« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

アーリントンC 阪急杯 中山記念

時間が無いので買い目だけ。申し訳ない。アーリントンカップの買い目はテイエムイナズマ、カオスモス、コパノリチャード。以上、3頭の馬連BOX。

阪急杯の買い目はサンカルロ、エピセアローム、マジンプロスパー、クィーンズバーン。以上、4頭の馬連BOX買い。

中山記念の買い目。アンコイルド、シルポート、タッチミーノット、トーセンレーヴ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンドS 小倉記念 フェブラリーS

今週も時間がないので買い目だけ。忙殺されており申し訳ない。ダイヤモンドSの本命はフォゲッタブル。相手3頭にネコパンチ、メイショウカドマツ、エーシンジーライン。以上、4頭の馬連BOX。

小倉記念の本命はゲシュタルト。相手3頭にマルカボルト、パッションダンス、ダイワズーム。以上、4頭の馬連BOX買い。

フェブラリーステークスの本命はグレープブランデー。前回も推したようにこの馬の強さは本物。東京コースで悪いわけでもないので不安はない。以下、買い目の3頭。まずはワンダーアキュート、徹底して和田が手綱を取り、強い相手とばかりやり合ってきた馬。ここらで中央のGⅠをアッサリもある。次にテスタマッタ、やはりダートでは押さえておきたい。岩田が乗るなら動く馬。最後にガンジス、一応若い馬からはこいつを買う。斤量57でどこまで走れるかがカギ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイーンC 共同通信杯 京都記念

短評と買い目だけ。まずはデイリー杯クイーンカップから。本命はウキヨノカゼ、ビュイックに重賞を勝たせるために乗り替わったとしか思えない感じが拭えない。買いの一点。以下買い目の3頭。まずはジーニマジック、もう一方がダメならこちらの外国人ジョッキー、ブノワという算段。やっぱり買いの選択。次にコレクターアイテム、なにもなければ実力順で筆頭。最後にオーキッドレイ、押さえ程度。以上、4頭の馬連BOX。

次に共同通信杯。本命はクロスボウ、馬体があり絞ってくることが条件だが上がりの脚が使えるのが大きい。期待する。対抗にはラウンドワールド、前走出遅れはご愛嬌。今回は盛り返してくるはず。最後にゴットフリート、素直に前走評価。ビュイック補正が気になるくらい。以上、3頭の馬連BOX買い。

京都記念の本命はショウナンマイティ、前走GⅠで3着は立派。鉄砲が利くだけに馬体ができていれば完勝する。対抗評価にトーセンラー、外枠2頭のチョイスとなってしまった。距離が微妙だが追い込みに賭ければ一瞬だけ使える脚次第。3番手評価にカポーティスター、選択に迷うフロックさが拭えないが2着ならありそう。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京新聞杯 きさらぎ賞

今週の2重賞。時間がなく買い目と短評のみ。東京新聞杯の本命はクラレント、東京のマイルで強しの印象。以下、買い目の3頭。まずはドナウブルー、典型的なマイラーっぽさが良い。末脚も期待できるし牝馬ならこちら一択。次にマウントシャスタ、押さえとしての魅力のみ。最後にリアルインパクト、鞍上のマクドノーが不気味。以上、4頭の馬連BOX買い。

きさらぎ賞の本命はラストインパクト、距離適正重視での選定。対抗にはタマモベストプレイ、他馬と併せてからの底力があるし距離も申し分ない。3番手評価はアルムダプタ、初芝要注意。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »