« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

オールカマー 神戸新聞杯

秋競馬が楽しくなってきた。こんな自由気ままでいい加減な予想を読んでくれている方々、コメントを書き込んでくれる方々へは感謝のひと言。乗っかって大きいところが獲れた方は是非、ご祝儀の程をお願いしたいところである。冗談はさておき、今週の重賞。産経賞オールカマーの本命はサトノノブレス、昨年は重賞勝ちをしたこともあり、斤量負担が微妙に辛かったと見る。ここでは本当に久々に56kgで乗れるし、その手綱は新馬勝ちに導いた内田となり、こちらも超久々。大外発走という理由から、コース適性は度外視。新馬戦のように好スタートから先行押し切りの競馬が出来れば磐石で、差してくる馬を待って、追いつかれてから突き放す横綱競馬は印象強い。内田ならそう乗るに違いない。以下、買い目の3頭。まずはヌーヴォレコルト、無論中山で古馬重賞を勝っている。どのみち人気になるだろうしコメント不要。この馬での岩田は本当に強い。次にロゴタイプ、ヤネが兄弟で乗り替りはあったが、とにかくデムーロで勝ちまくっている馬。そもそもGⅠを含め中山でどんだけ重賞勝っているんだというレベル。コース巧者で間違いない。良馬場なら普通に圧勝か。最後にマリアライト、実弟が関西で重賞出走する。なかなか面白いじゃないか。弟は大丈夫だ、ならぬ姉は大丈夫だ、と行きたいところ。別定54kgを活かしたい。以上、4頭の馬連BOX買い。

神戸新聞杯の本命はリアファル、先にも書いたが姉弟揃って今週の重賞に出走している。前走では初芝にもかかわらず圧勝。ペースにも助けられたが、明からに鞍上ルメールの腕で持ってきたレース。引き続きの手綱となった今回も、重賞とはいえ外せない目。こちらも一緒に、弟も大丈夫だ、となれば嬉しい。以下、買い目の3頭。まずはアルバートドック、春のクラシックに出れずオープンをひとつ叩いて勝利を拾った。余裕のローテーを組んでの秋初戦、松田厩舎の2頭出しで狙うのは藤岡康太が新馬から乗り続けているお手馬のこちらでいいだろう。次にマッサビエル、果敢にも関東から唯一の参戦。大外枠となってしまったのは計算外だったが、そこは戸崎の腕でカバーしてもらいたい。それよりも血統的にはかなり期待しているというか、正直好きな部類。なんといってもあのメジロドーベルの孫ですからね。メジロ復興を望んでいるファンも多いと思うし応援馬券の意味も含めておく。最後にバイガエシ、パッと見では謎馬。乗り替わった古川も地味といえば超地味な部類。なにも取り上げられるような見解もなさそうだが、叩き2戦目の変わり身期待としか言いようがない。例えるなら、荒れる時に来ちゃうのはこんな馬というイメージ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神JS ローズS セントライト記念

大型連休で土日月開催。今週の3重賞。阪神ジャンプステークスから。本命はダンツメガヒット、障害転向初戦で人気薄にもかかわらずいきなり勝った。化ける馬としてこれは目を見張った一頭。ここで更に推す。対抗にはオースミムーン、きちんと乗れば強い馬。語らず買い目で良し。少頭数なのでこの2頭で馬連一点。

関西テレビ放送賞ローズステークスの本命はディープジュエリー、果敢に参戦の唯一の関東馬。デビュー3連勝で夏の放牧に入った。出走できたはずのオークスをすっ飛ばして秋を迎える。これはもう落とせないレースとして望んでいるはずで、気合を感じる一頭。注目している。以下、買い目の3頭。まずはミッキークイーン、GⅠでの強さを見ればそこそこの仕上がりだとしても上位確定だろう。叩きの一戦として充分か。次にクイーンズリングオークスでは直線で進路が取れず結果は参考外。距離は問題ないとして鞍上デムーロが不気味である。ダービー馬に乗れないこの秋はこちらに力が入っても不思議ではない。オークス馬とのワンツーでクイーンクイーン馬券も面白いではないか。最後にタッチングスピーチ、石坂厩舎が意地の2頭出し。どちらも権利を取りたいところだが期待するのはこちら。乗り替りがルメールというのは大きい。単純にヤネの差とも言えるが、同枠で隣のデムーロと協力し、追い出しのタイミングを合わせてレースをコントロールすることで上位食い込みを図る可能性もある。怪しい一頭と言える。以上、4頭の馬連BOX買い。

朝日杯セントライト記念。月曜日開催ということで枠順確定がまだである。なので枠順無視での予想。本命はサトノラーゼン、格が違う一頭。秋のトライアルはダービー2着馬にっとっては楽なレースのひとつで何の問題もなく軸は固い。岩田が牝馬GⅠ馬には目もくれず、わざわざこちらの追い切りに乗ってくるあたりは信頼度の差であろう。以下、買い目の3頭。まずはブライトエンブレム、好調田辺の手綱。ダービーを回避した悔しさはここからリベンジと見ていい。厩舎としても思い入れのある血統で、ここは仕上げて勝ちに来ると確信。迷いなく押さえる目。次にロッカフェスタ、穴っぽいといえば穴ぽい。デビュー2連勝でここへ出てきた。1番人気で2連勝は注目すべきだろう。謎の一頭だがルメールの一発は期待できる。先行して速い上がりの競馬をすればある程度の結果は出そうなので枠順は内がほしいところ。最後にミュゼゴースト、ソツなく好走するイメージが強く、加えて鞍上が地味なところがツボだが厩舎との相性としてこれで仕方ないだろう。めぼしい特筆事項は少ないが中山で4戦もしており、すべて上位にくるあたりはコース巧者と見ていいかもしれない。期待は薄いが来ると嬉しい馬。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京成杯AH セントウルS

夏のローカルの不甲斐なさに一人で怒っていた。余計なことしなけりゃ取れてた万馬券もいくつかあった。そういう悔しさを踏まえて秋競馬へ向かう。今週は手始めに2重賞。練った予想となる。京成杯オータムハンデの本命はダローネガ、絵に書いたような善戦マンだが重賞で結果が出ない。近走では立て続けに好走し、ようやく手応えアリか。そこで乗り替りがルメールとくれば太鼓判。佐々木厩舎も今年は元気がなかったが、ここを機に盛り返してくるかも。終わってみれば鞍上の腕の差という結果か。以下、買い目の3頭。まずはヤングマンパワー、前走でも買い目に入れた。なかなか良い走りを見せており、思っていた程ズブさは感じないというイメージ。挑戦してきている3歳馬の中では筆頭。1600m専門ということで再度推す。それにしてもいつも人気がないな、この馬は。次にアルマディヴァン、直近の勝ち鞍は中山1600mで、4コーナー手前からの仕掛けで直線外へ出しての末脚は伸びに伸びた。その時の手綱を取った勝浦がヤネとなりここは心強い。内枠からどうポジションを取れるかがカギだろう。後方からでも動ける脚質は結構期待できるんじゃないか。それはそうと父メジロベイリー、母父メジロライアンという渋さが気に入っている。人気薄ノーマークなら厚く買いたい。最後にケイティープライド、準OPからの勝ち上がりだが、とにかく前走勝っているということは注視。三浦への乗り替りとなったが、先行して番手に付けての直線抜け出しという難しくない乗り方で充分なので、そういう意味では問題ないと結論。札幌からわざわざ中山へやってきた関西馬というあたりは意気込みを感じる。前でのポジション取りは比較的楽な感じだし、他が油断すれば案外残っていそう。以上、4頭の馬連BOX買い。

セントウルステークスの本命はウリウリ、藤原厩舎が贅沢な2頭出しだが、ここではこちら。岩田、どんだけ重賞勝つんだよという勢いだが、勝負どころで馬を動かす部分は信用できる。大外枠でも問題なく推奨。前走勝った距離1200mスプリントなら相当に期待できる。ただ人気になりそうなので、面白さは半減。以下、買い目の3頭。まずはアクディブミノル、放牧明け久々な分は差し引きたいが3歳馬では目を引いた。特筆する部分が少ないが、上手くスタートが決まり、逃げた場合に藤岡康太の手綱が合いそうな期待感は強く、取捨に非常に迷ったと言っておく。1200mで展開がハマってくれればと願うだけ。次にルチャドルアスール、今年勝ち星の無い鞍上の平野に、師匠が重賞のステージを用意した。早い話が、ここまでの平野の勝ち鞍はこの馬のおかげと言っても過言ではない。このレースも一鞍入魂の日曜日である。手綱掴んで先頭キープして黙って回って来いという指示だけでもいい。何が言いたいのかというと、6歳セン馬が平野を背にGⅡへ出走してくることに非常に違和感があるわけで、そういう馬はあえて馬券として買っておく。遊び馬券と侮るなかれ、近2走はOPながらスプリント戦で2着2回。地味でレアなケイムホーム産駒ということにも食指が動く。個人的には興味津々でようやく重賞に出てきたかという思いで迎えている。最後に申し訳ないがやっぱりストレイトガール、非常に迷った挙句、押さえ目。コメントは記す必要もないが、結局休み明けでも鉄砲が利くこと、ヤネが戸崎であること、他の馬の戦歴と比較し、海外を含むGⅠを走りまくってること、そもそもGⅠ馬であること。本番前の叩き一戦で仕上げてくるようには思えず、同厩舎のもう一頭に期待していれば良いのだが、それでも買い目から外せない存在感には勝てなかった。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

札幌2歳S 新潟記念 小倉2歳S

今週は時間が無いので買い目だけ。札幌2歳ステークスはラヴアンドポップ、アラバスター、アラモアナワヒネ、ペイシャフェリシタ。以上、4頭の馬連BOX。

農林水産賞新潟記念の本命はダコール、相手3頭にパッションダンス、ミュゼスルタン、アヴニールマルシェ。以上、4頭の馬連BOX買い。

小倉2歳ステークスの本命はサイモンゼーレ。買い目の3頭にシュウジ、レッドカーペット、ジュンゲル。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »