« マイルCS 東京スポーツ杯2歳S | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズカップ »

京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ

いよいよ秋競馬も佳境。ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスから。少頭数なので1点に絞る。本命はティルナノーグ、前走は文句なしのアッパレな勝利であった。もう来年の目玉的存在である。近年元気のない松永厩舎の救世主だろう。相手はエイシンライダー、とりあえずブドーの初重賞はこのへんでも勝たせておけという感じ。勝つかどうかは微妙だが京都で2戦連続1800mを連勝したのは評価。馬連1点でドカンと勝負。

京阪杯の本命はヘニーハウンド、断然一押しの馬。前走の同コースレコード勝ちはフロック馬には出来ない芸当。ヤネさえそれなりの騎手を据えれば頭固定といきたいところだが、菱田かぁということで連で買う。ヤネの勝ち鞍に見合う初重賞勝ちといきたい。以下、買い目の3頭。まずはアースソニック、昨年は本命に推して完勝してくれた。その後、走らせすぎだろうってくらいの酷使だったが、ダートを一度使って一変を期待。鞍上が四位というのがなんとも渋いチョイス。ここはきっと手綱が合う。久々に買いたくなった。次にアルマリンピア、人気薄なら思わず買ってしまいたくなる馬。というかいつも人気がないのは川須の影響だろうか。先行するとイイ味出しそうなんだがなぁ。最後にサクラアドニス、底力は認めているんだが、なかなか展開に恵まれないでいる。和田が手綱を取るようになって、ここ2戦上手く乗っていた。スタートしてから内に入れれば勝機が見えるだろう。以上、4頭の馬連BOX買い。

さてジャパンカップ。外国馬が見たくてこのレースを楽しむのがデフォであるが、さすがに今年はゲストがショボかった。いや、結果はまだ分からず勝つ馬が出てくるかもしれないが、それでも期待する外国馬が見当たらない。逆に日本馬がこれほど充実したJCも珍しい。特に3歳馬はイイのが揃った。古馬を含めてみるとまるで有馬記念である。いつもはお祭りレースだと考えていたが、今回は当てにいきたい。本命はスピルバーグ、東京適性を散々説いてきたが案の定前走大きいところを取った。ガス欠にはまだ早い、もう一戦東京で好走できる。なんたってジャパンカップ2連覇の女傑をアッサリ交わした馬、どう考えても軽視できないところ。以下、買い目の3頭。まずはフェノーメノ、長いところじゃ買いたくなる。本当に久しぶりに岩田の手綱だがこれはもう、動くと言い切れる。こんな能力馬に鞍上岩田だ。ひと叩きしてのここはとてつもなく期待していい。次にイスラボニータ、3歳馬で買うならこれ一択。手馴れた蛯名を再度ヤネにしここは勝負どころ。叩き合い次第といったところか。最後にヒットザターゲット、前走ラストは鬼脚を見せて伸びてきていた。後方待機策がハマりつつあるのだろう、遅咲き晩成に期待。このところ人気薄で上位に持ってくる武豊が印象的だわ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« マイルCS 東京スポーツ杯2歳S | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズカップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ:

« マイルCS 東京スポーツ杯2歳S | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズカップ »