« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

ダービー卿CT 産経大阪杯

年度末、超多忙につき本当に申し訳ないけど買い目だけ。時間が欲しい。まずはダービー卿チャレンジトロフィーから。本命はドナウブルー、新馬から3戦手綱をとった福永に戻りここは買いの一手。マイル戦なら勝ち負け。以下、相手の3頭。まずはムクドク、かなり遅咲きの部類に入るであろう、ましてや重賞初挑戦となる今回だが、前走を中山1600mで勝利している部分を素直に評価。次にホーカーテンペスト、同じく前走中山マイルで勝利している。斤量55で乗れる今回はチャンスか。最後にトウケイヘイロー、マイル以下の距離を徹底してこなしているあたりは面白い。以上、4頭の馬連BOX買い。

産経大阪杯の本命はエイシンフラッシュ、最強馬は今回切り捨て。馬の気性的というか本質的に買いたくないし配当的にも避けたいのが本音。ならば狙うのはダービー、秋天を獲っているこちらということ。2000mなら分があると見ている。対抗にはヴィルシーナ、目の上のタンコブだった最強牝馬がいなければここでは上位評価組。最後にダークシャドウ、地味でいぶし銀的な馬のヤネに戸崎とくれば否応なしに押さえておきたい。強敵相手に大崩れせず善戦してきたことは強み。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経賞 毎日杯 マーチS 高松宮記念

去年のBIGな配当を思い出す日経賞。懐かしむ感じで今週の4重賞予想。時間がないので買い目だけです。申し訳ない。日経賞の本命はムスカテール、相手本線にフェノーメノ、3番手評価がダノンバラード。以上、3頭の馬連BOX。

毎日杯の本命がピュアソルジャー、相手本線にキズナ、3番手評価にバッドボーイ。以上、3頭の馬連BOX買い。

マーチステークスの本命はメイショウタメトモ。以下、買い目の3頭にナイトフッド、ドラゴンフォルテ、タカオノボル。以上、4頭の馬連BOX買い

高松宮記念の本命はドリームバレンチノ。相手にサクラゴスペル、ダッシャーゴーゴー、アイラブリリ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーC ファルコンS スプリングS 阪神大賞典

4重賞という中身の濃い週末。3歳戦がメインとなるためかなり自信がない。時間もないので買い目のみ。まずはフラワーカップから。カラフルブラッサムタプローム、ロゼラニ。以上、3頭の馬連BOX買い。

中日スポーツ賞ファルコンステークスの本命はラインミーティア。相手にダイナミックガイティーハーフ、インパルスヒーロー。以上、4頭の馬連BOX買い。

フジテレビ賞スプリングステークスの本命はタマモベストプレイ。相手にロゴタイプ、サーストンニュース、マイネルホウオウ。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神大賞典の本命はデスペラード。対抗にゴールドシップの2頭のみ。馬単1点買いでガッツリ勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阪神JS 中日新聞杯 中山牝馬S フィリーズレビュー

今週は4重賞。完結にまとめて予想。まずは阪神ジャンプステークス。本命はテイエムハリアー、障害戦となれば無条件で買えるほど評価している。鞍上が白浜となるが特に問題は見られない。最内枠引いて逃げ切り策一点。対抗にナリタシャトル、本命と遜色のない実力の持ち主と考えている。番手に付けるだろうが併せて走れれば粘れる可能性は高い。3番手にはワシャモノタリン、人気薄でも最後は詰めてこれる末脚の持ち主。穴として狙う。以上、3頭の馬連BOX。

次に中日新聞杯。本命はドリームセーリング、逃げていながらしっかりレースを作れる馬。いわゆる逃げバテしない脚がある。中京コースならハマる。以下、買い目の3頭。まずはアンコイルド、末脚に期待としか言いようがないが、展開次第では面白い。次にショウリュウムーン、仕掛け方に工夫があれば2000mでも勝負になると見ている。秋山の手綱で開眼か。最後にサトノアポロ、堅実といえば堅実なイメージでしかない。押さえまで。以上、4頭の馬連BOX。

日曜日、中山牝馬ステークスの本命はマイネイサベル、ヤネの松岡がお手馬として非常に上手く乗っている。このメンバーなら抜けた存在。以下、買い目の3頭。まずはフミノイマージン、道中の位置取りが後ろ過ぎなければ勝ち負け。中段待機策がベスト。次にフェータルローズ、斤量の恩恵を最大限に有効利用し、江田の一発を期待。最後にクイーンリヴィエラ、やはり同じく斤量の恩恵を活かす騎乗で期待。以上、4頭の馬連BOX買い。

報知杯フィリーズレビューの本命はサウンドリアーナ、前走GⅠでは見せ場もなかった。巻き返し1番手として推奨。ヤネの戸崎が魅せてくれるはず。以下、買い目となる3頭。まずはメイショウマンボ、馬体が絞れていれば勝負になる。案外末脚が切れるイメージ。次にサマリーズ、2歳砂の女王だが芝で悪いわけではない。最後にサンブルエミューズ、根拠は薄いがいつものように鞍上の岩田が持ってくるという印象。それだけで押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンS チューリップ賞 弥生賞

3重賞、まずは夕刊フジ賞オーシャンステークスから。本命はツルマルレオン、中央移籍に拍車をかけたい戸崎が鞍上。本来なら後方からいく馬だが先行策に転じても面白いはず。どこまでヤネの自由が利くかがカギ。以下、買い目の3頭。アドマイヤセプター、こちらは鞍上バルジューというベテラン外国人ジョッキーとなった。味のある騎乗を期待。次にハクサンムーン、前走からフロック視されそうだが力のある抜け出し方をしていた。ここも推す。最後にエーシンヒットマン、かなり期待値は高かったが大外となってしまい押さえまで。以上、4頭の馬連BOX。

チューリップ賞の本命はクロフネサプライズ、武豊への乗り替りからちょっとは期待してみたい。前走GⅠ2着しているだけあり人気にはなりそうだが。以下、買い目の3頭。まずはコズミックショア、唯一のマル外というだけで買い目とする。次にグッドレインボー、好調のビュイックの手綱で最内枠。一発を警戒。最後にレッドオーヴァル、こいつの底力は驚異だろう。デムーロなら買わないわけにはいかない。以上、4頭の馬連BOX買い。

弥生賞の本命はキズナ、あえてこの選択。2000mなら確実に勝負になる馬。対抗にコディーノ、能力と実績から買わざるをえない。最後にサトノネプチューン、デビュー2連勝と前走中山2000での勝ちを評価。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »