« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

スワンS 天皇賞・秋

今週は2重賞。まずは毎日放送賞スワンステークスから。本命はサンカルロ、阪神1400mなら無条件で買いだ。無条件という理由だけで本命視する。対抗にはエーシントップ、3歳馬だが、もともと阪神デビュー後にほとんど関東を主戦場とした珍しい関西馬。久しぶりにここで暴れてほしい。3番手評価はレッドオーヴァル、3歳牝馬ということで斤量52はかなり魅力的。クラシック2着の実績は評価していい。以上、3頭の馬連BOX買い。

天皇賞・秋の本命はエイシンフラッシュ、実績からして文句ない。特に昨年の同レースでの印象は強い。鞍上もミルコ・デムーロというならこれ以上ないほど心強いし、先行勢が残る展開ならこの馬が抜け出す。以下、買い目の3頭。まずはダノンバラード、結構まともな実力馬だがGⅠ戦線になかなか顔を出さないあたり評価がし難いところ。川田が手綱を取ってから前での粘り、押しが強くなった。ここでも推奨。次にアンコイルド、今年目を付けていたがようやくGⅠに出てくることとなった。人気薄を覆して食い込んでくる様は私の溜飲を下げてくれる存在だ。どのポジションからでも走れる起用さは気に入っている。今回は速い流れで競り合ったケースで前が潰れた時に後方強襲するイメージ。最後にヒットザターゲット、前走の結果はフロック視されがちだが差し・追い込みが利く流れだとコイツは強い。展開に頼る部分もあるがやはりハイペースなら末脚爆発は必至。今回は押さえる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

富士S 菊花賞

毎週、平場でちょこちょこと稼ぐも大きく張ったメインや重賞で馬券が外れるととても悔しい。結果と自身の予想ファクターを照らし合わせ、修正をかけていく作業が面倒なだけかもしれん。さておき今週の2重賞、まずはサウジアラビアロイヤルカップ富士ステークスから。本命はエーシンミズーリ、私の予想ではこの馬を本命に弾き出した。横山典のテン乗りとなり変わり身の期待値が高いとしか言いようがないな。これといって強調するところもないが、ダメなところもないという印象。なんだか曖昧で申し訳ないが独自の予想スタンスなのでこの馬を買う。以下、買い目の3頭。まずはガルボ、マイル戦では微妙な位置付けでしかないが人気薄でポコッと絡んでくるのが悩ましい。本命馬と同じくマンハッタンカフェ産駒繋がりと言っておこう。次にサンレイレーザー、近走の成績には目を見張るものがある。内、外と極端な枠が多かったものの食い込んできていた。今回の枠なら展開的には位置取りも楽だし、前に付ければそのまま抜け出せる可能性は高い。最後にリルダヴァル、リスポリが乗るということが面白い。2年前に一度手綱を取っていることから久々の顔合わせとして爆発を期待。リスポリは普通に上手いからな。以上、4頭の馬連BOX買い。

菊花賞の本命はマジェスティハーツ、前走は若手の森がよく頑張ってくれたことでここへ出走となった。満を持して武豊へ手綱が戻ったわけだが、菊花賞・外枠ピンク帽・武豊とくればなにやら勝利のイメージしか湧かない。妄想ではなく馬の自力は本物で、いつものように外枠スタート、4コーナーから最内を抜けてくることで勝利へのVロードが見えるだろう。いかにラストで内を通って抜け出てくるかがカギ。以下、買い目となる3頭。まずはサトノノブレス、長いところ程うってつけ。なんせ生産はメジロ牧場である。メジロの忘れ形見が火を噴くんじゃないか。そんな期待感の強い一頭。次にユールシンギング、関東馬では一番良く見えた。戦歴からフロック視されそうだが前走のラストの強さは本物。同じ勝負服でも選ぶのはこちら。最後にタマモベストプレイ、間違いなく力はあるんだがなかなか名前のようなベストなレースが出来ていないのが現状。母父ノーザンテーストに父フジキセキという血統的には妙味があるし、後ろから行くよりは逃げても案外粘れそうな気配はあるんだが、思い切った騎乗で活路は見える。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都HJ 府中牝馬S 秋華賞

今週は3重賞。まずは京都ハイジャンプから。非常に良いメンツとなったが、逆にその分面白味は無い。ガチガチの馬券となりそうなので詳細を割愛し買い目だけ。本命はバアゼルリバー、対抗にオースミムーン。この2頭で締めたいが押さえでアサティスボーイだけ買う。以上、3頭の馬連BOX。

府中牝馬ステークスの本命はドナウブルー、昨年の夏とほぼ同じローテーで臨んでおり結果も伴っている。典型的な秋冬好調馬と見ているのでこの時期からは強気で買っていいだろう。対抗にはアロマティコ、前走はオープンを満を持して快勝し万全を期して重賞再挑戦。勝ち負け必至。最後にスイートサルサ、果敢にも3歳でここに挑んてきた一頭。斤量有利を活かすなら直線一気に賭けるべきか。以上、3頭の馬連BOX買い。

さて秋華賞では思い切って関東馬を本命視する。リボントリコロールでいく。前走は展開のアヤで届かず2着したが末脚は同世代牝馬では屈指。往々にしてこのレースは強襲してくる馬が強い印象、横山がクロックワークのような乗り方を再現すれば今度は差し切れると見た。以下、相手の3頭。まずはデニムアンドルビー、コメント無用の実力馬。王道ローテーでトライアル快勝、絡まないわけがないだろう。次にスマートレイアー、母父ホワイトマズルに父ディープインパクト、鞍上が武豊という願ってもない組み合わせ。先日のフランスの雪辱を考えるとこの馬で勝つことは意味が深い。最後にセキショウ、完全に展開に恵まれる必要があるが単騎で逃げれば勝機は無きにしもあらず。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デイリー杯2歳S 毎日王冠 京都大賞典

国内も海外もいよいよ面白くなる秋本番。まずはデイリー杯2歳ステークスから。本命はライザン、言い方は雑だが岩田の一発が期待できる。末脚弾け大外強襲、これに尽きる。対抗にはモズハツコイ、前走では勝ちきれなかったがここは巻き返しあり。3番手評価にホウライアキコ、どうせ人気になりそうだが父ヨハネスブルグという血統が気に入った。以上、3頭の馬連BOX買い。

毎日王冠の本命はコディーノ、春には悔しい思いをした3歳馬が斤量の恩恵を受けここは爆発する。強豪古馬相手にギリギリ頭を抑えて勝利か。鞍上四位への乗り替りは正直微妙。対抗にエイシンフラッシュ、GⅠ馬の意地を見せてほしいし、獲ったのは東京コースの天皇賞秋である。久々にヤネ福永となったが、エイシンに福永なら文句ないだろう。3番手評価はエキストランド、最高に良い上がり馬という感じ。東京1800mでそれなりの内容で勝利している。臆せず無欲で乗れば案外喰らい付けると思う。以上、3頭の馬連BOX買い。

京都大賞典の本命はトーセンラー、京都コースならゴールドシップより上手く立ち回れることは間違いない。狙うならこっち。対抗馬としてヴィルシーナ、こいつに岩田あ乗ってくるとは思わなかった。この距離でも苦にしないだろうし、やっぱりここは説明出来ない馬を持ってくるという表現しかない。下手な説明で申し訳ないがそういうことだ。最後に3番手としてアンコイルド、夏のローカルでは推していただけに応援馬券っぽいが内枠を引いたのでここは展開的に面白い位置取りができそう。この舞台で絡んでくれば次はGⅠだろう。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »