« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ステイヤーズS 金鯱賞 JCD

3重賞。短評と買い目だけ。まずはスポーツニッポン賞ステイヤーズステークスから。高齢化率の高さというか、すでにロートル扱いの実績馬が長距離戦ならもしかして、という感じが見えてしまう。そこで本命はデスペラード、脚質からかなり後ろからの競馬が多い馬。中段につけるか、先行しても充分勝負になると思う。対抗にはコスモロビン、長距離適正があるもヤネの地味さから重賞で人気薄となってしまいがち。派手に弾けた乗り方というか、普通に先行策で最後まで持つと思う。あとはユニバーサルバンク、長距離で活きるタイプか。外枠からになった分間引いて3番手評価。以上、3頭の馬連BOX買い。

金鯱賞の本命はオーシャンブルー、昨年はここをきっかけにグランプリの激走へと繋がった。まったく同じパターンでルメールの手綱なら昨年の再現そのまま。以下、相手の3頭。まずはメイショウナルト、前走は明らかに太かった。調整ミスとしか思えない敗戦。馬体重絞れれば普通に好戦できる。次にカレンミロティック、中距離なら買っておきたい。ここなら面白いと思う。最後にウインバリアシオン、懐かしい馬が帰ってきた。実力といい末脚は最高の馬。但し一年半ぶりは厳しいか。恩返しも含め、おかえりなさいの記念馬券で。以上、4頭の馬連BOX買い。

外国馬の招待馬がたった1頭やんけ、とツッコミたくなるようなジャパンカップダート。個人的にはオールカマーダートくらいの認識。お祭り感ゼロでしょ。さて、そんなメンツから台頭してきている4歳馬を切り捨て。馬券妙味に走った結果、本命はベルシャザール、最も旬な馬といえる ダートで開眼したといえよう。流れアリ。以下、買い目の3頭。まずはグレープブランデー、2戦叩いてのココ。ダートで買わないわけにはいかないとくらい思っていた馬。今回は怖い。次にメーデイア、紅一点。最近では大きいところは斤量の恩恵で牝馬が勝っている。これもある意味流れとして乗っておきたい。最後にワンダーアキュート、そもそも上記の買い目だと社台RHの勝負服ばかりで萎えてしまう。変わり映えしないのでピンクの勝負服を。というわけではないが厩舎の稼ぎ頭なので、ここは死に物狂いで仕上げてこよう。馬も凡戦が少ないことはプラスと見ている。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

京阪杯 ジャパンカップ

今週の2重賞、大きく獲りにいきたいところ。まずは京阪杯。本命はアースソニック、なんといっても鞍上デムーロで活きる。前走の不良馬場をものともせず抜け出してきた馬だ。それまで振るわなかった戦績時のヤネとの比較は少々酷であろう。深く考えることなく軸馬としていい。以下、相手の3頭。まずはエピセアローム、3歳で重賞を走りまくった馬。敗戦も多いがその時の勝ち馬が世界最高峰のスプリンターであったことは理由になる。しかもその世界チャンプを一度はGⅡで破って勝利しているので、単純に計りに掛ければ実力は証明できる。陣営としては翌日のジャパンカップに力が入るところだろうが、案外こっちのほうが狙いやすい感じか。つぎにアイラブリリ、京都1200mではとにかく買っておきたい。内枠に入ったというのもプラス材料か。最後にアドマイヤセプター、1200mでしか信用できないと思っていたが意外にもこの距離で勝ち鞍は無い。無いが1200mがベストという考え方は変わらない。重賞経験豊富だし、鞍上岩田で一変に期待。以上、4頭の馬連BOX買い。

さてジャパンカップ。恒例のお祭りと言いたいところだが、例年のような盛り上がりは感じないな。というのも外国からの招待馬の少頭数といい馬質のショボさは拭えないからだ。そんな中で本命に推すのはその外国馬で一番良く見える馬、ドゥーナデン。こいつだけは注目していいフランス馬である。走ってきたレースは超世界レベルの一級馬。勝ちきれなかったあたりは差し引くが、それでも今回出走する日本馬と比較すると格上であることは明白。厚く買っておきたい。以下、相手となる3頭。まずはエイシンフラッシュ、東京コースでやたら強く見えるのにジャパンカップだけは凡走している不思議。そもそもダービー馬が6歳のこの時期に一線級にいること自体、実力がある証拠。特に多くを語る必要性もなく、当たり前に押さえる。次にシメノン、こいつはスーパー長距離砲。そして障害レースなんかも使ってくるほどのタフネスぶり。そのくせやたら上がり脚勝負をしかけてくるという、ある意味で怪物なのだ。そしてなんといってもセン馬というあたりがジャパンカップに似合っているではないか。人気薄だったらしこたま複勝を買いたいと考えている。最後に今年イチ押しのアンコイルド、まぁあれだけ持ち上げて評価していたわけだが、まさかこの馬がジャパンカップに出てくるとは思いもしなかった。たしかにあの時「次はGⅠだ」なんてことまで予測していたがJCとはな。結果的に今回のレースのレベルを象徴していると言える。とにかく馬券は別として今年の贔屓馬を押さえておくことにする。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京スポーツ杯2歳S 福島記念 マイルCS

今週の3重賞。まずは東京スポーツ杯2歳ステークスから。本命はクラリティシチー、前走ではスタートは悪いは直線では窮屈になるわで良いとこなくラストぎりぎりで凄い脚を使っていた。出負けさえせず好位置にさえ付けば磐石の体勢。以下、相手の3頭。まずはオールステイ、馬体さえ絞れれば尚良し。逃げる展開でも悪くないと思う。ヤネを替えての変わり身期待。次にラングレー、2戦目の馬では良く見えた印象。最後にイスラボニータ、単純に前走勝ちを評価。以上、4頭の馬連BOX買い。

福島記念の本命はシゲルササグリ、中距離で勝ちまくってるのに前走はいきなりGⅡの長いところ使ってしまった。案の定、距離が伸びた分タレて着を落としている。ポジション取りも悪くなく前で競馬が出来るあたりは信用していい。不安材料は鞍上くらいか。以下、相手となる3頭。まずはミキノバンジョー、パッとしない印象だが去年、今年と福島では好走している。典型的なローカル馬。次にアップルジャック、こいつもローカル専門というかもっと明確に言うと福島専用馬か。格上挑戦ではあるが軽ハンデは面白い。最後にスピリタス、2000mの経験は少ないものの最内枠からの先行策は買いか。柴山の押しに賭ける。以上、4頭の馬連BOX買い。

マイルチャンピオンシップの本命はリアルインパクト、この馬は戸崎じゃなきゃ駄目だということを前走を見て確信した。外枠になったがスタート好ダッシュはお約束なので前に付けるには心配ないだろう。以下、買い目の3頭。まずはドナウブルー、もともとマイルが合っている。ビュイックも短期免許外国人勢としてGⅠの1個くらい勝っておかないとな。そんな彼の重賞勝ちはマイル戦ばかりというプライズ材料。次にガルボ、先行若しくは逃げても良しという粘りの馬の典型。マイル重賞3勝は伊達じゃない。先行争いで喧嘩しなければ良いわけで、ラスト直線が長いところでは息切れが多い。今回こそ粘りに粘る走りを期待。最後にカレンブラックヒル、長いところやダートを使って完全におかしくなってしまった。鞍上強化で岩田なら変わり身での激走はある。案外、後ろからでも強襲してきそうな予感はある。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京王杯2歳S 京都JS ファンタジーS 武蔵野S エリザベス女王杯

今週は5重賞と賑やか。長文は避けたいので端的に記す。まずは京王杯2歳ステークスから。本命はクインズハリジャン、後方からなら切れる脚を使える気配。ノーマークだと油断しているとアッサリもある。以下、買い目の3頭。まずはトーセンシルエット、牝馬だからかどうか分からないがここまで人気薄ながらも良く走っている。なんせ鞍上は江田である、一発期待。次にペガサスジュニア、関東馬ではマシに見える。初芝で変わり身あるか。最後にモーリス、血統的にはお気に入りの部類。なぜか人気になりそうだが。以上、4頭の馬連BOX。

京都ジャンプステークスは7頭立てなのでズバリ1点だけ。本命ニジブルーム、先行力買い。対抗オンワードデューク、牝馬の一撃。以上、馬連1点買い。

KBS京都賞ファンタジーステークスの本命はグランシェリー、総合的に良としか言いようがない、というか買わざるを得ないという感じ。以下、買い目の3頭。まずはベルカント、1400mはギリギリかと思う。苦手な2歳戦だけに断言できないが、展開を作れればすんなりいける。次にテイエムチュラッコ、思いっきりテイエム血統であるが先行すれば案外粘る可能性は高い。最後にリアルヴィーナス、これはもう岩田の鬼神迫る追い込みに賭けるだけ。以上、4頭の馬連BOX買い。

東京中日スポーツ杯武蔵野ステークスの本命はイジゲンでいく。エリ女の週にムーアとくれば、なんだかそれだけで推してしまう。いや馬の実績も評価している。休み明けとなるが前年度覇者は侮れない。以下、買い目の3頭。まずはペルシャザール、近走のダート戦では充実している。ルメールの手綱で鞍上強化か。次にベストウォーリア、この馬には戸崎の手綱がよく似合う。ダートで鞍上評価。最後にアドマイヤサガス、橋田厩舎で後藤でアドマイヤで東京コースで1600mというだけで飛びついた。ちょっと面白馬券として期待。以上、4頭の馬連BOX買い。

エリザベス女王杯だが今年は外国馬の参戦が無いことが非常に残念だがとりあえず予想。本命はマルセリーナ、56kg背負って重賞勝ちしていることを重視。年齢的にまだ充分戦える体だけにここは本線。以下、買い目の3頭。まずはホエールキャプチャ、前走は見事な勝ちっぷり。順調ならここも安定した走りか。次にメイショウマンボ、3歳では充分強いことは証明された。要するに良い脚をラストで長く使えるところが魅力といえよう。最後にエディン、格下馬だが逃げて一発がありそう。展開頼りとなるが、このレースは過去にそんな例もあるだけに穴馬券も捨てがたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アルテミスS アルゼンチン共和国杯 みやこS

深夜まで忙殺され結局土曜日の朝の予想更新となってしまった。買い目だけ。アルテミスステークスはプライマリーコードマイネグレヴィル、マイネグラティア、マユキの4頭BOX。

アルゼンチン共和国杯はメイショウナルトムスカテール、セイカプレスト、デスペラードの4頭BOX買い。

みやこステークスの買い目はグレープブランデーローマンレジェンド、ケイアイレオーネ、レッドクラウディアの4頭BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »