« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

京都HJ 東京優駿 目黒記念

ダービーウィークを満喫している。焦ることなく土曜日の予想から入る。9頭立てとなり少頭数となった京都ハイジャンプ。しっかりと買い目を絞りたいところ。ザッと見ても2~3頭の実績だけが目立ち、相当にオッズの偏りが予想される。どう買っても人気馬になりそうだが今回は仕方なしか。本命はアシュヴィン、前走時に不動の軸としながらもアッサリ序盤で落馬競争中止してしまった。不運としかいいようがない。その時の勝ち馬が今回人気を集めそうだが、あくまでもこちらが本命。1枠1番を引き、スタートで先行したらそのままゴールするだろう。対抗にはオンワードデューク、牝馬ということで58kgで乗れるところが魅力。熊沢に手綱が戻り、先行してマークに徹すれば流れ込み濃厚。3番手にメイショウヨウドウ、相変わらず良馬場に恵まれない不運さを持ち合わせていたが、明日の馬場なら勝負になるとみている。以上、3頭の馬連BOX買い。ちなみにケイアイドウソジンを切った理由は人気になりそうでオッズに食指が動かなかったこと、江田勇がそんなに重賞勝てないだろうということ、初めての負担重量61はマイナス材料と見たこと、そんなあたりか。

日本ダービーこと東京優駿。昨年が完璧に予想できたこともあり今年もズバリといきたい。本命はイスラボニータ、皐月賞であの走りをされては仕方ない。最後は突き放して勝ったことは2着馬との決定的な差を感じた。前でも中段でも、とにかく極端な位置取りでなければ勝ち負け必至。蛯名の悲願のダービー制覇なるか。以下、買い目の3頭。まずはサウンズオブアース、前走トライアルでの走りは悪くなかった。その京都新聞杯では11番枠から差してくる競馬をしたわけだが、内枠からなら先行策が打てる馬。ここは絶好のダービーポジションからの競馬で肉薄する。次にハギノハイブリッド、トライアルでは1着したものの今回の評価序列が下がった理由は乗り替りにある。確変中の秋山でよかったのではないかと思わないでもないが、ウィリアムズとなれば案外GⅠで勝負強さを見せる気がする。追い込む展開でも併れば根性は持ち合わせているだろう。最後にベルキャニオン、唯一の参加となった牝馬の手綱も取っていた戸崎がこちらでのダービー出走となった。心に期すものも大いにあるだろうし、あの牝馬にだけは負けたくないだろう。この馬の前走では馬群を割って直線に入り競り勝ったラストは見応えがあった。同じ東京の舞台でなら再現可能。地方出身の騎手がまたもやダービージョッキーになる予感があっていい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

目黒記念の本命はアウォーディー、斤量53の横山典は魅力充分。かつての1週間遅れの18番ならぬ、ダービー後の1レース遅れの勝負服という結果になりそうで面白い。個人的には外で付けたジャングルポケット産駒ということで注目している。以下、買い目の3頭。まずはステラウインド、同じ勝負服のワンツーの展開か。こちらも54kgと軽ハンデに武豊だ。勝負服もそうだが横山典、武豊のワンツーもダービーデーにはありそうで怖い。とにかく上がりも速い脚だし後ろからの競馬も出来る。お祭り後の重賞では大いに暴れてほしい。次にグランデスバル、杉原の手綱で開花している希少な馬。駆け引きは抜きで逃げてくれればそのままもある。地味な血統、地味な厩舎、地味なヤネとくれば無条件で買っておきたくなる。応援馬券そのものになってしまいそうだが、馬の勢いは買っておく。最後にアップルジャック、まさに穴馬中の穴馬。長距離戦でヤネが江田照男とくればイヤでも期待してしまう。かつてネコパンチではお世話になった経緯もあるが、今回も江田の先行策であれよあれよの連絡みが見られるか。そもそも前走でも予兆はあった。超人気薄でも食い込んできている。ここではその前走よりさらにマイナス3kgの斤量50だ。期待しないほうがおかしい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平安S 優駿牝馬

先週は気持ちよく決まってくれた。コメント欄も有り難く拝読させてもらった。3連複を取ったという書き込みも非常に懐かしいHNであり、嬉しい限りである。さて今週は2重賞で平安ステークスから。本命はナムラビクター、前走の強烈なメンバーの中で勝利した。もちろん人気になりそうだがどう考えてもここは軸。ダート戦ならヤネ小牧でも買いやすいという感じでブレない予想となりここは推奨する。以下、相手となる3頭。まずはトウショウフリーク、前走がアンタレスS組では本命馬に譲らず強いと見ている。勝ち負けのバランスは五分五分。次にグランドシチー、やはり前走の重賞で上位に肉薄したことを評価。前回初の手綱となる岩田が様子見し、なるほど乗り方が分かったぞとなる今回は要注意。鬼神の如く追ってくるだろう。最後にワイルドフラッパー、負担重量55kgで乗れる牝馬ということでチョイス。実績充分なので言うことなし。以上、4頭の馬連BOX買い。

さてオークスである。冒頭で書いておくがハープスターは切った。弱いと思っているのではなく単純に配当が低いからである。もちろんヒモ荒れもあるかもしれないし総流しで購入すれば馬券は当たる可能性は極めて高い。だがそれだとあまりにもアホくさく自分のスタンスではないし、当てることより高配当を取ることが目的なのでここは博打でいく。実際に追込一本被りという戦術を敬遠したのも正直、理由の一つではある。個人的には3着臭がプンプンしているところ。さて優駿牝馬の本命はヌーヴォレコルト、間違いなくこの馬が強い。とにかく先行策で望むべし。岩田が満を持して押し切る競馬で勝利するのが目に浮かぶようだ。かつてのアドマイヤムーンでのジャパンカップ勝利なんかがイメージとピッタリというところか。今の東京コースなら前残り必至。先週も先々週もGⅠでは逃げ馬が勝利している。前が止まらない内馬場なのだ。岩田なら強引にインを突けるし、そういう乗り方も可能だ。付け加えて多少の気性難の馬でもビシッと乗れる騎手である。3歳牝馬の2400mもなんなくこなせよう。以下、買い目の3頭。まずはサングレアル、2頭出しの厩舎では人気薄からという鉄則に従うようだが、まぁそんな感じ。乗り替りという点は逆にハープに勝ったことがある騎手だというプラス面に捉えている。前走のタイムも優秀でありコース適性を重視。次にブランネージュ、同じく前走で好タイムでの押し切りが良かった。案外秋山の手綱が合っているようにも見えるのが大きなところ。展開的に押さえておきたい1頭。最後にパシフィックギャル、とにかく3頭は即決した。ではあと1頭はどうするのか。ヤネに外国人騎手、ローテーにも余裕がありここまで大負けしていない安定感。東京コース経験もあるし充分なほど魅力アリ。久しぶりにウィリアムズのGⅠ勝利があってもおかしくない、というか重賞勝ちの内のGⅠ率の高さは特筆ものだろう。諸々はあるが簡単に言えばこうなる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京王杯SC ヴィクトリアM

今週は2重賞。ここのところ重賞予想が不調であるが、ここらあたりで立て直していく。まずは京王杯スプリングカップから。本命はメイケイペガスター、結局はこの距離あたりがベストなのだろう。重賞を勝たせてくれた横山が鞍上となった。まさに丁か半かの取捨選択になったが外枠横山追込をキーワードにここは買う。以下、買い目の3頭。まずはアルフレード、なんだかんだで結局はウィリアムズの馬。マイル適性を大いに発揮してほしい。展開や乗り方は正直よく分からないがゴール前、なぜか残っている印象。次にシャイニープリンス、馬も良くソコソコには評価したいが、そんなに蛯名ばかり勝つのもどうだろうかという一点。後藤からの乗り替りでテン乗りとなるが、馬の力量では買っておきたいレベル。2着必至か。最後にメイショウヤタロウ、白井厩舎のサポート付きでの藤田の騎乗は推しておく。長く手綱を取ってはいるが、ようやく重賞初挑戦である。人気薄での一発で大きく張りたいところ。上手く乗ってくれと願うしかない。以上、4頭の馬連BOX買い。

ヴィクトリアマイルの本命はスマートレイアー、芦毛が3頭いる中では断然コレ。3頭とも手綱を取った経験もある武豊が結局はここに落ち着いた。後ろからの競馬が決め手となるが、距離・コースともに最適と見る。以下、買い目となる3頭。まずはヴィルシーナ、こちらはなんと青毛が3頭もいる中で、この馬のチョイスとなった。結構珍しい感じではあるが、復活を期す1戦。なんと言っても前年覇者である。ヤネに内田を据え、叩き2戦後のここは仕上げてくる。本領発揮といこうか。次にメイショウマンボ、侮るなかれ昨年無敵の女王である。厩舎が変わり前走では仕上がりに疑問もあったが、ここは順調。押し切る競馬で強さを見せてくれよう。最後にストレイトガール、前走GⅠで1番人気を受けている馬。離れた3着ではあったが末脚は確かであった。東京コースでなら強襲もあるか。距離だけがカギだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

京都新聞杯 新潟大賞典 NHKマイルC

京都新聞杯の本命はミヤビジャスパー、ここ2走で強い競馬を見せている。京都でのオープン好走経験があるだけに期待は高い。末脚も悪くなく、何より乗り替りもなく池添が乗り続けているあたりはプラス評価。以下、買い目の3頭。まずはロングリバイバル、前走京都コースを経験しつつ完勝。長いところを逃げ切ったあたりは高評価となった。内枠なら買いだと考えていたが1番を引き当てたのでここは推す。次にオールステイ、ローカルでひと叩きしての参戦。逃げがピタリとハマった。鞍上はやや不安なところもあるが、中谷の初重賞勝利が無いとも言い切れない。スタートさえ決まれば案外残ると思う。最後にシャドウダンサー、人気泥棒になりそうな馬だが角居厩舎に武豊が乗ってくるとなると面白い感じである。あくまでも穴馬的感覚で推すが軽視禁物程度に考えている。以上、4頭の馬連BOX買い。

新潟大賞典の本命はマジェスティハーツ、森が菊花賞に乗れなかった悔しさを晴らすのはここだ。中距離適性と見ての勝負レースである。大胆に行ってもらいたい。以下、買い目となる3頭。まずはメイショウナルト、鞍上まさかの古川。数える程度に乗ったが惨敗しているだけであり、そこから戻るはずのない手綱がローカル出走で戻ってきた。ここは脚を溜める乗り方ならば勝算は出てくるだろう。とにかく馬体が絞れていないことには買いづらいのが難点か。次にエクスペディション、いわゆるGⅢのスペシャリスト。丸田のテン乗りという部分がどうも不明確なのだが、2着がありそうで気になって仕方がないという感じ。最後にレッドレイヴン、とりあえず前走勝利してきたのは好印象。GⅡクラス程度なら人気にはなる馬である。柴山が新たな一面を引き出せば案外アッサリと勝つだろう。溜めてラチ沿い強襲か。以上、4頭の馬連BOX買いで。

NHKマイルカップの本命はショウナンアチーヴ、前走の勝利は見事。残念ながら後藤から戸崎への乗り替りは余儀なくされたが、後藤の魂は必ず宿る。戸崎の重賞勝ちはマイル戦が多いのも後押ししここは順当に勝ち負けか。以下、相手と見ている3頭。まずはショウナンワダチ、やはり前走のゴール前の走りは一定の評価対象。ヤネも北村固定でありマイルでなら信頼性も高い。本命馬も含め純粋なショウナン血統には面白味がある。次にマイネルディアベル、前走NZT組から買い目にしているが、この馬もイチ推しレベル。ウィリアムズへ乗り替わったため残念ながら2年連続マイネル&柴田大知という偉業はなくなったが、馬の自力はソコソコ高い。2走前に東京コースをOPで勝利している。今回はとにかく関東馬が上位を締めると見ている。最後にエイシンブルズアイ、とりあえず関西馬では買っておきたい一頭。前走はほぼ勝ちに等しい2着惜敗。先行抜け出しのパターンでは頭打ちか。溜めてビュッと走らせてほしいところ。強い逃げ馬がいるのでマークは難しいが展開次第では楽勝できる力量はある。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青葉賞 天皇賞・春

所用で帰宅が遅れ更新が遅れてしまった。時間が無いので取り急ぎ買い目だけ。テレビ東京杯青葉賞の本命はゴールドアクター。相手3頭はヤマノウィザード、シャンパーニュ、エイシンエルヴィンとする。以上、4頭の馬連BOX買い。

天皇賞・春の本命はレッドカドー、買い目に入れるのはサトノノブレス、キズナ、アドマイヤラクティ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »