« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

新潟JS 新潟2歳S キーンランドC

今週は3重賞。障害フリークには嬉しい新潟ジャンプステークスから。本命はタナトス、前走重賞連対馬で注視していい。付け加えて近走では新潟でのオープン勝利もある。不安なのは鞍上の白浜が関東ローカルでの重賞勝ちが無い点くらいか。中段からレース運びができるこの馬をチョイス。以下、買い目の3頭。まずはティリアンパープル、出走馬の高齢化が目立つ中、元気な5歳牝馬を挙げる。おぉ、別定で斤量58も頼もしい。荒れる展開なら間違いなくやってくるだろう1頭。次にドクタールキア、同じく期待の5歳牝馬。以外とオープンで善戦している。やはり大荒れ期待ということで外枠、牝馬、先行馬ということで押さえる。最後にカシマシンセイ、オープン戦上位常連馬。人気どころがコケれば上位に残る組だろう。人気馬が消えることを前提とするが、とにかく人気薄ならとことん買っておきたい。以上、4頭の馬連BOX買い。

新潟2歳ステークスだが、いつもながら2歳戦というだけで敬遠したいのが本音。だが前向きに考えながら面白いところは買っていきたい。本命はペルソナリテ、素直に考えるのならデビュー2連勝しているこの馬となるだろう。当たり前でつまらんところだが馬券対象は外せなかった。以下、買い目とする3頭。まずはウインミレーユ、新潟のマイル戦でデビューした牝馬ということでちょっと気になる。その牝馬マイル戦というだけで今度はヤネの内田が頼もしくなるのもお約束か。兄弟には天皇賞馬もいるくらいで先々まで期待できそうな予感はある。次にタニセンビクトリー、穴っぽいところでは1枠1番の逃げ馬、手綱は江田照という何拍子も揃ったこいつだろう。もうそれだけで買いの雰囲気が漂った。最後にシトロン、なかなか注目しづらい一頭だが、選出したポイントはこのレース、実は最も旬な種牡馬ディープインパクト産駒が珍しくいない。いないとなると血統的に同じ父を持つこの馬が代用品となる。いかにも人気にならなそうな馬柱ではないか。すかさず積極的に押さえていく。以上、4頭の馬連BOX買い。

キーンランドカップの本命はタガノアザガル、近走3戦以内に重賞勝ちしている馬なんて2頭しかおらん。そこで若き3歳馬を選ぶとなると必然的にこちら。重賞勝ちしたときと同じ1番枠を引いたのも縁起が良い。先行すればしぶとい末脚とともに勝負根性で残せる可能性は高い。以下、買い目の3頭。まずはエポワス、もうなんと言ってもモレイラに尽きる。この乗り替りというか、ヤネならば、どうぞ勝ってください的な意味にしか取れないな。人気上位は確実だろうが、買わないわけにはいかず、ご了承願いたい。次にレッドオーヴァル、この馬に岩田かという期待の膨らむ乗り替りは嬉しいところ。そりゃ安田隆厩舎の馬で短距離重賞で岩田なら勝負にならないはずがない。ここは買い。最後にサトノタイガー、いわずもがなのカク地。地方へ出て以降でなら今回が初芝になる。もともと中央時代には芝で充分走る馬だったし、兄には芝GⅠ馬シャドウゲイトがいるくらいだ。徹底的な穴狙いをするならここを押さえる。血統的に芝短距離で侮れない馬だと確信。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北九州記念 札幌記念

テレビ西日本賞北九州記念から。本命はマイネルエテルネル、デビュー後早々に重賞勝ちし、華やかな舞台を賑わせていたが昨年から今年にかけてオープン戦をウロウロ。そして機は熟し久々に重賞へ顔を出してきた。なんたって過去11戦、1年以上も負担重量57を割らずに走ってきた馬である。ここでいきなりハンデ54kgは天国モードだろう。マル外だが海外競馬フリークの小生はこの血統に非常に惹かれるところがある。楽な競馬はできそうだが先週も本命視した馬が直線で前が開かずにもがいているシーンに直面した。隣の逃げ馬を徹底マークでいってもらいたい。以下、買い目の3頭。まずはバクシンテイオー、唯一関東からの参戦ということで期待と注目である。そのオンリーワンが今年は尋常じゃない勢いの堀厩舎だ。意味ありげにサクラバクシンオー産駒が3頭並んでゲートインする。真ん中にいるっていうだけで他2頭より輝いているように感じるのは錯覚か。ヤネがコロコロ替わるあたりは難点だが、とにかく上手く外へ持ち出し豪脚爆発を期待したい。次にバーバラ、食指が動く牝馬が多い中、買うのはこれ。乱暴な言い方だが前走は石川の手綱であれだけの快勝を見せている。武幸四郎に乗り替わって、それ以下とは考えにくい。そしてこの馬は地味にブリンカーが効いていると見える。過去を見ても小倉では戦績は悪くないし、文字通り一発がありそう感が強い。最後にニザエモン、逃げ馬としてはこの馬を推したい。そもそも小倉での持ちタイムも上々。引きつけて逃げる展開でハマると相当に期待感がある。まったくのノーマークだと非常に面白いし、なんといっても油断できないのが手綱を任された岩崎。この馬に2回乗って2勝という勝率10割。侮るなかれ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

札幌記念の本命はトーホウジャッカル、明け2戦目という正念場。札幌コースでなら横綱相撲的な走りができるだろう。菊花賞馬が本気だせばこんなところで躓いてなんていられない。実力馬にコメントは多くいらないと思う。以下、相手の3頭。まずはヤマカツエース、3歳マイラーが前走では2000mで先行して強しの競馬。この時期ここでの定量54kgは勝って下さい的な意味を持つ。しっかり買い目とする。次にラキシス、迷った結果チョイスしてしまった。願わくば雨よ降れ、馬場よ荒れろといったところか。GⅠ勝ちした時も1枠1番だったという縁起担ぎとでも捉えられる。ともかくヤネはルメール、55kgで乗れる2000mなら間違いなく勝ち負け。展開やら位置取りやらもさほど関係ない。最後にディサイファ、小島厩舎の強力2頭出し。選ぶのはこちら。ここ1年は戦ってきた相手が明らかに強い部類に入る。無論GⅠではその高い壁に跳ね返されてきたが、GⅡやGⅢあたりならば突然好勝負となる。四位は同じ馬で立て続けに重賞勝ちするように思うのは個人的見解か。カッコつけずに泥臭く乗ればそれなりに上位にくるわけで、重賞では人気を落としてほしい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関屋記念 エルムステークス

なかなか夏のローカル重賞が的中せず不遇な週末を送っている。今週は連休中ということもあり余裕のある予想とともにしっかり稼ぎたい。それでは新潟の関屋記念から。人気馬というか人気騎手というか、非常にわかりやすいメンバー構成となった。そんな見た目で単純な馬券を買う気は毛頭無い。では少頭数でどこまでギリギリの線の馬券を選択できるか。本命はサトノギャラント、柴山が3戦連続の手綱となった。2走前での同コースOPでは良い走りを見せている。前半のペースは速くないにもかかわらず最後方からの競馬で、長い直線は文字通り馬群を縫って突き出してきた。柴山はこの馬での新潟マイルの乗り方をよく知っている。前走のGⅠではステージが大き過ぎたというか、マッチしていない感じだし、斤量もこの馬には厳しかったのだろう。今回のローカル重賞はまさにお手頃レース。可憐なる血統的にもここはすんなり本命視。対抗にはアルバタックス、新潟とヤネとで走るだろうとしか言い様がない。近走2戦は武豊の手綱で相変わらずの後方待機策、外枠ピンク帽だったということを考慮しても、そら後ろ過ぎるやろと、結果論だがそういうこと。乗り替りの内田がこれで前に付けたとしたら楽勝パターンも見える。ここはヤネの技術を買う。3番手評価にヤングマンパワー、3歳馬ということで別定での恩恵は注視。新潟経験の無い部分はこれでカバーするとして、レース間が空いたあたりの影響は未知数。だた、この馬の追ってからのエンジン点火までのややズブいところが新潟の直線でドンピシャで間に合うという独自の見解があるのでここでは勝負しておく。ゴール前は見ものか。以上、3頭の馬連BOX買いで。

エルムステークスの本命は迷うことなくクリノスターオー、馬券を外す理由が見つからなかった。人気はどうあれ買い目軸にするしかない。相手本線はフレイムコード、前走札幌から唯一の居残り組。移動していないというプチメリットを活かしつつ、6歳牝馬の今回初ダートは要注意とする。スタートが良ければそのままの先行策で展開に頼るが面白いっちゃ面白い。3番手評価はジェベルムーサ、北海道で岩田を背に強い競馬が2戦続いた。次も期待するのは当然の流れだが、それにしても岩田はマジで重賞勝ち過ぎだろうという懸念は残る。なので2着っぽさ満載での馬券対象としておく。以上、3頭の馬連BOX買いで厚く勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レパードS 小倉記念

レパードステークスの予想から。ポイントとなるのはノンコノユメ。ユニコーンSとJDDの勝ち馬であり、つまりここではちょうどいい物差しということだ。あとはヤネの序列で微調整。本命はラッキープリンス、まさかのカク地チョイスとなった。無論今野は上手いよ。内枠に入った分、プラス評価で。まぁ人気サイドか。以下、買い目の3頭。まずはライドオンウインド、こちらは素直に鞍上強化を重視。先週の重賞勝ちを見てても上手さというか技術のケタが違うのがハッキリ分かる。ここでもイイ馬を任されたし、黙って買いの一手。父の血と言う意味では期待値が微妙に高くなる。次にクロスクリーガー、戦績、鞍上から文句無し。ただ素直すぎて面白く無い。最後にノボバカラ、前走では厳しい流れで先行しつつも残してきた。ほとんど勝ち競馬だったことからここでは上位とする。以上、4頭の馬連BOX買いで。

小倉記念。今回はいわゆる年齢層の広いハンデ戦。本命はベルーフ、唯一の3歳馬だが前走皐月賞12着をどう取るかがカギ。勝ち馬の進路取りに影響され、超大回りの結果、他馬より30~40mくらい余分に走らされたんじゃないかというレースの結果だ。実際は2000mのレースではもう少しタイムは詰めれる。たら、ればじゃないが、内を突いて末脚を使えれば相当に強いかも。手綱がパートンなら変わり身の可能性が高い。以下、買い目の3頭。先に結論を言うが牝馬3頭全部押さえる。まずはマローブルー、条件戦とはいえ中距離でこれだけ走っていてハンデは軽いという幸運さ。夏の牝馬はわからんぞ。唯一の関東馬で期待を込める。次にウインプリメーラ、ヤネの和田がわざわざ牝馬のこちらを選んできた。斤量の恩恵を活かして先行策で抜け出したいが、ローカルであまり走っていないというか小倉初という部分や2000mも経験浅いあたりは冒険馬券。最後にノボリディアーナ、前走は休み明けでいきなり快勝した。2戦目となるここでも期待する理由はヤネの幸。小倉で買う馬券では滅法強いイメージというか、かなり還元してくれている。平場での流れをここでもという感じだろうか。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »