« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

青葉賞 天皇賞・春

久しぶりにゆっくりと休日を過ごしている。じっくり予想の今週の2重賞。まずはテレビ東京杯青葉賞から。本命はサトノノブレスとした。2歳時に経験した東京コースの走りは悪くなかった。むしろ好評価していい。先行しても使える早い末脚に期待。母父トニービンというあたりが底上げを感じさせる。以下、買い目の3頭。まずはトウシンモンステラ、後方待機からの直線一気の一本槍だが前走は見事にハマった。コース特性を活かせればかなりの強襲脚となるかも。次にレッドレイヴン、実績はあるがレース間が空いたことで微妙さはある。こいつも後方からの競馬しかないので展開次第となるが買っておくべき。最後にアドマイヤスピカ、前走の上がり32.8は驚異。外に持ち出しての追い出しとなるが少頭数の前走通りいくかどうか。大外枠だし、ロスなく走り最後に外に出れれば面白い。以上、4頭の馬連BOX買い。

天皇賞・春だが、先に言っておく。ゴールドシップは切る。実力は充分承知、認めているが単に配当的に旨みがないので買わないだけ。来てしまったらゴメンナサイだ。その上での買い目となる。本命視したのはフェノーメノ。実は昨年のダービーではゴールドシップの上を行っている。その後直接対決はなく、つまりここで勝ってもなんら不思議はないわけだ。むしろ力関係では上と見てもいい。お互いがかなり牽制しあうだろうが、ゴールドをマークできれば分がある。末脚では負けないはず。以下、買い目の3頭。まずはフォゲッタブル、前走は本当に久々に馬券対象に食い込んできた。先行して折り合いが付き、そのままなだれ込むと強い印象。亡き母に捧ぐドラマが用意されてても面白いんじゃないか。次にカポーティスター、ステップレースではそれなりに走っており勝利もしているが何故か評価が低いのは馬・ヤネともに地味だからなのか。侮っていると一泡食わされそうな気配がある。今回は逃げて一発を狙ってもいい舞台だ。最後にトーセンラー、距離的には不安はあるが内枠の利を活かしてほしい。極端な後方待機策でない限り望みはあるかも程度。鞍上の経験に賭ける。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島牝馬S フローラS マイラーズC

誠に申し訳ないが、今週も買い目だけ。忙殺されている。1週間で4時間くらいしか睡眠が出来ていない状態。さて福島牝馬ステークス、マイネイサベル、ピュアブリーゼ、サンシャイン、ゴールデンボンバー。以上、4頭の馬連BOX。

次にサンケイスポーツ賞フローラステークス。イリュミナンスセキショウ、エクスパーシヴ、エバーブロッサム。以上、4頭の馬連BOX買い。

読売マイラーズカップの買い目はアスカクリチャンダノンシャーク、エーシンメンフィス、オースミスパーク。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山GJ アンタレスS 皐月賞

年度初めで色々と忙殺されており、なかなか時間がない。土曜日朝の更新となってしまい申し訳ない。買い目だけ。まずは中山グランドジャンプから。本命はシゲルジュウヤク、対抗にウォークラウン、3番手にナリタシャトル。以上、3頭の馬連BOX。

アンタレスステークスの本命はトミケンアルドール、相手3頭にオーブルチェフ、ナイスミーチュー、フレイムオブピース。以上、4頭の馬連BOX買い。

皐月賞の本命はタマモベストプレイ。相手3頭にミヤジタイガ、カミノタサハラ、コパノリチャード。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NLT 阪神牝馬S 桜花賞

多忙により買い目だけ。ニュージーランドトロフィーの本命はガチバトル。以下、買い目3頭はエーシントップ、ワールンガ、サクラディソール。以上、4頭の馬連BOX。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの本命はホエールキャプチャ。以下、相手の3頭はイチオクノホシ、クィーンズバーン、メイショウデイム。以上、4頭の馬連BOX買い。

桜花賞の本命はメイショウマンボ。相手3頭にサンブルエミューズ、ティズトレメンダス、ナンシーシャイン。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »