« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

シリウスS スプリンターズS

いつもコメント欄では小生の体調を気遣うお言葉を頂き嬉しく感じている。体調、病状ともに回復した。したのはいいが昨日ギックリ腰となった。非常に辛い状況だが予想するには関係ないので別によろし。さて、2週連続と重賞は空振りし申し訳ない。競馬自体を単純に博打として考えているため、この辺はとっても悔しい思いをしている。今週の2重賞へ行く。まずはシリウスステークスから。本命はサトノプリンシパル、前走の新潟では蛯名が乗ったが阪神なら迷わず武豊だろう。まぁ蛯名は今週は関東でGⅠに集中しているだろうし、ここは乗り替りでプラスと考える。3歳馬のメリットを活かして楽勝コース。以下、相手の3頭。まずはケイアイレオーネ、本命と同じく3歳ダート重賞をステップに進んできた。よほど勝算があるのだろう、ここは評価してみる。次にフサイチセブン、打って変わってダートの古豪というか長いところなら強い競馬をするというイメージがある。なんていうんですか、その、昨年のこのレースは1年ぶりに同レースだったにもかかわらず食い込んできた。やはりシリウスSには特別な繋がりがありそうで注目するしかない。最後にクリールパッション、なんとも地味なヤネを毎度携え長く走っている元気者。元気さにあやかりたいというのは嘘だが、正直冒険馬券の一つに過ぎない。ご参考までに。以上、4頭の馬連BOX買い。

スプリンターズステークスの本命はスギノエンデバー。まず言っておくのはロードカナロアが強いのは充分承知ということ。冒頭でも書いたが博打と考えている以上、配当妙味が無いものは買いたくないのだ。要するに、ここは”見(ケン)”する場面だが、たいした額で打っているわけでもなく、予想する行為自体はケンする必要もなく、それなら買うならこうだろうっていう目を晒している。この辺をご了承願いたい。で、本命に推すのは速い上がりの脚が使えるからという理由が一つ。世界最高レベルの馬が先行すれば自ずと先行争いは必至。後ろからガツンと差せる末脚を期待する。まぁ、色々とその他のファクターもあるが、怪しいと思っているのは同枠に社台の馬、同じ父サクラバクシンオー産駒、そもそも伊藤工真なんかがこんなところに出てきていることにビックリしている。このあたりは詳しく書くと長くなるのでゴニョゴニョ。以下、買い目の3頭。まずはサクラゴスペル、怪しいというようなレベルではないが強いレースを続けているのは事実。短距離では悪くない。久々にサクラの服で勝つ横山典を見てみたいが、なんか2着っぽいのも仕方ないか。次にハクサンムーン、色々書くと面倒なので、前走で強馬に競り勝ったのを素直に評価。最後にグランプリボス、レース間が空いたのは気に入らないが1200mでの走りに興味がある。そもそも走ってきているレースのランクが各違いなのでそう言う意味では充分期待していい。以上、4頭の馬連BOXで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オールカマー 神戸新聞杯

前回は病に倒れ、雑な予想を晒し申し訳ない。応援コメントも読ませてもらった。好き勝手に書いている個人的な予想ブログなんかを読んで頂いていることが、とにもかくにも恐縮である。おかげさまで体調は復活した。秋競馬も盛り上がってくる。特にフランスのレースは目が離せないだろう。実はJRAより海外競馬のほうが詳しかったりするわけで、買えるものなら馬券勝負したいくらいである。80年代後半から90年代のNHK番組「世界の競馬」はすべて録画保存しているくらいだ。余談はさておき、産経賞オールカマーから。本命はムスカテール、内田が実に上手く乗っている印象。GⅡレベルならば充分期待していい。ゴール前できっちり差し切ってくれると見ている。以下、買い目の3頭。まずはダノンバラード、能力的には上位だが大事な所で勝ちきれていない。そもそも乗り替りが多すぎるんじゃないか。ヤネが固定できていればかなりの馬だと思うが、ここでも一応押さえるべく押さえる。次にアスカクリチャン、 これはもう完全に先行して逃げるが一番いいと思う。柴田善にその乗り方ができるかどうかだが中山ならなんとかなりそう。最後にハナズゴール、完全に狙った馬券。距離克服が全てに見えるがポイントはヤネ。この馬に丸田かと思いきやデビューを含め2歳時には手綱を任されているのだ。久々に戻ったかつてのお手馬が重賞馬となって戻ってきた。なのでもう距離なんて関係ない、とにかく必死で乗る。それだけだ。無欲で追ったら最後は交わしていたなんて光景がありそうで怖い。期待の押さえ馬券。以上、4頭の馬連BOX買い。

神戸新聞杯の本命はエピファネイアで仕方ない。今回のメンバーでは能力が抜けている存在。黙って評価する。末脚頼りなので鞍上が油断するとダービーの二の舞になりそうだが。それでも連は外さないだろう。以下、相手となる3頭。まずはタマモベストプレイ、先行策を取れば面白いんだが、クラシックと同じ乗り方では苦しいか。スタートが決まれば展開的には勝ち負け。次にテイエムイナズマ、見ている限り距離は長いところが合いそうではある。展開次第だが最後の直線一本勝負でハマる。最後にバッドボーイ、狙ってみたい完全な穴馬。2年目菱田がどこまで奮起できるかがカギだろう。あえてマークに徹することで勝機が見えてきそうだ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪神JS ローズS セントライト記念

突然の病にうなされダウン中。土曜日の朝の更新となってしまたが予想だけした。阪神ジャンプステークス、テイエムハリアー、トウショウデザイア、ビッグウィーク

関西TVローズステークス、エバーブロッサム、レッドオーヴァル、デニムアンドルビー

セントライト記念、ケイアイチョウサン、ヒラボクディープ。以上、雑になり申し訳ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京成杯AH セントウルS

まったくもって時間が無い。買い目だけ。京成杯オータムハンデの本命はエクセラントカーヴ、相手にインパルスヒーロー、マルカボルト、ルナの3頭を挙げる。以上、4頭の馬連BOX買い。

セントウルステークスの本命はマイネルエテルネル、対抗にはドリームバレンチノ、3番手にティーハーフ。1強だがオッズ的に期待できないので切る。以上、3頭の馬連BOXを厚め買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »