« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

福島牝馬S フローラS マイラーズC

予想過程に思いのほか時間がかかってしまった。修正、検証を繰り返しつつ現行の競馬にしっかり焦点が合うように頑張っているわけだが、まぁ大きいところが取れれば良しとしている。カタい馬券をガンガン当てまくるなんて全く考えておらず、2勝8敗で大きくプラスになるような博打的思考である。自身のスタンスとしては「当てる」予想ではなく「儲ける」予想であることをご理解願いたい。「当てる」ことが望みなら毎回1番人気2番人気を勝っていればよろし。さて、前置きが長くなってしまったが今週は福島牝馬ステークスから。本命はミヤコマンハッタン、いうなれば1800mのスペシャリストという感じ。逃げる競馬が出来る馬が前走より斤量減で乗れるということでここはイチ推ししておく。以下、買い目の3頭。まずはケイアイエレガント、2戦連続人気薄での好走が光る。よく分からない部分もあるが吉田豊が上手く乗っているのは評価したい。次にトーセンアルニカ、後方待機策がピタリとハマる。福島経験があることも案外重要視した。最後にサトノジュピター、単純だが前走勝利している唯一の馬。条件戦であろうが、勢いは大事。負担重量53kgなら勝負になるだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

サンケイスポーツ賞フローラステークスの本命はハピネスダンサー、前走を強い勝ち方をしてくれた。好位抜け出しでの競馬はここでも健在。以下、相手となる3頭。まずはサングレアル、母系というか血統ではとにかく即決していいレベル。やや線が細い感じもするがヤネも含めて魅力あり。次にヤマニンアリエッタ、わざわざ関西から遠征してくるのにヤネには横山和生ときた。よほど鞍上に重賞を勝たせたいと思わないとこうはならないだろう。手応えがあると見ている。最後にブランネージュ、重賞では意外に好走した。一戦叩いたところきっちり勝ってきたあたりは評価していいのではないか。以上、4頭の馬連BOX買い。

読売マイラーズカップの本命はオースミナイン、なんといっても上がりが速い。ここは確勝級だろう。前走の敗因は騎手の差。以下、買い目の3頭。まずはフィエロ、武豊がこの柄の勝負服だと強く見えてしまう。そんなの錯覚だろうがマイルで3連勝のこの馬を買わない手はない。次にラトルスネーク、前走久々のマイル戦で重馬場ながら2着に食い込んだことは収穫。秋山へのご褒美騎乗依頼だろうが大崩れしないと見ている。最後にワールドエース、約2年ぶりの前走を1番人気で臨んで掲示板までとなった。それはそれで立派だったが、乗り方次第ではという思いも無きにしも非ず。叩き2戦目、手頃な重賞チャレンジとしてシュタルケに初重賞を贈りたい一心か。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中山GJ アンタレスS 皐月賞

中山グランドジャンプの本命はアポロマーベリック、言うまでもなくこのメンバーでは抜けた存在。語るに足らず。対抗にはコスモソユーズ、ここにきてテン乗りとなる山本への乗り替りの意外性を買う。母父にシンボリルドルフという血統のシブさがたまらん。3番手評価はサンレイデューク、前走オープンを斤量62で絡んできた底力を信用。ヤネ次第だな。以上、3頭の馬連BOX。

アンタレスステークスの本命はエアハリファ、ダートで非常に安定した走り。ダート適性の高さを考慮。以下、相手となる3頭。まずはグラッツィア、角居厩舎が鞍上にまさかの藤田を起用。二頭出しが同枠に入ったわけだが、こちらは気楽なおまかせ騎乗でいいのだろう。そこらへんに一発フラグが見える。次にグランドシチー、ここ2戦は失敗騎乗が響いた。きちんと乗れば勝負できる馬である。岩田なら持ってこれる感じ。最後にニホンピロアワーズ、買い目から外したいのはやまやまだが、どう予想しても消せない結果となった。正直渋々買う。それにしてもここで使うかって話だが。以上、4頭の馬連BOX買い。

皐月賞は非常に面白いメンツとなった。苦手な3歳戦だがクラシックとなれば気分も高まる。もちろん下馬評なぞ目もくれん。本命にするのはアジアエクスプレス、末脚を活かせる競馬をしないとダメ。関東馬からの本命馬チョイスは悩んだがここは推す一手。厳しい展開でも抜け出す根性の持ち主、なんといっても2歳王者、侮るなかれ。以下、買い目の3頭。まずはアドヤイヤデウス、追ってからよく動くあたりは本命馬と同等評価でいい。道中の位置取りが後ろ過ぎないことが重要だが、逃げる馬が出た場合には前に付けておいて押し切る競馬がいいだろう。ここを見据えた距離でしか使ってこなかったあたりは非常にプラス評価。次にバウンスシャッセ、牝馬で参戦は勝機アリか。ともかく斤量有利は間違いない。そもそも過去2戦は中山で快走している。持ちタイムも悪くない。単騎逃げの戦法でも面白いんじゃないかと思う。侮れない一頭。最後にワンアンドオンリー、トライアルローテー組からの関西馬を選ぶなら迷わずコレ。前走では勝ち馬が楽な競馬をしていただけに対し、この馬は苦しい位置からのハナ差着に猛追してきた。実質格上だと見るのが妥当。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニュージーランドT 阪神牝馬S 桜花賞

今週は3重賞。ニュージーランドトロフィーの本命はイダス、お手馬としていた川島が騎乗馬の被りによりこちらは戸崎の手綱となった。なんだかんだで戸崎の重賞勝ちはマイル戦が多い。先行できる馬だけに絶好枠からの押し切り狙い。前走中山での同距離条件戦を1番人気で勝っているのは期待大。以下、買い目の3頭。まずはウインフェニックス、やはり前走で中山同距離を人気で勝利していることから高評価とする。戦歴豊富な分、期待はしていい。次にパワースラッガー、同じく前走中山で同距離を快勝。内枠先行策も考えられ、ここは買い。本命との差は鞍上の違いから。結局、前走中山同距離で勝っている3頭を注視。最後にクインズハリジャン、この馬はマイルの距離までは我慢ができると見た。他馬と競るカタチで付いて行ければどさくさに紛れて絡む可能性は充分ある。以上、4頭の馬連BOX買い。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの本命はトーホウアマポーラ、岩田のいつもの好位差しからの競馬がピタリとハマる。最内枠はおいしい。そもそも去年から今年にかけて7戦してすべて馬券になっているあたりは馬の安定感の表れか。安心して買える。以下、買い目の3頭。まずはミナレット、いきなり重賞に挑戦してきたいわゆる格下馬だが、初の関西遠征となる。前走の着自体は悪くはなかった。ヤネも関西の和田となりここは変わり身期待。次にエピセアローム、前走の松山の騎乗は次第点でいい。強い馬を相手によく走っていた。ここでは再度の期待を込めるが、注文をするならもう少し脚を溜めても良いのではないかと思う。最後にウイングザムーン、1400mでの安定感は推しのひと言。以上、4頭の馬連BOX買い。

桜花賞の本命はヌーヴォレコルト、前走では怪物相手に2着となったが、楽なコースを通ってきた相手に対し、自身は馬群を割って抜け出した根性の持ち主。着差程の力差は無い。今回は更に経済コースを取りつつ早めの追い出しで大外を回るであろう怪物の脚を届かせないタイミングで追えれば勝算アリだ。相手は馬が怪物でもこちらはヤネが怪物級、逆転はある。以下、買い目となる3頭。まずはハープスター、まあ勝ち負け必至。長くは書かないが大外枠からラスト大外ブン回しての追い込みが予想できる展開だけに、慢心しているとスキを突かそうである。次にマーブルカテドラル、本命の馬もそうだが関東馬でも悪くない一頭。ローテー及び前走トライアルでマイル戦を叩いてきた分は面白味がある。ヤネは好調田辺だ。手綱を取ってのこの距離2勝は伊達じゃない。最後にリラヴァティ、過去3戦は騎手も違いながらもよく走った。泥臭い乗り方をしつつも文字通り紛れて着がありそうな一頭。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダービー卿CT 大阪杯

先週は大きなところが獲れた、今週も流れを継続していきたい。ダービー卿チャレンジトロフィーの本命はコディーノ、近走での不発は馬体がまったく絞れておらず仕上がり不足。今回こそ馬体は480kg台にもってこれればマイル戦ではキレっ切れの豪脚を見せてくれるだろう。以下、買い目の3頭。まずはアユサン、唯一の牝馬でありながらGⅠ馬である。叩き2戦目のマイル戦なら案外すんなりか。丸山には是非ともこの馬で重賞を勝ってもらいたい。次にインプロヴァイズ、オープンでは中山1600mで2勝している。その時よりも軽い斤量で乗れる今回は狙い目なんだが、ヤネが津村だとやや不安も残るが連に絡む程度には評価している。最後にブレイズアトレイル、まさにマイルならと言わんとばかりの馬。1600mでは3連勝も見せた。カタチとしては先行抜け出しが理想だろうが、なし崩し的になだれ込みのラストをイメージ。以上、4頭の馬連BOX買い。

産経大阪杯は実に面白い顔合わせとなった。これぞ競馬というメンツ。本命はメイショウマンボとする。駆け引きが垣間見える展開だろうが、最後方に位置取れるだけ分があると見た。末脚は持ってるわけで、あとは他馬との斤量差をどこまで活かせるかだけ。少頭数なのでごちゃつかないだろうし包まれることもないだろう。テキも自身が新馬から手綱を取った馬である。今回は気持ちの入れようが違う。唯一の難点は阪神では苦戦しているあたりか。対抗にはキズナ、やはり評価せざるを得ない。捲るような乗り方になりそうなだけにマークされるあたりがキツイところか。それでも叩き合いに強さを見せているので勝ち負け必至。3番手評価はカレンミロティック、繰り返しになるがとにかく中距離なら買いだ。スタートはポンッと決めて先行してほしい。あるいは逃げてもよいだろう。深く考えずに距離適性と人気薄からくるノーマークを期待。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »