« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

根岸S シルクロードS

月末超多忙な為、短評と買い目だけ。根岸ステークスから。本命はタガノトネール、前走で東京コースのダートマイルで好走は好材。厩舎的にもこのあたりの重賞はお手の物か。以下、買い目の3頭。まずはモーニン、本命と同じくやはり前走評価で。鞍上に戸崎で勝負気配か。次にプロトコル、適性重視で推奨できる関東馬ならこれ。最後にアンズチャン、ほとんど東京でしか走っていないだろう。完全に展開まかせだが押さえておきたい。以上、4頭の馬連BOX買いで。

シルクロードステークスの本命はネロ、先行争い必至のメンバーで外からいけるこの馬がベター。番手に付けても勝負になるとみて馬券にする。以下、買い目の3頭。まずはビッグアーサー、強い馬だが大外枠に入ってしまった。それを含めて人気が落ちてくれればと期待している。次にアースソニック、復調気配の実績馬。手綱は誰になるんだと思っていたら川田という幸運さ。前走58kgでの好走は見逃せない。後ろからでも末が利く脚は侮れん。最後にヒルノデイバロー、ほぼダートのみを使いここまできた。鞍上強化の岩田がいい。芝での変わり身の可能性に賭ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AJCC 東海S

今週末は雪が心配だが、とりあえず開催される見込みとして普通に予想する。アメリカジョッキークラブカップから。本命はディサイファ、本当に久々の武豊が手綱を握る。もともとデビュー時に乗っていたわけで、コンビとしては上々。馬の能力としてGⅡなら充分勝ち負けであろう。当たり前すぎて恐縮だ。以下、買い目の3頭。まずはスズカデヴィアス、昨年はこの時期に京都2200mを走り、そうそうたるメンバー相手に連に絡んでいる。先行すれば間違いなく強さと粘りを発揮する馬。距離適性を鑑みて、ここ中山2200mでも強く推しておく。次にマイネルフロスト、ラフィアン3頭出しかよ、しかもピンクの染め分けまで加わり賑やかである。逆目として1枠白帽に食指が動く。コンスタントにレースを叩いてきて着順も良くなってきている。とにかく人気より上位に持ってこれる分、再評価してみていい。最後にサトノラーゼン、菊花賞以来のレース間がどう出るかがカギ。GⅡでは中山2200mで1番人気し、京都2200mでは1着している。藤沢&ルメールの馬と取捨を迷ったが、素直に実績重視でこちら。以上、4頭の馬連BOX買い。

東海テレビ杯東海ステークスの本命はローマンレジェンド、年齢的にどうかと思う部分も正直大きい。前走は完全に展開に泣いたクチ。本来先行すれば無類の強さを誇った馬である。岩田の復調も兼ねて今回も馬券とする。対抗にはモンドクラッセ、逃げて連に絡む率がとんでもなく高い。幸運というか運命というか、田辺への乗り替りはプラスと捉えたいところ。ずっと人気していた分、ここで人気を落としてくれれば厚く買いか。3番手評価はロワジャルダン、よくよく見れば豪華な血統でもある。ここ近走では結果を出してきているし、ここらで社台RHが勝ち頃か。流れ次第のところもあるがヤネ浜中次第の部分もある。後方強襲策の馬として押さえたい。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知杯 京成杯 日経新春杯

今週は3重賞。とにかく頑張ってみる。愛知杯の本命はハピネスダンサー、前走は逃げて強しの競馬。過去2戦は白帽での勝利でここも白帽子。距離も問題ないとくれば軸でいい。以下、買い目の3頭。まずはオツウ、本命とは対照的に外枠に入った逃げ先行馬。本命について行ければ案外そのままという可能性はある。前が有利になる流れだと非常に面白いと思う。次にメイショウスザンナ、ローカル大将っぽいところが気に入った。重賞勝ちもしており、それなりに悪くないと思う。ただ2000mで結果が出ていないあたりは不安でもある。人気薄なら冒険馬券。最後にバウンスシャッセ、狙える唯一の関東馬か。実はこの馬は予想時最初の段階で消した馬である。ただ、どうしても昨年の牝馬重賞の勝ち方とヤネの田辺の好騎乗が印象強く、再び田辺の手綱となった今回も捨てきれなかったとうのが正直なところ。前走負けすぎたことも一因か。ハンデが55.5kgという中途半端なところもハンデキャッパーの迷いがよく表れている。こういう時には目が良い方へ出る傾向が強いのでここは買う。以上、4頭の馬連BOX。

京成杯の本命はナムラシングン、この関西馬は内田がずっと手がけて、2000mに特化している部分は見逃せない。一昔前なら関西の秘密兵器的な位置付けだろう。外枠となったがポジション争いは厳しくなさそうなので好走期待。以下、買い目の3頭。まずはメートルダール、後方からの強襲が見ものか。インベタからイン付きまでを想定して走れれば強いだろう。前走、中山2000mで500万条件を勝っているあたりは相当にプラス要素とした。展開次第になりそうな部分は一か八かで。次にプロフェット、レース間が空いたことはやや不満だが力はある馬。それにしてもやっぱり謎なのが騎手のフォーリーである。予想ファクターとしては完全に割愛させて頂く。やや曖昧な予想目だが仕方ない。最後にウムブルフ、勢いのある堀厩舎&外国人ジョッキーのベリーに賭けてみたい。と、みんなそう思ってたんだろう、過去3戦すべて1番人気と支持されている。面白くはないが買いの条件に当てはまってしまったので押さえる。以上、4頭の馬連BOX買い。

日経新春杯の本命はレーヴミストラル、今回は好条件が重なった。重賞では川田の手綱でそれなりに結果も出ているし、元気一杯の4歳馬。1番枠を引いたとなると勝算大アリだ。対抗にはアドマイヤフライト、意外にも岩田の初手綱となった。橋田厩舎もアドマイヤの馬なら重賞は視野に入れたい。懸念は7歳馬という遅咲き晩成型だがこの距離なら強い。このレース、昨年の1番人気2着馬だし、侮ることなかれで行く。3番手評価にベルーフ、金杯での除外はある意味ここへの布石。再度の仕上げで調子は良いと見る。あとはヤネのマクドノーだ。これが分からん。ホント外国人ジョッキーは謎の部分も多いが、それを差し引いてもここは買い。GⅠ以外では人気がある馬だし、やっぱ期待する。以上、3頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンザン記念 フェアリーS

今年の競馬初め、金杯は良い滑り出しとなった。慎重にワイドで乗っかった人、おめでとう。今年も喜びを分かち合えればと予想冥利に尽きる。今週は変則開催で日曜月曜重賞だが、今日の予想とする。日刊スポーツ賞シンザン記念の本命はアストラエンブレム、ここ近年シルクRは本当に良い馬に恵まれている。ヤネがポンポン変わるあたりはやや不安な要素もあるが、これもある意味厩舎の特色として考慮。わざわざ関東から遠征し、ここはルメールに託すという力技は驚異かもしれん。いい枠にも入ったし確固たる本命でいく。以下、買い目の3頭。まずはレインボーライン、前走距離短縮で好走に繋がった。それよりも直線での勝負根性には恐れ入った。幸のムチも凄かったが馬の末脚も目を見張る内容。内で我慢できればラストは弾けると見る。次にノーブルマーズ、地味な印象が拭えないのは主戦が高倉だからにほかならない。だが前走では相当に強い競馬をしていた。上位2頭が強すぎたものの、この馬もかなり底力を秘めていると見ていい。ヤネのせいで人気が無いなら非常にオイシイといえる。最後にラルク、話題の一頭だが新馬を楽勝した程度ではまだ眉唾ものか。展開も向いたし枠も良かった。なにもかも恵まれたといえる。現評価は微妙だが念の為に馬券とする。ここで快勝するようなら今年は完全にクラシックで主役を張れるだろう。次からは軸としていい。以上、4頭の馬連BOX買い。

フェアリーステークスの本命はリセエンヌ、まさに関西からの刺客というか秘密兵器というか、そんな存在。前走東京でひと叩きとなり、ここは仕上がりの一手。現段階では枠順不明だが、拘らずに馬券として推しておく。以下、買い目の3頭。まずはクードラパン、マイルに特化しているあたりは評価していい。前走GⅠでは揉まれて力尽きた印象もあるが、2走前では条件戦での同コース勝ちがある。距離、コースともに適性上位としてピックアップ。次にシーブリーズラブ、兄にフルーキーがいる。父カジノドライヴという血統的には面白い存在。まだまだ未知数なところもあるが、横山典の手綱が良い感じ。池上昌厩舎が重賞勝ちするイメージは微妙だが、好走するイメージはできる。ここは買い目とする。最後にボーアムルーズ、パッと見で名前の由来がさっぱり分からんという部分で興味を引いた。フジキセキの仔にタニノギムレットなんてなかなかお洒落な配合ではないか。いかにもここを勝ちそうな雰囲気もある。休み明けとなるが、素軽い走りで末脚を使えればアッと言わせるだけのラストは期待できる。ヤネ大野の思い切り度次第か。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山金杯 京都金杯

昨年は不本意な結果も多く悔しい次第である。色々精査すると外国人ジョッキーという要素がかなり不安定な比重を占めており、ここは修正していくしかない。そんな矢先、いきなり多数の新外国人ジョッキーが登録されてきた。もうなんやねんコレはと叫びたい。一過的な要素とし華麗にスルーすることにした。それでは早速今年の予想に入る。日刊スポーツ賞中山金杯から。本命はヤマカツエース、なんといっても中山マイルの重賞勝ち実績は評価しておくべき。というか、そんなことより前走重賞勝ちしているし、人気にもなるだろうし、コメント無用の買い目だろうし、長文不要か。以下、買い目の3頭。まずはフルーキー、面白くもなんともなく申し訳ないが、実績実力からも文句ないだろう。斤量も近いところをずいぶん経験しているし、これも良し。まぁこちらも人気になるだろう。懸念はヤネの出遅れ癖とコース未経験といったところか。次にネオリアリズム、ようやく重賞初挑戦ながらも鬼脚の持ち主。新馬戦以来、斤量56kgか57kgしか経験しておらず、過去5戦に至ってはすべて斤量57kgで3勝している。今回はハンデに恵まれいきなり斤量55kg。物凄い脚が見れるかもしれない。最後にマイネルフロスト、中山での重賞は微妙な戦績だが一概に悪いとは言い切れない。関東馬でチョイスできる少ない候補だろう。以上、4頭の馬連BOX買いで。

スポーツニッポン賞京都金杯の本命はミッキーラブソング、すんなり決まった本命。昨年のこのレース大敗からコンスタントなレース出走を積み重ね力を付けたと推察。贅沢を言うならもう少し上手く乗ってくれ小牧となるが、前走同様にここで斤量54kgは恵まれた感が凄い。父母ともにマイルGⅠ馬という一応黄金配合でもあるし、今回注目してみたい。以下、買い目の3頭。まずはテイエムタイホー、力はあるのに重賞では歯車が噛み合わず惜しいことの繰り返し。満を持してヤネに浜中を配置。これはピタリとハマる可能性がある。厩舎初の重賞を期待してみるのも良いではないか。昨年一度浜中が乗った時には外目の枠ながらも道中上手く捌いて末脚を伸ばしてきた。乗り方次第では終いが利くとみて間違いない。次にシベリアンスパーブ、関東から唯一の刺客。手塚厩舎は関西重賞でも遜色なくそれなりに勝っているわけで、これは軽視できない。そもそも前走重賞では買い目とし、直線向いた時には「できたぁ!」と思わず声が出てしまった。結果的にはその時の上位2頭は抜けた存在であり、昨年最高に悔しい3着馬券。個人的には今度こそという気持ちが強い馬。藤岡の乗り替りで変わり身期待。最後にエイシンブルズアイ、鞍上は素直に日本人ジョッキーを配置してればスンナリ勝てるんじゃないかと思う馬。前走は完全に評価外。京都マイルで勝ち鞍もあるし、同枠の馬でこちらの選択となったテン乗り和田は好材と見る。唯一のマル外やしなぁ、ここは絶好の買い目か。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »