« 東京スポーツ杯2歳S マイルCS | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC »

京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ

ジャパンカップに注力した為、他重賞の予想は簡略化している。とりあえず買い目だけになるがラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス、本命はソーグリッタリングとした。相手にヴァナヘイム、3番手評価にダノンディスタンス。以上、3頭の馬連BOX。

京阪杯の本命はメラグラーナ。相手3頭にラインスピリット、フミノムーン、セカンドテーブル。以上、4頭の馬連BOX買いで。

楽しい楽しいジャパンカップ。外国馬の参戦はたったの3頭というお粗末さには呆れるばかりだが、それでも我が国最大のチャンピオンレースの位置付けならばお祭り気分で本気予想していく。完全に独自路線の予想モロ出しとなり恐縮だがしっかり晒す。本命はルージュバック、近4戦を徹底して東京コースを走っている。前走は直前に入ったところで完全に外にフタをされ行き場を無くしてしまった。外から閉められたわけだが、2着した相手の位置取りが戸崎以上に上手かったわけで、これも騎手の差か。もう少しポジションを中段に押し上げておけば得意コースで今回は充分勝ち負け。戸崎もそのへんは充分分かっていることだろう。以下、買い目の3頭。まずはナイトフラワー、昨年の2番手評価は引き続き今年の評価。そもそも昨年は外枠から直線まで展開は最悪で、直線では内に押し込められるも前は空かず、ジョッキーがまともに追えてすらいなかった。前を塞いでいたのがそのレース本命視したイラプトというのも個人的に不運でもあった。とにかく外に出せは伸びるのは確実だろう。次に推すのはそのイラプト、前走カナダからというあたりは評価は難しいが、しかし昨年は本命視しただけに、今回また参戦するにあたって再度注目する。ヤネはブドーである、それもまた微妙と言わざるをえないが、逆にパスキエからの変更ということで人馬ともに変わり身期待。少数派のカク外だからこそ、外国馬のワンツーなんて飛びさせばジャパンカップのレース意義を見直すきっかけにもなるんじゃないか。最後にトーセンバジル、もう穴馬中の穴馬として狙う。かつてロッキータイガーインディジェナス、サラファンらが2着に食い込んでくるなんて、当時ほとんどの人が思っていなかっただろう。それでも低評価を覆してやってきた。私はインディジェナスの時にはしっかり押さえていたのでゴールの時には満面の笑みと震えを体験している。無論、根拠ある馬券として買っていたし今回のヤネ内田もそれなりに期待値が高い。根拠ある人気薄の馬が買い目に残る時、鞍上が内田だと強気の買いとなってしまう。いつぞのやの京都牝馬Sでの感覚と同じだ。場内騒然の直線が見たいし、最近めっきり見なくなった大荒れGⅠなんかも、そろそろ飛び出してもよかろう。以上、4頭の馬連BOX買いで勝負。

|

« 東京スポーツ杯2歳S マイルCS | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都2歳S 京阪杯 ジャパンカップ:

« 東京スポーツ杯2歳S マイルCS | トップページ | ステイヤーズS 金鯱賞 チャンピオンズC »