« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

京都HJ 東京優駿 目黒記念

ダービーウィークの3重賞。なにやらコメント欄が賑やかに盛り上がっており意外だ。刺激的でイイ。今週も気持ちよく予想に入る。京都ハイジャンプから。本命はニホンピロバロン、障害転向後に滅法強い馬となった。いきなりの重賞も楽々勝てると思う。人気一本被りっぽいが仕方ない。対抗にはドリームセーリング、今年GⅠを勝った石神の勢いを買いたい。この馬に乗った時の掲示板率は異常なほど高く、まぁ上位必至だろう。3番手評価にピンクマン、3930mを乗り切れるのかという根本的不安もあるが、なんといっても斤量59で乗れる馬である。4歳という若さをプラスとみて買い目。以上、3頭の馬連BOX。

東京優駿。日本ダービーである。これこそ『混戦』といえるメンバーで、クラシックロード脱落馬もなくなかなか面白そうだ。大いに予想とレースを楽しもうではないか。練りに練った本命はリオンディーズ、結局コレかと。たぶん人気上位だろうし多くは語らん。簡潔に見解を述べると、過去2戦の前での競馬は普通に失敗レベル。能力で持ってきただけで、折り合い重視の後方強襲に特化した乗り方なら相当に強い馬。前走での降着もあるし、大外回してもたぶん届く。デムーロの手綱捌きがすべてだろう。以下、買い目の3頭。まずはディーマジェスティ、皐月賞馬なので買って当たり前かと言われそうだが、前走は展開的にも強風的にもポジション的にも運が味方した。だからといってフロック的な動きではなく、持ってるポテンシャルは本物。『最も運がある馬が勝つ』ダービーで、苦節の鞍上蛯名が悲願の制覇に向けて白い帽子の1番枠を引いた。もう強運そのものが訪れたと言っていい。勝ち負け必至、2着の場合は、やっぱり蛯名かという理由が似合うとも言えるが。次にロードクエスト、記憶の引き出しには左回りで怖いとインプットされている。前走、GⅠで出遅れ気味スタートからゴール前追い詰めたのは世代最強女王だということを侮ってはいかん。そもそも論になるが血統的には長いほうが良いわけで、前走のマイル戦がイレギュラーだっただけ。本来、この距離で活きる末脚を持っているはずなので期待してみる。57㎏過去2回経験は必ず活きると思う。最後にアグネスフォルテ、どうしても京都新聞杯の1・2着馬は外したくなく最後までどちらかの取捨を迷った。完全に別路線組で、物差しが乏しいがトライアルの走りは評価していい内容。どちらを買うかとなれば、そりゃ人気になるスマートオーディン&戸崎より、配当的にデカイこちらだろうと結論。理由はそれだけではないが、ダービーにおいては前で競馬した人気薄ノーマーク馬は案外残りやすいイメージがある。キズナの時の予想もその傾向を重視した。この馬の前走の走りはまさにそれ。松山のうっかり2着は期待を込めての買い目。ここ数年、重賞では縁がない長浜厩舎が、アグネス黄金期を彷彿させるような復活の兆しとなってほしい。レース当日には絶対に馬体を仕上げてくれと望むだけ。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。もし5頭選びでスマートも買ってしまうと、予想スタンスがブレてしまい見も蓋もない。

目黒記念の本命はリヤンドファミユ、前走の敗因は絞れなかった馬体と外枠出遅れ。池添が乗れなくなったというタイミングで乗り替わりは川田。実は新馬で好騎乗している。スタートも良く、最後まで勝ち競馬の流れだった。今回は変わり身ありとみて見直し。以下、買い目の3頭。まずはサムソンズプライド、なんといっても鞍上に戸崎を確保したことが吉。準OPながらも、あれだけ前につけて粘れる走りをしている馬なのに、ハンデ54㎏とはナメられたものだ。勝ちきれないまでも2着は十分ある。次にタマモベストプレイ、むやみやたらに重賞に出てきては凡走又は惜しい走りというイメージの馬。で、たまに出るオープンだと快走する。手綱が合う津村が年に1回GⅢ勝ちというノルマを果たした後だけに、そろそろ騎手人生としても初GⅡ勝ちがあってもいい。一皮むけたいのは馬もヤネも一緒だ。地味な馬、地味な騎手、地味に応援。最後にクリールカイザー、57.5㎏という半端なハンデがいつもながら怪しい。東京コースで田辺なら案外来てしまう可能性はある。まだ7歳のGⅡ勝ち馬だけに狙ってみる。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負する。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

平安S 優駿牝馬

不調が続く中、ご批判やお褒めのコメントを拝読させて頂いている。いやはや有り難いことで、お陰でここを続ける気力を保てている。回収率の話もあったが、今年の重賞予想に関しては精々30%程度じゃなかろうか。もう少し頑張らんといかんな。それでもスタンスは保ちつつ、若干修正を入れながら予想は続ける。気持ちいい馬券を取りたいものだ。さて今週の2重賞。平安ステークスから。本命はアムールブリエ、唯一のマル外、唯一の牝馬ということでノータイムでチョイス。松永幹厩舎の意識は全面的にアメリカのプリークネスSへ集中されていることだろうし、あちらも期待、こちら日本でも期待ということで強く推す。戦績は悪くない、どちらかといえば良いほうだろう。地方連戦から約1年ぶりの中央重賞、さらに浜中の快気祝いといきたい。以下、買い目の3頭。まずはロワジャルダン、この馬にデムーロは適役だろう。かつてはGⅡで横山和を背に1番人気した程の馬である。こんなに相対的な鞍上強化なんてあるのかと言えるレベル。本命もそうだがやはり5歳馬中心でいきたい気持が強かったので選出。次にドコフクカゼ、関西馬なのに前走でわざわざ東京2100mダートを経験させている。直線早めに先頭になり押し切りパターンだったが直前で交わされた。今回は替わって岩田の手綱、京都の直線ならギリギリ残せる腕はあると信じる。前走から減となる斤量56㎏なら相当期待していい。最後にクリソライト、6歳馬でこれだけ重賞も走っていながら京都では2戦しか経験していない。しかし1着と2着。俄然期待値が高くなるわけで、案外大化けする可能性は高い。競ってきた相手馬関係を考えれば、ここで抜けている存在との見方もあるわけで、鞍上川田が馬群を捌ければ楽勝かもしれん。以上、4頭の馬連BOX買い。

優駿牝馬である。いわゆるオークスだが春先からイメージしていたメンバーとはガラッと変わってしまった。そこで本命はシンハライト、結局桜花賞組からというか、要するにセオリー的にこの馬1強の馬柱ということ。記すまでもないので中身の濃い予想見解は無論避けるが、今年GⅠで惜敗が続いた池添に幸あれ、というか池添が勝つなら牝馬GⅠだろうという部分で合致した。面白味はないが軸にしておく。仕方ないね。以下、買い目の3頭。まずはフロンテアクイーン、ヤネ蛯名の相性で推す。東京2400mなんかだと何故かいつも食い込んでくるイメージだし、付け加えて馬のほうが過去2戦は東京コースの重賞を立て続けに経験している。それも含めてここでの馬場適性は魅力的だ。父の種牡馬的能力だけが未知数なので、勝ち切るまでの印象は実は弱いが、2着に来る可能性は高い高い。人気を落としてくるならガッツリ買いたいところ。蛇足だがフロンテアが気に食わん。フロンティアにしてクイーンをクインでフロンティアクインで良かったんじゃないか。エイダイクインみたいな感じで。で、次にビッシュ、前走1番人気なのにあの乗り方はないわ。位置取りが後ろすぎるんだよと誰もが叫んだことだろう。案の定、横山典がやりやがったという印象。そりゃあそこで勝つと本番でも乗らんといけなくなるからねぇ。菊沢隆厩舎の馬に乗る為の画策と推察しておく。なら乗り替わったデムーロならどうか。誰もがこう思うことだろう、ベストポジションからの豪脚差し切り。もうこれしかイメージできん。よってイチオシの買い目。最後にロッテンマイヤー、前走忘れな草賞からのローテーなんてエリンコートの奇跡の一発くらいしかないだろうと思っていたら、去年の優勝馬も同じローテーから堂々の優勝となり、この路線もアリだと気付いた。ここでこの馬が勝ち負けすれば流行るローテーかもしれん。外枠だが先行できる馬なので番手追走あたりのポジションなら連に絡める可能性はありそう。不安はクロフネ産駒というあたりか、逆に鞍上にベリーという意外性から不気味さは漂っている。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

京王杯SC ヴィクトリアM

重賞の馬券が不調である。そもそも回収率優先のいわゆる狙い馬券ばかりであるが、それでもスカが続くと、そこで一気に回収又は万馬券を計算してしまい穴狙いに走る。なにせ穴狙いなのでいきなりハズレやすく、やはりスカとなる。立て続けにハズレると、その分もっと挽回しようとしてさらに穴狙いに走る。で、またハズレる。さらに穴狙いに走る。以下、この繰り返しという悪循環スパイラルが完成してしまいそうで戦々恐々している。平場の障害レースなんかはコンスタントに的中し回収率も良いんだがなぁ。ローカルなんて1Rから障害戦とかあるし、1日に2つもレースがあったするので、前日の予想は重賞より障害戦に力が入ったりもしている。なにはともあれ春のGⅠシリーズ、もうちっと頑張りたい。今週の2重賞。京王杯スプリングカップから。本命はサンライズメジャー、とにかく前で競馬ができれば、ちょっとでもペースが抑えられれば相当に強い競馬をする馬である。理想はマイペースの単騎逃げ。ここでテン乗りの戸崎となった。俄然、前での競馬が活きる乗り方をしてくる流れ。7歳だが初重賞勝ちが見えてきた。以下、買い目の3頭。まずはダッシングブレイズ、やはり浜中の手綱が合うと思う。2走前の競走中止は1番人気でもったいないことをした。帳尻合わせでここは快走ある。次にロサギガンディア、デムーロで重賞2つ勝っているので、やっぱり外せない。藤沢厩舎の力も無論だが、やはり騎手の強みというか、それだけで買うようなもん。人気になるだろうし、長く語ることもない。最後にオメガヴェンデッタ、長く使える末脚に期待。前走では武豊が非常に上手く乗りこなしていた。言ってみれば、鞍上が武豊で走る馬と見ていい。昨年も同レースで最後は前で抜かれそうで抜かれない、競って強しの勝負根性を見せていた。ここでも面白い存在だろう。以下、4頭の馬連BOXで。

ヴィクトリアマイルは出走表をパッと見るとかなり手応えのあるメンツとなっている。久々に面白そうなレースな予感がする。慎重に予想をしつつも、難しい部分も多く、諸々の理由付けは無限に出てきそうなのでこれはハナからバッサリいくことにした。とにかく熟女は切る。つまり6歳以上はデータ的に外させてもらった。おぉ、結構な面々が消えてくれた。そこで本命はミッキークイーン、池江厩舎も今年に入って強い馬がなかなか勝てていない。そろそろ来てもいいんじゃないかと思う。2冠の勢いでうっかりジャパンカップを使ってしまい、さすがに古馬混合で2400mはキツかったか、53kgでも惨敗となった。放牧明けに適性距離で挽回し、上りも最速。ひと叩きしたここは確勝級。復帰した浜中へのご祝儀となるだろう。以下、買い目の3頭。まずはシュンドルボン、やはり距離のカベも見え、2000m以上で苦労している。1800m以下で、なおかつ東京コースで滅法強いのが推しどころ。やたらに好走している。前走は中山だったが、そこで強敵を斤量差はあったものの競り勝っている。遅いペースだと見るや、まくり気味にポジションを進め、最後は強い差し馬を差すカタチで勝ったわけだから、実力も末脚もはあると見ていい。次にシャルール、近走の走りが目を見張るくらい良い。特に手綱が横山典になって良い感じだ。前走重賞2着はうっかりしてしまったが、2走前の東京コースはラスト直線はインを突いての圧勝であった。2戦とも末脚は鋭い伸びを見せている。これは間違いなく走る馬の部類と考えていいのではないか。今回も同じ勝負服の強力馬がいるが、買うのはこちらでいいだろう。最後にトーセンビクトリー。実は前述3頭はアッサリ決まったが4頭目はずいぶん長考した。あえて書くならクイーンズリングは左回りで勝っていない、マジックタイムは鞍上ボウマンが未知数、ショウナンパンドラはやはりマイルの距離で疑問など。この馬が強いのは認めているが、ジャパンカップと東京のマイルGⅠも勝つとなると、過去ではブエナビスタとかウオッカとかエルコンドルパサーとか、また次点だがオグリキャップとか、いわば伝説といえるレベルの馬でなければ難しいと思う。そう考えると、今のパンドラはその域ではなかったという結論。ここ叩いて宝塚記念では買えそうだが。で、トーセンの話に戻る。要は内田である。乗り替りで一発は充分実績もあり、前にも書いたが今年は角居厩舎の馬に乗って結果を出しているという意外性。それに付け加え、東京マイルのGⅠは得意な部類、そもそもこのGⅠレースは2度勝ってるわけだからね。人気薄での超ド級の一発を狙いたい。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都新聞杯 新潟大賞典 NHKマイルC

今週は3重賞。GWに暇を持て余しているのでじっくり予想。先週はどちらも2着馬が買い目から抜け、非常に悔しい思いをした。馬券として入れられなかった己の未熟さを反省しつつ今週の予想に入る。土曜日京都新聞杯から。本命はロイカバード、前走距離短縮しての重賞3着はあくまでも参考まで。前々走で見せた京都2000mでの勝ち方とタイムがそれなりに評価できるとみて本命視。高級馬だけに重賞勝ちはしておきたいところだし、ヤネは池添。春のGⅠで数センチ差の2着が続き非常に悔しい思いをしているであろう鬱憤を晴らしてもらいたい。以下、買い目の3頭。ゼンノタヂカラオ、条件戦からの参戦だがやはり京都2000mを経験しており良い勝ち方をしている。引き続き川田の手綱、案外インを突いてくる予感がするので買い目に入れる。次にブラックスピネル、ローテー的にもここが勝負どころの流れ。満を持して鞍上にルメールを起用してきた。勝負気配アリアリなので馬券にしておく。そりゃ松若使ってOPで好走する馬である。鞍上強化に付け加えて斤量減なら言うことナシだ。最後にアドマイヤビスタ、レース間が空いているが走りそうなのがこの馬。前走東京でのレースでは展開が向かなかったにもかかわらず前で粘りを見せている。ペースが落ち着き、直線勝負に持ち込めば今度は強いはず。京都にコース変わりするのはプラスと見る。以上、4頭の馬連BOX買い。

新潟大賞典の本命はサトノギャラント、デュプレシスがいきなり騎乗。これはもう何が良いとか悪いとか例えようがないが、しいて言えば乗り替りによる変わり身期待という感じ。戦績を振り返れば新潟では好走しているではないか。テンから逃げるような脚質変化で大きな一発があるかも。白帽子が後押しすると見る。以下、買い目とする3頭。まずはダコール、負担重量58kgにこれほど慣れている馬は他に見当たらない。にもかかわらず前走重賞であわやの2着。後方からかなり良い追い込みを見せていた。同じくローカルの新潟だが、こちらの方が分が良いと見る。次にダービーフィズ、GⅠでは一枚も二枚も足りないがGⅢくらいだと好勝負となる馬。無論、ローカル戦となる今回はお手頃なレースと言えよう。最後にサトノラーゼン、地力はあるが勝ちきれていない残念馬。ダービー2着以降、ツキにも見放されている。意外にも今回は石川の手綱となった。理想は無欲に乗って道中溜めてからの直線勝負の追い出し。ダービーで見せたあの感じで良いのではないか。ダービー予想でも言ったがサトノサトノ馬券なんかだとオイシイ。以上、4頭の馬連BOX買いで。

NHKマイルカップの本命はシュウジ、1番枠に入ったことはラッキーか。前走では道悪に泣かされたとも思える完敗だったが、乗り方やポジションもやや中途半端な印象も受けた。ハッキリ逃げるか、ジッと控えて直線に賭けるかの勝負勘が冴えれば出し抜く力量はあると言えよう。鞍上の岩田が復調気配だけにここで期待する意味はある。以下、買い目の3頭。まずはストーミーシー、前走のラスト直線大外一気は凄まじい末脚。文字通り末恐ろしい感じであった。しかも14番人気というから一体何が起こった、となる。紐解けばミルファームの勝負服に江田照男ではないか。もうあのミナレットと重ねて見ないわけにはいかない。人気薄でほど激走する流れである。初の57kg、初コースだが、どちらにせよ逆境を逆手に取る予想に違いないのでやはり買い目とする。次にトウショウドラフタ、完全に左回り専用機であり田辺の手綱で3連勝は心強い。馬、騎手ともにコース適性高めと推測。距離克服さえできれば充分勝ち負けするレベル。最後にブレイブスマッシュ、2歳時重賞では同コースで結構なメンバーを押さえて勝利している。前走ではインを突いての2着はあったが、やはりベストの距離はマイルだろう。府中なら外に出して馬場の良いところを走ればラストは相当伸びる脚を見せると思う。ヤネ的には2着っぽいところもあるので押さえ候補的買い目か。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »