも動ける分、プラス評価。最後にタッチミーノット、凄い上がりの脚を使える馬。休養明けとなるが鉄砲が利くのでとりあえず買う。以上、4頭の馬連BOX。

スポニチ賞京都金杯の本命はトーセンレーヴ、徹底した外国人ジョッキーのみ乗せるというスタイルが気に入っている。ちょっとこだわり過ぎじゃないかと思うくらいだ。で、今回のビュイックでどうなの的な部分が非常に興味が湧き食指が動く。ブラックボックス的だがこれまでそんなに悪かったわけもなく、順当ならGⅢくらいアッサリ勝てる。以下、買い目の3頭。まずはシャイニーホーク、乗り替わった川須がどうなのと思われがちだが、去年は重賞を3つも勝っている。ハンデ戦の重賞あたりは頃合だろう。次にダノンシャーク、ソツがない競馬といえばそうだが京都で大崩れしていない走りは捨てがたいし、何より鞍上はルメールだ。100%以上の能力を引き出してくれることは間違いない。最後にヤマニンウイスカー、重賞では用無しと思われた馬が前走OPのマイル戦で見違える走りを見せてくれた。千田厩舎の初重賞は武豊でという感がないわけでもない。以上、4頭の馬連BOX買い。

日刊スポーツ賞シンザン記念の本命はエーシントップ、重賞勝ちがあるだけに斤量も背負うがこのマル外は強い。スタートで遅れずに前で競馬ができればそのままいける。対抗馬にはカオスモス、内田が非常に上手く乗っている。マークに徹すれば楽に交わせる可能性は高い。3番手評価はタマモベストプレイ、京都2連勝はダテじゃない。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »