« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

オールカマー 神戸新聞杯

時間がないので短評だけ。産経賞オールカマーの本命はサトノノブレス、前走ヤネ和田でキッチリ勝った。先行策でここも楽勝。以下、買い目の3頭。ムスカテールはダートやらなんやらで迷走したが、元々芝のGⅡではやけに強い印象。次にクランモンタナ、なんと乗り替りが田辺である。デビュー以来12年間で重賞は6勝だったのに、今年はすでに重賞でその6勝をしている。騎手の変わり身とはこういうことだのお手本。更なる期待を込める。最後にアロマティコ、牝馬ならコレ。追込に賭けるのひと言。以上、4頭の馬連BOX買いで。

神戸新聞杯の本命はワンアンドオンリー、どう転んでも頭はこの馬以外にチョイスできなかった。1着固定で、あとは相手探し。その相手にはウインフルブルーム、ダービー取り消しで可哀想だった分、ここで弾けないわけがない。次にトーセンスターダム、関西で走りそうというか、阪神初お目見え。阪神コースで鞍上が武豊というだけで怖い存在。さらにサトノアラジン、池江厩舎魂の2頭出し。どちらかが絡んでくること必至。最後にヴィオルシェーブ、完全に死んだふりの馬。道中、ノーマークであらば最後は来そう。以上、1着固定の馬単4点買い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阪神JS セントライト記念 ローズS

今週は障害を含む3重賞。いよいよ秋競馬も楽しくなる。土曜日の阪神ジャンプステークスから。最初にメイショウブシドウ、こいつはなんといっても名門角居厩舎に障害の重賞初優勝をもたらした馬である。逆を言えば、前走の小倉SJで買い目に入れなかった理由がそれである。角居厩舎=障害重賞無縁という構図だ。この構図が崩れた今となっては、手のひらを返すようだが真っ先に押さえるべき馬となった。だが冷静になってみると単勝1倍台なんかだと換金率的には魅力ゼロである。なのであえて馬券は冒険するとして今回は外す。では真の本命は何か。本命はオースミムーン、やはり手堅いというか唯一61kgを背負って望む風格に期待する。黙っていてもそれなりに人気になるだろうしコメントはいらん。対抗にはレッドキングダム、なんだかんだで前走オープンを勝っている。距離もちょうど良いところを走っているのがミソ。そもそもブシドウは障害の長いところばかり使っての好走。対照的というか障害で距離適性というのも微妙だが今回はこの馬の方が距離に分がある感じ。3番手にアラタマユニバース、意外にも中村将之のお手馬として被っている馬である。前走では乗り替りの北沢で成果を出した。素直に3番手評価。以上、3頭の馬連BOX買い。

朝日杯セントライト記念。いつのまにか冠に朝日杯など付いていた。それはいいとして個人的にはこのレースにクラシックの勝ち馬が1着するイメージが殆どない。2着はあるかもしれんが、やはり馬券妙味的に切るのがベストだろう。よってイスラボニータよ、さようならである。そこで本命にはダガノグランパを挙げる。完全ノーマークながらダービーでは掲示板にまで来た。短いところで好走しているのかと思ったら大一番で見せてくれたという感じだろうか。まさか重賞勝ちもない菱田がここまで操るとは思いもしなかった。何かこう、鞍上菱田の時だけ特化した能力発揮があるかもしれん。以下、買い目の3頭。まずはサトノフェラーリ、かつてはイスラより上位人気で出走した程の馬である。クラシック出走権獲得に失敗してドサ廻り組となったが、なんとかこの舞台にこぎ着けただけでも立派。巻き返しという言葉がこんなに似合う馬はいない。次にクラリティシチー、大事なところで3着が多く、賞金加算ができずモヤモヤしていたが前走でようやく見せ場が出た。追込が利く展開になれば凄いと思う。最後にサングラス、単騎逃げがハマれば非常に面白い馬と言っておく。以上、4頭の馬連BOX買い。

関西テレビ放送賞ローズステークス。一転してこちらはクラシック馬がやたら勝ち馬となることが多いトライアルという認識。ガチガチとまではいかないがそれなりにクラシック実績馬を注目する。となればもちろん本命はヌーヴォレコルト、言うまでもなくオークス馬。ヤネ岩田となれば何も言うことない。売り切れるほど馬券が売れるんじゃないかという以外は、まぁ我慢する。1番人気必至か。以下、買い目の3頭。まずはディルガ、興味深々のマル外馬である。ペロヴィッチが謎であり未知数なところが面白い。過去2戦は参考外とし、阪神でのオープンを勝っているあたりを考慮。次にダンツキャンサー、距離に疑問を持つのが当然だろうが、んなことは3歳牝馬の殆どが経験するわけで、ここではスルー。瞬発力勝負での一発に賭ける。最後にブランネージュ、非常に平均的というか平凡というか、言い換えればソツのない馬という感じだろうか。良いところもなければ悪いところもない。例えるなら今回はサイの目が出るだろうという楽天的予想。押さえておく。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京成杯AH セントウルS

夏のローカルも終わり、秋競馬が始まる。心折れることなく今週も予想にはいるが期待しないで読んでもらいたい。京成杯オータムハンデキャップから。本命はサダムパテック、結局はトップハンデ馬をチョイスすることとなった。前走の末脚を見ればかなりの期待はできると思うが、こんなことをいくら言ったところで人気馬を買うことは容易いわけで、コメントはここまで。以下、買い目の3頭。まずはクラレント、やっぱり人気になるだろうか。前走重賞勝ちしているので、この馬についても多くは語らず。好調田辺を推奨。次にタガノブルグ、3歳馬ならこちらを推す。数ヶ月前にはクビ差詰めれればGⅠ馬になっていた馬である。一戦叩いた分、仕上がりは良いだろう。ヤネが岩田から大野への乗り替りなんて、いかにも穴っぽくてイイ。厩舎サイドとしても調教師なんかは有力馬が出ている阪神の方に行ってるんじゃないかという感じである。絡んでくると非常に楽しめるんだがなぁ。最後にブレイズアトレイル、これといっての実績はないが重賞では掲示板によく食い込んでくる印象。藤岡色を払拭し、乗り替りは津村だ。乗り替りの津村が重賞では怖い存在であることを証明してもらいたい。以上、4頭の馬連BOX買い。

セントウルステークスの本命はメイショウイザヨイ、前走は代打太宰が好走を演出。元々手綱を合わせていた幸ならもうひと押しできそうである。先行逃げ切りが理想。以下、買い目となる3頭。まずはバクシンテイオー、まず重賞が未知の領域であり、しかも今回は初阪神コースだ。それはさておき、スプリントで追い込める末脚は大きな魅力。こいつは化ける可能性がある。ブッちぎって勝つかもしれんという淡い期待は拭えない。そもそも名前が強そうではないか。次にリトルゲルダ、前走は人気薄で思わぬ初重賞勝ちとなった。その時と同じように1枠1番を引いたのでゲンを担ぐ。ここで1着なんてすると丸田は一生分の運を使い果たすんじゃないかと心配だ。東西重賞を鮫島厩舎なんてことになると大変な偉業だが、その分確率は低そうなのであまり考えたくはないな、これは。最後にトーホウアマポーラ、鞍上も馬も、そんなに勝つわきゃねぇだろっていう感じではあるよ、正直。余裕のあるローテーがアドバンテージだと思う。とりあえず押さえ程度。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

札幌2歳S 新潟記念 小倉2歳S

かなり割愛して書くのでご了承願いたい。札幌2歳ステークスはアドマイヤガスト、マイネルサクセサー、スワーヴジョージの3頭でいく。いつも通り馬連BOX買い。

新潟記念の本命はアドマイヤタイシ、どんだけGⅢで2着するんだという謎の馬。岩田なら上位へ導けるだろう。以下、買い目の3頭。まずはマーティンボロ、もうねローウィラーに初重賞制覇をあげよう感がアリアリなのに嫌悪感を覚えるが、馬券としては外せないので感情を押し殺して黙って押さえる。次にカルドブレッサ、重賞では燻っている馬だが2走前の重賞では新潟2000mという同条件で好走を見せた。テン乗りで戸崎となったが手頃な重賞勝ちを拾っておきたいだろう。最後にアロマカフェ、追込が決まる展開になれば非常に期待が持てる。乗り替りに忙しい部分はあるが最後は外に持ち出して末脚爆発で届く気がする。以上、4頭の馬連BOX買いで。

小倉2歳ステークスの本命はレオパルディナ、フェニックス賞の勝ち馬であり、単純にここでは1番手評価。以下、買い目の3頭。まずはゼンノイザナギ、未勝利後の出走組ながら馬は良く見えた。後方待機策で一発を狙うならアリか。次にノーブルルージュ、前走フェニックス賞では1番人気だった。今回の巻き返しは期待する。最後にスノーエンジェル、小倉での新馬を重馬場ながら1番人気で勝ってきたことをちょっとだけ評価してみたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »