« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

中山大障害 阪神C ホープフルS 有馬記念

いよいよ今年もラスト。目一杯楽しんでいきたい。中山大障害の本命はアポロマーベリック、関東馬でチョイスするならこれ。中山では滅法強いイメージしかなく、そもそもこのレースは一度勝っている。近2戦はやや後手を踏んでしまい不完全燃焼。今回は前で競馬してほしいぞ。以下、買い目の3頭。まずはエイコーンパス、前走で障害へ転向してみたら結構強かった印象。いきなりこのステージはどうかと思うが、珍しく後ろからすっ飛んでこれるだけの末脚を持っている馬。前があんまりバチバチやってると、この馬の思うツボ。次にサナシオン、逃げて強いという障害戦にうってつけの強さを持つ。なんといってもヤネ西谷という中山大障害男がポイント。ここでは人気になりそうだが、買い目としては外せなかった。最後にダンツミュータント、前走でついに森へ重賞をプレゼントできた。走り自体は悪くないので、ここでは初体験の斤量63kgがどう出るかだけ。克服できれば重賞馬として侮れん。以上、4頭の馬連BOX買い。

阪神カップの本命はアクティブミノル、武の手綱ということで阪神では買ってみたいところ。展開次第だが、この馬は決して弱くはない。以下、買い目の3頭。まずはマイネルアウラート、関東からわざわざここを目標に仕上げてきていることは注視する。前走は準OPながら阪神1400mで勝っているあたりは評価、それに加えて鞍上ボウマンかよ。そろそろ外国人重賞プレゼント的展開があっていい頃。次にサンライズメジャー、重賞に手が届きそうで届かない、最高に惜しい感を彷彿させてくれる馬である。浜田厩舎も重賞初優勝が取れそうで取れないという悔しさ満点な馬として、ここでも必死で仕上げてくるだろう。案外単純に逃げ馬マークで済むんじゃないだろうか。最後にビッグアーサー、ミスター1番人気である。他言無用で押さえる。内枠を引いたことが全てを物語っている。距離克服となるかどうかだけ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

ホープフルステークスだが、2歳戦ということで結構難しい。内容は長くなるので、買い目だけ。本命はブレイブスマッシュ、相手にはブラックスピネル、アドマイヤエイカン、ブランスシャルマン。以上、4頭の馬連BOX買いで。

さて有馬記念である。出走馬的にはショボイ感もあるが、それでも引退レース宣言している馬などもおりエンターテイメント性はギリギリ保たれているといえよう。とにかく本命はアドマイヤデウス、古馬になってGⅡを2連勝した時と、その後のGⅠでの走りがまるで違っていた。走りも違うが前3走のGⅠはすべてピンク帽という不運も重なっている。しかしながら前走では先行しての押し切りを狙うという王道のポジションを取ったが流れが向かなかった。今度は全てが好条件となり岩田の鬱憤晴らしとしてここは完全に変わり身アリだ。以下、買い目の3頭。まずはヒットザターゲット、結果的に内枠を引いたことで食指が動いたと言っていい。内を突いての後方強襲策の一点だろうが、前が空いたらとにかく怖い存在で無視できない。小牧がそのまま手綱というのも悪くない。2着に突っ込むという荒れた演出を希望。次にリアファル、上り馬っぽさでは味がある馬。逃げる展開はもってこいで、ここで競られず逃げれば残る可能性はある。前残り期待、スローなら期待大。最後にゴールドシップ、引退レースとかは関係なくここは押さえる。前走JCでの走りは非常に良かった。良かったが、勝ち切れる乗り方ではなかったし、仕掛けも緩かった。今度は手綱が内田である。絶妙な追い出しで最後は文字通り、持ってくるという感じの乗り方だろう。今回の取捨選択では「取」を選ぶ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ターコイズS 朝日杯FS

ターコイズステークスから。いつの間に重賞になったのかと思ったら案の定、これが第1回であった。牝馬限定戦で分かりにくい部分も多いが、予想はしてみる。本命はレッドセシリア、重賞実績は薄くオープンでの評価は微妙だが、とにかく前走で勝っている。ハンデを活かして快走すると思う。以下、買い目の3頭。まずはカフェブリリアント、田辺に手綱を任せたということでなかなか信頼していい馬。直線勝負にすべてを賭けて走れば一発あるんじゃないか。次にシングウィズジョイ、この馬で斤量53は楽すぎるだろう。一気に距離をマイルまで短縮し、これは歓迎か。戸崎の勝負勘と腕がすべて。最後にゴールデンナンバー、叩き2戦目は狙い目か。人気薄ですっ飛んでくるイメージしか持てず、ここは買い。マイルなら勝負になると思う。今年の初めにBIGな配当をもたらしてくれた馬。今年最後にもう一度弾けてくれと願う。以上、4頭の馬連BOX買い。

朝日杯フューチュリティステークスの話題はただ一つ。結局はそこに纏まりエアスピネル、やっぱり逆らえない。説明無用の一頭。軸としていい。以下、買い目の3頭。まずはボールライトニング、素直に前走評価。マークに徹すればなんとかなるかも。次にシャドウアプローチ、中谷への乗り替りで、申し訳ないが人気を落とす馬であることは間違いない。いやいや前走1番人気の評価を得た馬は侮れないし、2走前では阪神でOPを勝っているくらいだ。中谷がひと皮剥けるにはもってこいか。最後にウインオスカー、前で競馬する馬を一頭くらいは押さえたい。そんな白羽の矢が立つのがこの馬。新馬戦では阪神1600mを経験している。条件としては悪くなく、面白い存在。展開次第では突如として強い競馬をするかもしれん。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チャレンジC カペラS 阪神JF

実は悪性の風邪にかかり今週は病に倒れている。3日間ほど寝たきりであった。インフルエンザではなかったことが不幸中の幸い。去年同様にインフルだと辛すぎる。とにかく今週は筆記もままならないので予想は馬名だけ。あと一つだけ言っておきたいのは、先週のGⅠは完全に展開予想が逆目に出てしまった。まさか外国馬がアレだと怒りや焦りを通り越してガッカリであるが、まだまだ自身の予想が甘いのを痛感。外国人騎手がやたらめったら多いのが結構ブラックボックスを大きくしてしまっている感じ。では今週の予想。チャレンジカップの本命はタガノエトワール、相手3頭にシベリアンスパーブ、ヒストリカル、フルーキーで。以上、4頭の馬連BOX。

カペラステークスの本命はサウンドガガ、残り3頭の買い目にアドマイヤサガス、シゲルカガ、サトノタイガー。以上、4頭の馬連BOX買いで。カガ、ガガ馬券やガガ、ガー馬券希望。

阪神ジュベナイルフィリーズの本命はメジェルダ、相手3頭にはクードラパン、ブランボヌール、キャンディバローズ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。正直、ここの2歳戦はよく分からんかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC

今週も3重賞に集中。スポーツニッポン賞ステイヤーズステークスの予想から。買えない馬が目立つなぁと思いながらも本命はカムフィー、長距離で横山典という好走フラグが見える。いやいや鞍上との相性は良いほうだ。厩舎へ初重賞勝ちをもたらすには充分と思える。中途半端な予想に見えるが実は奥が深い。以下、買い目の3頭。まずはカノン、おいしい穴馬的存在。なんたってこれまで義や高倉というあたりを主戦に据えていた馬が、ここで内田ですからね。もう鞍上強化にも程があるというか、逆に何が起こった、と考えてしまうレベルだ。母父メジロティターンの名前を見ればステイヤーの血が騒いでおかしくない。いやこれまで長距離走ってないし。まさに冒頭の一文である。前走での序列は軽くひっくり返るだろう。次にメイショウカドマツ、前走重賞2着から評価はしかたないね。このメンバーの中では重賞慣れしているほうか。人気になりそうでつまらん。最後もファタモルガーナ、これも重賞実績から人気で仕方ない感じ。特に買い目から外す要素がなかった。以上、4頭の馬連BOX買い。

金鯱賞の本命はパッションダンス、中距離のスペシャリストというか言うなれば2000mに特化した馬。デムーロで手綱が合うという感じが良い。総合力で上位評価。対抗にはディサイファ、札幌で勝ち競馬が出来たのは一つの物差しである。関東馬で推すならコレ。まぁ近走実績アリで当然といえば当然。3番手評価にメイショウマンボ、もう終わった馬という以外に評価が無いかつての最強牝馬。いやいや、ここまで無論馬券外でしか見ていなかったが、待ちに待った斤量54という別定条件。買うならここしかないタイミングだと結論。人気薄大歓迎。以上、3頭の馬連BOX買い。

チャンピオンズカップの素直にコパノリッキー、武豊騎乗でほぼ語り尽くされているから詳細は割愛。まぁ逃げ一本槍でもなく、大逃げならぬ小逃げでも十分勝負になるわけで、番手でも並走のカタチなら横綱相撲必至。以下、買い目の3頭。まずはコーリンベリー、たぶん誰もがダート短距離専門逃げる4歳牝馬という認識だろう。だがそこに妙味アリで、今回のメンバー限定で推せる。そもそも本命視したコパノが前に行く展開予想が大半だ。前を行くコパノは断然の実力馬で皆がマークする。ならばさらにその前を行く逃げ馬にまでは手が回らない。まさに盲点となる逃げが打てるわけで、ポッカリ空いたそのエアポケットに入れば相当有利な展開が発生するという流れ。もし距離の壁が存在し、タレたとしても精々追いつけるのは前でマイペースしていたコパノだけだろう。牝馬ながら馬体重500kgをキープしてくれば大いに期待。次にナムラビクター、デムーロという黄金のヤネを活かしきれなかった残念な馬、というか不幸な馬である。そりゃ出遅れ過ぎるだろうっていうくらいデムーロでスタート失敗している。そこで秋山への乗り替り、いや手綱が戻り悪くない。出遅れて後方からの競馬で上位に届くということは、出遅れずに位置を下げれば脚を溜めてこれるという見解。本命馬を詰めて疲弊した連中は、後ろで死んだふりした馬に最後は刺されると見てここは一発狙う。侮るなかれ、昨年の2着馬。最後にやはりガンピット、カク外というだけで食指が動く。いや正直AWで走った馬が日本のダートでどれだけ走れるかだけの問題ではないか。ここは香港とパートンという組み合わせだけで買える。よく分からんということは、負ける可能性も勝つ可能性も五分五分ということ。ならば勝つ方へ張る。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »