« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

アーリントンC 中山記念 阪急杯

今週は3重賞。手短に書く。アーリントンカップの本命はエイムハイ、関西馬なのにデビューからわざわざ関東で3戦も使ってきた。お膝元に戻り本領発揮か、乗り替りにも期待できる。対抗にはナイトフォックス、いよいよ本気になったか、鞍上に武豊を起用してきた。短距離専門で考慮すればここは好走か。3番手評価はアルマワイオリ、単純に考えてヤネ固定、前走GⅠを2着しているというまったく問題のない一頭だ。騎手をはじめ、血統や生産地、馬主なんかが地味なイメージではあるが、普通に評価していい。以上、3頭の馬連BOX。

中山記念だがこれはもうアッサリと決まった。本命はステファノス、前走も大外枠から最後は物凄い脚を見せてくれた。驚異の上りは特筆もの。舞台が中山であろうと弾けるだろう。対抗馬にはヌーヴォレコルト、実績評価としかいいようがない。どうせ人気になるだろうが、ここの別定を54kgで走れるのは勝って下さいと言ってるようなものだな。先行抜け出しが理想。3番手にはマイネルフロスト、直前2走を中山で使ってみたら案外悪くなかったという印象。人気薄での爆走に期待。以上、3頭の馬連BOX買い。

阪急杯の本命はダイワマッジョーレ、やたらダイワメジャー産駒が多いのが目に付くが、ヤネのMデムーロというチョイスに胸が高ぶらずにいられない。ここで前走から斤量減という幸運は見逃せない。以下、買い目の3頭。まずはアミカブルナンバー、過去に2度阪神で走っているが2度とも手綱は四位で好走している。完全にノーマーク馬として盲点になれば個人的に嬉しいところか。次にオリービン、なんだかんだで3頭目も同じ父じゃないかと思われそうだがやはり買わずにはいられない。橋口厩舎が外国人騎手、特にルメールを乗せてきているところは要注意か。意外に圧勝とかありそうで逆に怖い。最後にリヴェレンテ、まさかの幸のテン乗り。短いところに特化して使えば重賞でも面白い存在ではないか。完全に穴馬として買い目に入れてみる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンドS 小倉大賞典 フェブラリーS

先週は会心の一撃であった。この調子を継続したい。今週の3重賞。ダイヤモンドステークスの本命はシャンパーニュ、前走のラスト強襲は本物。惜敗はしたが重賞で勝ち負けになるのはこちら。今回のハンデ51kgなんて、勝ってくださいと言ってるようなもの。距離も長いほど良しと見る。ここは適所。以下、買い目の3頭。まずはニューダイナスティ、前走は実質的に勝利に等しい終いを見せた。やはり本命馬と同様に重賞で評価できる馬。あとはシュタルケがテン乗りでどこまで操れるかがカギ。次にネオブラックダイヤ、前走では長距離をあわや逃げ切ろうかというところで番手の馬に交わされた。その交わした勝ち馬に乗っていたのが、ここで手綱となる横山典である。斤量減、残せる乗り方が出来るはずだ。最後にファタモルガーナ、正直微妙なところ。前走では前が崩れる展開ながら、先行して抜け出したこの馬だけは強さを見せている。実力は認めるものの、不安要素としてはヤネの戸崎が3週連続重賞勝ちなんていう離れ業が出来るという想像がつかんところ。やはり2着までか。以上、4頭の馬連BOX。

小倉大賞典の本命はマイネルミラノ、前走では確勝級などと評価しておきながらヤネがヘグってしまったことは無念であった。色々と要因はあるが、今度はゴール前に坂は無い。逃げて終いにタレることなく残ると思う。以下、買い目の3頭。まずはマコトブリジャール、ずっとジリ貧だった馬が前走弾けた。乗り替った四位の手綱が合ったと言っても過言ではない。今回斤量52なら絶対買いだ。次にコスモソーンパーク、若かりしこの馬に丹内が小倉で好騎乗。本人にしては久しぶりに心躍るとはこのことだろう。過剰な期待は禁物だがコース適性はあると見ていい。ちょっと面白そうな馬だと感じる。最後にレッドレイヴン、本来ならローカル重賞なんて走らなくてもいいのに、わざわざ出てきた。よほど勝算アリなのだろう。買い目には入れるが気にかかるのが鞍上の柴田善。2週連続重賞勝利はハードルが高いか。以上、4頭の馬連BOX買い。

フェブラリーステークスの本命はローマンレジェンド、自在性のある馬が内枠を引いた。これはもう先行一手あるのみ。ハイペースになっても残せる岩田の豪腕に賭ける。要は勝負どころで突き放せる脚が一瞬だけでも使えればいいのだ。この岩田だけは展開に左右されない不思議な乗り方ができる唯一の騎手だろう。以下、買い目の3頭。まずはインカテーション、どう転んでも後ろから行くしかない馬。そう言う意味では上り最速を売りにしている6枠の馬に類似している部分もあるが、外から出る分きっちり閉めることが出来るだろう。なんせこちらは鞍上強化である。逃げ馬が競り合う展開を望む。次にサンビスタ、東京初見参。久しぶりにCデムーロのGⅠ勝ちがありそうな気配がある。斤量55は間違いなく有利に働く。あとは父スズカマンボの追悼として見えない力が働くかもしれんなぁ。最後にカゼノコ、速い流れにならなければ面白味のカケラもない。前走を物差しにするならばこのメンツでは上位の部類であるということ。ノーマークであれば出し抜けるだけの力量は持っている。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クイーンC 共同通信杯 京都記念

先週は完全に読み違いがあり痛恨であった。気を取り直して今週に望む。色々とコメントを頂くことは有難いことであり、答えられる限りは答えておこうかと、記せる部分は書いておこうと思う。低配当の馬・人気馬を何故支持するのかとコメントされていたが、こちらが予想し晒すするタイミングは枠順確定直後である。場合によっては確定前に晒しているケースもあった。その時点で馬券すら発売されていないので、どの馬がどんな配当・オッズなのか、人気なのかなんて不明なのだ。戦歴等から人気サイドなのか完全に穴なのか多少の予測はできるが、それでも蓋を開けてみれば、この馬がこんなに人気になるのか、だとか、この馬が人気薄になるとは、しめしめ、なんてことを多々経験している。オッズも分からない状況で予想しているので人気馬の支持・不支持なんて言葉は無意味。先に予想があり、オッズは後から出てきているので、実際には馬券購入時にはガッカリすることもあれば思った以上にオッズが高くて思わず厚く買い足すこともザラ。あとはとにかく買い目を絞るということに注力しているので、そういう感じで読んで頂ければ幸いである。前置きが長くなり申し訳ない。予想に入る。土曜日のデイリー杯クイーンカップから。本命はダノングラシアス、岩田に手綱が戻ったことは朗報。先行するほうが安定して食い込めると思う。以下、買い目の3頭。まずはシングウィズジョイ、乗り替わりが内田である。これまでのヤネとの単純比較としても鞍上強化と見ていい。次にスマートプラネット、展開に頼る部分もあるが逃げてもいい脚が使えるところが魅力か。最後にカービングパス、言ってしまえば柴山のデキ次第というところだろう。あくまでも押さえ程度。以上、4頭の馬連BOX。

共同通信杯の本命はドゥラメンテ、なんたって東京1800mしか使っておらず、持ちタイムも驚異。どっからでもかかってこい的な横綱相撲ができるのはこの馬だろう。以下、買い目の3頭。まずはアヴニールマルシェ、3走すべて1番人気の支持を受け、重賞2連続2着は評価せざるを得ない。悪いところ無しとして買い目に入れる。次にアンビシャス、関西馬では筆頭。ヤネが替わり本領発揮か。最後にコスモナインボール、2歳時には同コースで良いパフォーマンスを見せている。面白い馬券としては一押し。以上、4頭の馬連BOX買い。

京都記念に関してはもう2強の取捨が全てだろう。しかしここでキズナハープスターを1点買いしても面白くない。そこで本命はラブリーデイとする。前走唯一の重賞勝ち馬。京都初参戦というハンデはあるが、テン乗りとなる戸崎が先週の京都で重賞を快勝。悪いデータではない。感触的に押切可と見る。相手にはスズカデヴィアスを挙げる。純OPとはいえ京都2200mでの勝利経験は侮れない。スタートが決まればそのままというケースも。逃げ切るだけのスタミナは充分あるだろう。最後に念の為キズナ、結局この馬だけは押さえたいところ。骨折明けとはいえ今回のメンツでは抜けた存在は間違いない。道中ハープだけマークしていれば終いに問題なく末脚を使えそう。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東京新聞杯 きさらぎ賞

こんな個人的なサイトの予想を読んでくれている方々に感謝しつつ、その予想に乗っかって馬券購入している人がいるのに驚きと喜びを感じる日々である。当方は完全に回収率、回収額だけが目的なので、予想が当たらない事も多いが気長にお付き合い頂きたい。要は予想が9勝1敗でプラス1,000円よりも、2勝8敗でもプラス100,000円の方がいいわけで、つまりはそういう事。また、重賞以外の予想リクエストもあるようだが、書くのが面倒なので割愛させて頂く。ここで晒している予想の要約は実は最終的にかなり割愛しており、その馬を買う根拠をすべて晒すとなると大変な長文となってしまう。なんだかんだで膨大な予想過程を要しているのだ。また、開催毎には見(ケン)しているレースも結構あることを記しておく。ついでに一番熱を入れて予想し、購入しているのが障害レースだということも付け加えておこう。前置きが長く申し訳ないが、とりあえず今週の2重賞。今回も短評と買い目だけ。東京新聞杯の本命はエキストラエンド、別定57を唯一背負うにもかかわらずここに出てきたことは、少なからず勝算アリなのだろう。同じ斤量で前走重賞を僅差2着したことは素直に認めるしかない。実質不動の上位。以下、買い目の3頭。まずはシャイニープリンス、昨年暮れとなる過去2戦で東京コースを叩いている。これは大きなアドバンテージだ。どんな展開にも対応できる部分も含めて買い。次にマイネルメリエンダ、若い4歳馬としては頑張っている方である。斤量増は影響するか微妙だろうが前走で重賞上位は評価。ここまではマイルに特化して使われた馬として他と同様に注視した。最後にフルーキー、やはりここも鞍上の岩田が持ってくるという印象。角居厩舎のワンツーもありそうで期待しておく。以上、4頭の馬連BOX買い。

きさらぎ賞は8頭という少頭数となった。買い目はきっちり絞るべく本命はルージュバック、牝馬として面白い存在となったが2戦2勝は強み。唯一の関東馬としてはここで押さえておくべきだろう。鞍上固定もプラス評価する。対抗馬はアッシュゴールド、ある程度距離がほしいところだったが、ここにきて1800m戦は歓迎していい。同じくヤネ固定は信頼できるとともに父ステイゴールドの追悼の意を込めて買っておこう。馬連の1点買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »